カウンセラーに届いたメッセージ

加藤佳代さんから届いたメッセージ

担当カウンセラー
 東京オフィス

カナダ / バンクーバー
語学留学

こんにちは。今日、バンクーバーは雪が降りました!積もってはいないですけど。
仕事は、相変わらず失敗もありですが、楽しんでます。
今は、夜も仕事をしたいので、ダウンタウン付近での部屋探しで忙しい毎日です。
この間、Wishの雑誌編集部の方から私のワーホリ体験を、雑誌に載せたいとのメールをもらいました。
みんなに話せるような体験したかな~と考えてしまいましたが、私のワーホリが形に残って思い出になるのはいいことだと思い、お受けすることにしました。
もし雑誌に載ったら見てください(笑)

そういえば最初私が宮川さんに相談した時、チャイルドケアの仕事やボランティアがしたいってお話したんですよね。でも、私何にもしてないんです。
カナダに来る前は、「何か学ばなきゃ!何か吸収して帰らなきゃ!」帰って来た時に、「コレだけのことしてきました!」って言えないとダメなような気がして、そんなことばかり考えていたんですけど・・・こっちに来て気持ちが変わりました。

ちょっと前まで、よく学校の先生やカナダの友達に「カヨはバケーションだから。」って言われては、「バケーションじゃない」と思ってたんですけど、やっぱりこの1年は私にとって特別な時間で、今までのような仕事の責任もなければ、何をして暮らしても良くて、気持ちがすごく軽いんです。
で、そう思ったら、何もそんなに自分に言い聞かせて子どもと関わる事もないんじゃないか?って。
英語や、文化・習慣・価値観いろんな事を知りたいことが一番なんだから、それを十分に体験するだけでもいいんじゃないかな?って。

もちろん子どもを見ればかわいいと思うし、ついつい声をかけたり遊んだりするし、決して嫌いじゃないけど、保育から離れたくて来たのに、ホームステイ先の子どもやしつけを見ては、「日本と違う。何できちんと話をしないんだろう?」「何で、そんな赤ちゃんのように甘やかすの?」なんて、たまに比較しては自分の価値観で物事を図ってちょっとイラッとしてみたり・・・なんかそういうのがもったいない感じがして。 「いらないストレスとかを持つ必要がないな~」って。
だから、本当にやりたくなったら、何かお手伝い程度でできることをしたいな~って思う最近です。

カフェはたくさんの人と出会える素敵な場所だと思うんです。
私は今までたくさんの子どもと出会ってきたけど、ここはたくさんの大人と出会え、みんなホッと一息ついて仕事に戻ったり、お家に帰ったり。
そういう出会いをカナダでは楽しみたいと思います。
私が作るドリンクや一言や何かがお客さんの癒しになれたら、本当にうれしいと思います♪
何も焦る必要はないし、自分がやりたいことをやりたい時にやれたらいいな~と思います!!
やっと・・・こう思えるようになりました(^_^;)半年も経っちゃったんですけどね・・・。
まぁ、いっか!あと半年あるし(笑) 長々と書いてスイマセン!読んでいただきありがとうございます♪
Take care and talk to you soon.

加藤佳代

留学国内オフィス