自然の美しいオーストラリアは生活水準も世界トップクラス。治安が良く、大らかな国民性から、留学先に選ぶ高校生も増えています。教育水準は全体的に高く、一人一人の能力を引き出して育てることに重点を置いています。そのため選択科目のバラエティは豊かで、生徒は個々の興味に従って学習できます。
公立の高校は州政府が管理していて、教育制度はさまざまですが、留学生の受け入れに積極的な州もあり、日本語を話せるスタッフが常駐する学校もあります。また、留学生は英語の授業を受けながら、高校の本課程の授業を少しずつ履修することもできます。私立の高校はキリスト教会が運営する学校が多く、教育やスポーツの施設が整っているのが特長です。卒業を目指す留学の場合は、語学学校での事前研修が義務付けられることもあります。

オーストラリアの高校留学

オーストラリアの教育制度 Education System

オーストラリアでは10年生までが義務教育です。州によって学校制度は異なりますが、基本的には7から10年生までが前期中等教育で中学校(ジュニアセカンダリースクール)に4年間通います。新学期は1月下旬に始まり、12月中旬までが1学年。各学期は10~11週間で4学期制をとっています。学年末には約6週間、学期末にはそれぞれ約2週間の休暇があります。
10年生修了後の2年間は後期中等教育にあたり、大学進学希望者は高校(シニアセカンダリースクール)に進んで、日本の大学の一般教養にあたる内容を勉強して、12年生修了後に行われる統一資格試験に備えます。
大学進学を希望しない生徒は、TAFEと呼ばれる州立の高等専門学校や私立の各種職業専門学校に進み、仕事に直結したさまざまな専門コースで学びます。TAFEに進んでも、そこで大学進学用コースを選択して大学に進むことも可能です。
オーストラリアではほとんどの生徒が州立の高校に通います。州立も私立も制服着用です。

オーストラリアと日本の学校制度 Schooling system

オーストラリアと日本の学校制度

オーストラリア高校留学の流れ Studying Flow

オーストラリア高校留学の流れ

オーストラリアの学期制度 Semester System

オーストラリアの学期制度

※新学期は1月下旬から2月上旬に始まり、11月または12月に終わります。基本的に毎学期入学可能ですが、入学の難しい学期もあります。

留学を目的で選ぶ