留学体験レポート

寮の友だちを通して人間関係が広がった

橋本知佳さん 留学時の年齢:22歳

アメリカ

メンター・ランゲージ・インスティテュート ビバリーヒルズ校
アメリカ / ロサンゼルス
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 レジデンス

寮の友だちを通して人間関係が広がった

毎日わくわくして過ごした3週間

一人での海外は初めてだったので、不安をいっぱい抱えての出発でした。
しかし、その不安もすぐに「楽しすぎ」という気持ちに変わりました。
寮に到着すると、ドミトリーのメンバーが温かく出迎えてくれ、「この辺りを案内する」と誘われて、私はスーツケースを空ける間もなく観光地巡りにでかけていました。
ビーチ、UCLA、人気のバーガー店などをまわり、一日の終わりには、今日ロスに来たとは思えないほど、ドミトリーのメンバーにもロスの環境にもすっかり慣れていました。

寮の友だちをかいして地元の友だちもすぐにできました。彼らにはネイティブが使うナチュラルな言い回しを教えてもらいました。
シャイでおとなしい性格の私に友だちが言った「僕も子どもの頃はシャイだったけど、それではここアメリカではやっていけない」という言葉が印象的でした。

美術館を一人でまわっていると「僕も一人だから、一緒にまわろうよ」と話かけられたり、バスで隣になった人とも「日本人?学校に通ってるの?」などと話が弾んだり、レストランで空席がなくて困っていると「ここに座りなよ」と言ってくれて一緒に食事を楽しんだり。あらゆる場面でとてもフレンドリーに接してもらうなかで、私のシャイなところが無くなっていったように感じます。「今日はどんな人と出会えるんだろう」と毎日わくわくした気持ちで過ごしました。
また、ロスにはさまざまな国の人が暮らしていて、あらゆる国の友だちを作ることができました。

私にとってはあっという間の3週間で、ぜひもう一度行きたいという気持ちでいっぱいです。

留学体験レポート