留学体験レポート

仕事の休みを使って、9日間の貴重な体験

藤原夏美さん 留学時の年齢:25歳

オーストラリア

オーストラリア / パース
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2010年9月
留学期間
9日間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 川村有芽
仕事の休みを使って、9日間の貴重な体験
9日間、旅行ではできない貴重な体験ができました!

9日間、旅行ではできない貴重な体験ができました!

仕事の関係で9日間しか滞在できなかったのですが、ホームステイに語学学校、観光と欲張って、できる限りの時間を使って自分なりに満喫することができました!日本では決してできないことをたくさん体験できたと思います。

正直、1週間しかいないし、友だちを作ろうとは思っていなかったんです。英語の勉強が少しできて、学生気分をもう一度味わいたいな、くらいの軽い気持ちでしかなかったんです。

同じ人間なのに、生まれた国が違うだけで言葉や文化や身なりが違うので不思議に感じていたけれど、英語を話せれば英語を通じて国境を越えられるというか、we are the oneというか(笑)、英語ってすごいなぁって改めて感じました。
私は海外旅行も行ったことがなかったけど、でも単なる旅行で学校に行かなければ、ここまで直接いろいろな国の人と触れ合うこともできないのではと思うと、とても貴重な体験ができたなぁと感じます。そう思うと、1週間でも学校に通ってよかったです。

留学先も、初めはケアンズとで悩んでいましたが、今はパースにして良かったと思っています。
パースってあまり聞き慣れない都市だけど、気候もよくて街全体も温かくて、自然もちょうど良く街となじんでいて、とても過ごしやすかったです。

カウンセラーの有芽さんがパースを勧めてくれなかったら、私はきっとパースを選ばなかったと思います。それに、有芽さんや他のWISHの方々のサポートがなければこんなに貴重な体験や思い出は作れませんでした!
私が秋田在住なのもあって、WISHのオフィスに行くこともできず、電話やメールでの相談や連絡がほとんどで不便な思いもたくさんさせてしまったかと思います。けれど、私は初めての海外、初めての留学だったけど、あまり不安には感じませんでした。
皆さんがとても気さくで親切で、どんな些細なことでも丁寧に教えてくださったので、安心して準備ができました。本当にお世話になりました!!!m(_ _)m
どうもありがとうございました!!!
1~2日目

1~2日目

1日目:到着初日から動物園へ!

ホストマザーがパース動物園に連れて行ってくれました。
初めてのコアラやカンガルーにテンションが上がって、写真をバシャバシャ撮っていました♪
その後、パース市街を散策して、WISHのサポートオフィスや学校の場所を教えてくれたり、パース造幣局に連れて行ってくれたりしました。
通学で乗降するバス停の場所と、そこから学校までのルートも何度も教えてくれました。

2日目:学校初日

この日はマザーが一緒にバスに乗って学校まで付いて来てくださいました。そのときにもまたバスの乗り方から学校までのルートを説明してくれて。オリエンテーションも、テストが始まるまで付き添ってくれました。ファミリーが付き添いに来ているのは私だけでしたが(笑)、私のホストマザーはとても面倒見のいい方なんだと感じました(*^_^*)

テストの結果は、午前のクラス(reading、writing、listening)が意外にも(笑)下から2番目、午後のクラス(speaking)は予想通り1番下のクラスでした(笑)。
午前のクラスにあさみちゃんという日本人の子が一人いて、お昼ごはんの時間とかにいろいろと話しかけてくれました。あさみちゃんを通じて他の国の友だちも作ることができました。あさみちゃんもまだパースに来て1ヶ月ぐらいでしたが、唯一日本語が話せる、パース在住の先輩ということで、私の中では大きな存在となりました。

この日は学校が終わったらマザーと一緒にWISHのオフィスに行く約束をしていたのですが、マザーは学校の入り口で待ってくれていました。
WISHのオフィスではツアーの申し込みをしました。本当はロッキンハムのドルフィンスイムがしたかったのですが、時期的にやっていなかったので、希望していたロットネスト島のツアーと、カバシャムワイルドパーク経由のピナクルズツアーに申し込むことにしました。
スタッフの方が、ホストマザーとうまくやれているかなどを心配してくださったり、生活をしていくうえでのアドバイスをしてくださいました。日本語が通じるところがあって安心しました。
3~6日目

3~6日目

3日目:今日からは一人で通学

家から最寄りのバス停までの風景を写真に撮ったり、学校最寄りのバス停で降りてからも、授業開始まで1時間くらいあったので、地図を見ながら街中を散策したり、お店でお菓子を買ったりして学校へ行きました。
さっそく昨日できた友だちに辞書を使いながら片言の英語で話しかけてみたのですが、通じたり聞き取れたりすると嬉しくなりました。
この日の放課後はパースミントに行って、オリンピックのコインを見て感動したり、記念にオリジナルコインを作ったり、地図を見ながら駅前を探索したりしました♪

4日目:お気に入りの場所発見!

