留学体験レポート

1週間の留学での見聞が広がります

渡邊遼子さん 留学時の年齢:19歳

アメリカ

レナート ニューヨーク校
アメリカ / ニューヨーク
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年3月
留学期間
1週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 石井英樹
1週間の留学での見聞が広がります

留学するか迷っているなら、1週間でも行ったほうがいい

ニューヨークに留学するまでは、自分は英語が得意なんだと思っていましが、現地で実際に会話をしてみると、思うように話せないことや、店員さんの言っていることが早くて聞き取れなかったことなどを経験しました。

日本の学校では、文法はしっかり勉強しますが、会話など、英語を使って表現する機会があまり多くありません。文法はわかっていても、実際に英語で会話をするのは難しいのだということを、今回の留学で実感しました。

留学をしないで、日本でずっと勉強していたら、「文法ができるから、自分は英語ができる」と思い込んでいたことでしょう。文法は英語の一つの側面にすぎず、会話をすることがもっとも大事なのだと実感しました。

現地の語学学校にはさまざまな国から学生が集まるため、当然日本語は通じず、英語で話すことを強いられます。その環境が、日本の英語学校よりも良かったと思います。
さまざまな国の人と知り合う機会にもなりました。

ホームステイ先は一人暮らしの女性のお宅でした。ホストマザーはこれまでにも多くの留学生を迎えており、受け入れに慣れているようでした。
料理もとてもおいしかったです。マザーが中国好きで、夕食に餃子が出たのにはびっくりしました。

私は1週間という短い留学でしたが、それでもアメリカやニューヨークの雰囲気を知ることができたと思います。

留学するかどうか迷っている人は、1週間でもいいので実際に行ってみると、自分が思っていたこととの違いなどを発見できて、見聞が広がると思います。

留学体験レポート