留学体験レポート

この経験が今後の支えに

前芝智恵さん 留学時の年齢:26歳

イギリス

イギリス / ロンドン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2010年1月~9月
留学期間
36週間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 平木恭子
この経験が今後の支えに

ビザ却下を乗り越えて、夢のイギリス留学を実現!

一言で申し上げると、「いろいろ迷ったけれど本当に行ってよかった。全力でサポートしてくださったWISH大阪スタッフの皆さまありがとう」です。

一度ビザが却下されて、もう留学は駄目かと思いましたが、ビザ取得に最善を尽くしてくださったWISHスタッフの方々に感謝申し上げます。ビザはその国が出すもので、WISHの方々は「我々にはどうしようもありません」と仰って当然なのに、決して諦めず、「無理」という言葉を仰らなかった。本当に感動しました。

私はイギリス留学が夢で、いろいろと調べていたので、カルチャーショックはありませんでした。イギリスと日本は国民気質が似ているという話はよく聞きますし、イギリス人も似ていると認めるくらい両国の雰囲気は似ていたと思います。到着して次の日にはもう1ヶ月くらい滞在しているかのような気分でした。
戸惑った点は、移民が多く、人によっては訛りがきつくて英語が大変聞き取りにくかったことと、接客やサービスの質が日本と比べると悪い、という点です。

これからイギリスへ留学する方へのアドバイス

ちょっとおこがましい気もしますが、これからイギリスに留学される方へいくつかアドバイスとしては・・・

1、日本の携帯電話は不要。現地で契約した方がいいです。日本の携帯だと通話料が高くなりますが、現地で契約すれば同じ会社なら通話料無料などの特典があります。

2、長期留学の場合、ホームステイは最初3ヶ月くらいで申し込んで、良ければ現地で延長する方がいいです(他の留学生を受けれいてしまい、延長できないリスクもありますが)。私は最高のホストファミリーだったので、現地で延長し、9ヶ月間ずっとその家に滞在しましたが、友人のファミリーはひどかったので。私のファミリーは老夫婦で、とても落ち着けました。二人ともとても親切で、私にトラブルが起きた時は、いつも助けてくれました。

3、日本から荷物を送ってもらうときは要注意です。箱の中身の値段申告によっては税金を取られます。私は300ポンド取られかけましたが、ホストファミリーが税関に何度も電話をかけて説明してくれて免除となりました。

4、学校主催のアクティビティには参加した方がいいです。友達がたくさんできます。私の学校にはパブナイトというのがあり、最初は大勢の中に混じるのが怖くて参加しなかったのですが、勇気を出して行ってみたら学校中の人と知り合いになれました。

5、ちょっとした歴史は頭に入れて行った方がいいと思います。質問されるので。

6、留学前に大きな目標を2つ(帰国後TOEIC990点を取るなど)と、小さな目標(○○に行きたいなど)を山ほど作って、それを全部やってくるつもりで留学してください。たくさんやりたいことをメモして行ったおかげで、家に居る暇もないくらい精力的に活動できました(支出は膨大になりましたが…)。

7、冬は雨が多いので、折り畳み傘は必須です。イギリスの傘は性能が悪いのに高いので、日本で買って行くことをお勧めします。

今後の自分を支えてくれる経験に

いい仲間に囲まれて幸せでした。
年下の子とはうまく付き合えないと思っていましたが、年齢や国籍に関係なく、その人の人間性だけを見て付き合うことができました。
夢をもって勉学に励んでいる方々がたくさんいて、いい刺激になりました。
今回は、大学を卒業して3年半勤めた会社を退社しての留学でした。帰国後の就職活動に役立つようなことは特別しませんでしたが、人生を長い目で見たときにきっとこの経験が今後の私を支えてくれると感じました。

留学体験レポート