留学体験レポート

初めてのファームステイで日本との違いをたくさん感じられた

熊谷いくみさん 留学時の年齢:20歳

カナダ

カナダ / ビクトリア
留学の種類 ファームステイ / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2011年8月~9月
留学期間
4週間
担当オフィス/カウンセラー
名古屋オフィス

人との出会いの大切さを学べた

ファームステイという初めての体験をして、普通のホームステイとは少し異なった体験をたくさんしました。

毎日、朝9時と昼食後に鶏の卵を集めて洗って、売るためにパック詰めにしました。家の入り口にその卵を置いておくと、お客さんが卵を買いに来るという形の販売で、私にとってはすごく斬新で驚きました。
その他にも、ヤギや鶏の小屋の掃除をしたり、庭の植物の手入れ、掃除などもしました。

私のステイ先は以前B&Bとして営業もしていたので、客室数も多く、私の他に5人家族が10日間だけ滞在していました。ホストファミリーだけでなく、別の家族とも生活できたので、とてもにぎやかで楽しく過ごせました。
みんなで一緒にスーパーに行っておすすめのお菓子を教えてもらったり、日本の食品との違いについて話したりすることもありました。

お休みの日にはホストファミリーの友人宅でパーティーをしたり、海に行っておしゃべりを楽しみました。遊園地にも連れて行ってもらったり、有名なブッチャート・ガーデンにも行きました。
遊園地には日本にはないアトラクションやミニゲーム、イベントなどがあったり、アトラクションに一緒に乗った知らない人とおしゃべりしたり、お店の店員ともおしゃべりをするなど、日本とは違う部分をたくさん感じることができました。

ホストファミリーはウェディングのビジネスも行っていて、私の滞在中にも一度結婚式が行われました。私はお手伝いとして、セッティングをしたり、片づけを手伝ったりしました。
そこでも、来場した人が声をかけてくれたりして、さまざまな人と話ができました。カナダに滞在している間は、店員も家にくるお客さんもファミリーも、いつも一言声をかけてくれるので、とても心が温かくなりました。
食文化や環境、人とのつながりなどで日本との違いも知ることができました。

1ヵ月は本当にあっという間でした。ホストファミリーとは帰国してからもFacebookでお互いの写真をシェアしたりして、連絡を取り合っています。
今回の留学では、ファームでの経験だけでなく、人との出会いの大切さを学ぶことができました。

留学体験レポート