留学体験レポート

留学をためらっていた自分がバカみたいでした

小林万裕美さん 留学時の年齢:21歳

ニュージーランド

ダイナスピーク・イングリッシュ
ニュージーランド / オークランド
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2011年9月~2011年11月
留学期間
7週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 峰岸勝

留学する前のためらいがバカみたいに思えた

留学する前は「私に留学なんて無理」と思っていました。でもどうしても大学を卒業する前に海外に住んでみたかった。それで思いきって留学を決めました。

実際に留学してみると、今までためらっていた自分がバカみたいだと思いました。
できることならもっと早く留学すればよかったし、もっと長く1年くらい滞在したかったと思いました。
そのくらい留学は楽しかったです。

初めはホストファミリーの言うこともほとんど聞き取れず、自分の言いたいこともうまく言えず、「この先大丈夫かな」と心配になりましたが、生活をしていくうちに、大まかにですが、言っていることが分かるようになったし、たどたどしくでも会話ができるようになりました。
ホストファミリーとパーティーに行ったり、カーレースを見に行ったりしたことは本当に良い思い出です。とても明るくて優しいファミリーで、私は大好きでした。
平日は毎日ランチにとサンドイッチを持たせてくれたり、駅まで距離があったので、毎朝夕と、駅まで送り迎えをしてくれました。学校まではちょっと遠かったですが、気になりませんでした。
帰国するときは「また来てね」と言ってもらえてうれしかったです。

留学を迷っている人には勇気を出して日本を出て欲しい!

学校のクラスはグラマー(3時間)とスピーキング(2時間)の2つがありました。
グラマーでは主に文法の勉強がメインなのですが、ゲームをしたりもしました。毎日誰かとペアワークをするので友だちもできます。
また、スクールトリップで外に出かけたりもしました。
スピーキングはこの学校独特の授業で、リスニングの練習と発音の練習ができました。

小さい学校だったので教室数も少ないし、休憩室も1つしかないけど、アットホームな感じで皆と知り合え、スタッフや先生も良かったので満足しています。
この時期は日本人学生が多かったのですが私は特に気にならず、日本人はもちろん、外国人の友だちもたくさんできて、休日には一緒に遊びに行ったりして、本当に楽しかったです。英語ができなくてもなんとなく意思疎通ができるんだなと感じました。
学校で出会った友だちとは帰国してからも連絡を取っていますし、日本人の友だちとは会ってご飯を食べたりもします。

今回の留学は、行って本当に良かったと思っています。
友だちができるし、海外に家族ができます。それに日本にいては感じられないことも感じることができます。
少し自信も付きました。
だから、「留学なんて・・・」と思っている人も勇気を出して日本を出てほしいと思います!良い経験になること間違いなしです!

留学体験レポート