約100校ある大学のほとんどが国公立で歴史と伝統を誇り、教育水準の高さは世界的にも高く評価されています。アカデミックな雰囲気に満ちた大学は充実した施設を持ち、少数精鋭で専門教育に力を入れています。

イギリスで大学を目指す場合、GCE-Aレベル試験という大学進学のための統一試験を受ける必要があり、シックスフォームと言われる2年間のコースでその受験に備えます。留学生もこのGCE-Aレベル試験を受験することはできますが、日本の高校卒業後すぐにイギリスの大学へ留学したい場合にはファウンデーションコースという準備コースを受講する必要があります。また、公立カレッジで大学進学用コースを受講して大学を目指す方法もあります。

日本の大学ですでに1~2年学んでいれば、直接イギリスの大学に入学できる場合もあります。近年では大学の数も増え、ファウンデーションコースも多くの大学で整備されて、留学生への門戸が広がっています。

イギリスの大学留学

イギリスの学校制度

公立カレッジ

イギリスで義務教育後の一般的な進路が、職業訓練や大学進学など、目的を明確に絞り込み、それぞれ約1~2年のカリキュラムで学ぶ継続教育(Further Education)です。その中心的な存在となっている公立カレッジでは、特に職業訓練において、ビジネス系からアート系まで幅広い専攻分野が設けられていて、修了時には国家認定の職業資格を取得することができます。とても実践的な内容で、コースによっては実習もカリキュラムに含まれています。

職業訓練コース 職業訓練コースの専門分野はビジネス、観光、アート、メディア、音楽、工学、IT、ヘアメイクなど多種多様。実習がカリキュラムに込み込まれ、国家認定の職業資格を取得することもできます。休学留学や1~2年くらいの留学を考えている社会人の方におすすめです。
大学進学用コース 公立カレッジの大学進学用コースには、イギリス人学生のための統一試験対策コースと、進学を目指す留学生のための準備コースがあります。また、留学生用に英語コースを併設している学校もあり、修了後にはサーティフィケートやディプロマなどを取得できます。

3年制大学

日本の大学との大きな違いは、イギリスの大学が3年制であること。しかも、一般教養課程はなく、3年間で専門分野をじっくり学びます。世界トップレベルと言われるイギリスの大学では、科学、芸術、ビジネスなどのあらゆる分野で質の高い教育が提供されています。授業は少人数で行われ、講義やセミナーの他に、チューター制度という教授からの個人指導があるのも特徴です。近年ではファウンデーションコースも充実し、留学生への門戸も広がっています。

ファウンデーションコース

高校卒業の資格を持ち、イギリスの大学への入学を目指す留学生のための準備コースです。このコースでは英語力を上げるとともに、大学で専攻する分野の基礎知識と大学での勉強方法などを約1年間かけて学び、修了後の審査をパスすると、学部への入学が認められます。コースへの入学には一定基準の英語スコアや日本の学校での成績が必要です。

イギリスの高等教育の仕組み

イギリスの高等教育の仕組み

イギリスの学期制度

入学時期は9月です。イギリスの大学本過程へ直接入学する場合は、通常UCASというイギリスの大学への出願状況をモニターしている機関を通して出願手続きを行います。締め切りが早く、手続きが複雑なので、早い時期から準備しましょう。

イギリスの学期制度

留学を目的で選ぶ