留学体験レポート

この6週間は生涯の宝物に

谷川直さん 留学時の年齢:21歳

カナダ

ILSCモントリオール校
カナダ / モントリオール
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2008年2月~3月
留学期間
6週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
この6週間は生涯の宝物に

バイリンガルシティー、モントリオール

私は大学で第二外国語としてフランス語を勉強してフランス語が好きになり、バイリンガルシティーであるモントリオールを選んだのですが、授業初日から現地の人々や先生のバイリンガルぶりに驚きの連続でした。

駅の券売機や飲食店のメニューのほとんどがフランス語でとまどうこともありますが、こちらが英語で何か尋ねればみんな英語で返してくれるので、フランス語が話せないとしても大きな問題は全くありません。
なにより、カナダにはさまざまな人種が住んでいるので、多くの人々が異文化に対してとても寛容だったと思います。
とにかく居心地のいい街です。

母国語禁止ルール

学校生活についてお話すると、私は校内母国語禁止の学校を選んで最初は緊張していましたが、すぐに自分の選択は正しかったとわかりました。私の学校には主に南米の人と韓国の人、それから日本人、ヨーロッパの人が少数いましたが、やはり多くの学生が休み時間等には自分の国や地域の人と集まりがちです。
しかし、校内で英語もしくはフランス語しか話してはいけないという厳しいルールがあったおかげで、たとえ日本人と一緒にいても日本語は全く使わないという環境に身を置くことができました。

最高のホストファミリー

最後にホストファミリーについてですが、私のホストファミリーは最高のファミリーでした!
家には小さい子どもが二人いて、毎日のように家に帰ると彼らと遊 んでいました。そしてご両親、特にホストマザーとは毎日いろいろなお話をしました。休日には泊りがけでスキーや他の観光地に連れて行ってくれたり、家で一 緒に過ごしたりと、たくさんの時間を費やしてくれ、私を家族の一員として扱っ てくれました。

帰国前日には家族写真や私の写真をアルバムにしてプレゼントしてくれて、それをもらったときは涙が止まりませんでした。6週間という時間は、英語を学ぶには決して十分ではないと思いますが、そうだとしてもさまざまなことを学び、刺激を受けることができました。カナダに行ってからもっと勉強しなければなら ないと気づきましたし、なによりも素敵な家族と友だちに出会うことができました。この6週間は生涯の宝物になりました☆本当にありがとうございました。

留学体験レポート