学校が始まる前に、気になっていたラングリーパークへ。とても広々とした芝生とスワンリバー、リバーサイドドライブを気持ちよさそうにジョギングやサイクリングしている人たちを見ると、こっちまで気持ちよくなりました。

この日の放課後は、あさみちゃんとレッド・キャットバスに乗ってキングスパークへ行き、パース市街を一望してきました。

5日目:友だちとビーチへ

この日も学校に行く前に市内を散歩していたら、あさみちゃんと遭遇しました。あさみちゃんが行ってみたかったというのでラングリーパークへ再び。
今日はスワンベル付近に行って、その後一緒に通学しました。放課後はあさみちゃんのステイ先の近くにあるサカボロビーチに行きました。
暑かったけど、初めて見る青い海と白いビーチに感動!!ここに住んでいる人にとってはこれが当たり前なんだと思うと、とてもうらやましかったです。
暑い中たくさん歩いたし、少ない本数のバスを乗り過ごしちゃったりしてアクシデントもあったけれど、あさみちゃんとのガールズトークなど、またいい思い出ができました。

6日目:学校最終日

この日も学校に行く前にラングリーパークに行きました。清々しい空気が流れてるここは私のお気に入りの場所となりました。
その後はアイスを食べ歩きしながら、街中散策をして学校へ。
この日は私を含めた最終日の人たちの修了式があるため、昼休み中のロビーはいつもより賑わっていました。
先生から名前を呼ばれて、修了証とコアラのぬいぐるみをもらって、この1週間で仲良くなったみんなと写真を撮りました。たった1週間しかいなかったのに、「アドレス教えて!」って言われて、とても嬉しかったです。
この日の放課後は、スビアコマーケットに行きました。量り売りがあったり、身体に悪そうな(笑)綿あめがあったり、街中とはまた違った雰囲気を楽しめました。
7日目 & 8日目

7日目 & 8日目

7日目:カバシャムワイルドパーク経由のピナクルズツアー
カバシャムではコアラとカンガルーに触れることができました!このツアーに来てよかった!!!コアラ、すっごいモコモコしてました~。
白カンガルーにも餌やりながら触れて楽しかったです!
道中も日本にはない景色ばかりで、とにかく辺り一面が広々として地平線が見えて、オーストラリアの広大さを感じました!
ピナクルズも、自然の現象でこんなものができるなんてすごいなーと感動!トトロ岩やモアイ岩も見られました。
その後に行ったランセリン4WDもジェットコースターみたいでとても楽しかったし、砂の白さにも感動しました!砂丘に登った時の景色も最高でした!!!
サンドボーディングも怖かったけど、せっかくの機会だからと勇気を振り絞って、がんばって3回すべりました!

初めはあまり乗り気ではなかったツアーだったけれど、コアラとカンガルーに触れることができたのが私の中ではとても大きくて、参加してよかったです。ガイドさんがとても気さくで面白くていい方だったのもあって、一人で参加しても楽しむことができました。

8日目:ロットネスト島ツアー!

楽しみにしていたロットネスト島へ!
フェリーでも酔うことなく、青々とした海に感動!かわいいクオッカとも会うことができました。
バスに乗って島を一周。途中もソルトレイクやどこを見てもきれいな海ばかりで全然飽きませんでした。
昼食は食べてみたかったフィッシュ&チップス。でも想像と全然違って、小魚かと思っていたら、普通に大きな魚のフライでかなりのボリュームでした。

自由時間はツアー中に知り合ったご夫婦と一緒に、ガイドさんおすすめのビーチに行き、再び超感動!!!白いビーチにすごく透明な海!!!その奥にはさらにスカイブルー、エメラルドグリーン、ブルーと続いていて・・・こんな海を見てみたかったんだぁ!と感無量で幸せでしたー!!!オーストラリアで観た海で一番きれいだったと思います。

帰りはフリーマントル経由だったので、そこで降ろしてもらって韓国人のお友達と合流。少しの時間でしたが一緒に観光しました。最終日だからって誘ってくれたんです!嬉しかった~(^-^)♪
ちょうどこの日オープンしたとガイドさんに教えてもらったフローズンヨーグルトのお店に行ったり、夕日を見たり、フリーマントル市街ぶらぶらしていたのですが、やっぱり一人で観光するよりも楽しめました!最後に友だちと過ごせて、いい思い出ができました!
9日目:パース最終日 本当の最終日(>_<)

9日目:パース最終日 本当の最終日(>_<)

実は、私がほとんど英語を話せなかったのと、毎日観光ばかりしていたせいで、一番お世話になったホストマザーとはあまり会話ができていなかったんです。
この日は、前からコツコツと書いていたお礼の手紙をマザーに渡して、お迎えの方が来るまでマザーと日本の話をしたり、とてもラブリーなマザーのお家の写真を撮ったりしていました。
マザーと近くのスーパーにも行って、TimTamやマザーおすすめのお菓子を買いました。
1週間くらいしかいなかった私にとても良くしてくれて、マザーには本当に感謝してもしきれません!!帰りのお迎えが来たときには涙を流してしまいました。

帰りの飛行機もシンガポール経由で不安だったのですが、なんとか乗り替えられ、さらにシンガポールにも上陸できて、ちょっとお得な気分になれました。

留学体験レポート