留学生&WISHスタッフブログ:島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

★カレッジライフレポート★~シアトル留学中~

こんにちは^^
シアトルから島袋でーす!
休学留学をスタートさせて8ヶ月が経ちました……。

一言でいうなら「早い」につきますね。
出発する前までは家族や友達と離れるのを惜しんで
一生の別れのように飛び立ったのがつい昨日のようです(笑)
私だけじゃなく周りにも、「え?もう帰ってきたの?」とか言われたりして・・・(汗)

さて!!!
この時期はというと…クオーター制度のカレッジはファイナル(期末試験)シーズンを終えて
ブレイクが始まっているころではないでしょうかね!!
私もセカンドクオーターのファイナル3教科を無事終えて一息ついたところです。

それにちなんで今回は私のカレッジライフについてお話していこうと思います^^
語学学校とは比べ物にならないくらい大変です!!!
それでは、どのようなことが大変なのか具体的に紹介しますね^^

1、カレッジは英語ができる前提で進められる!!
2、純アメリカ人の友達は意外とできにくい!?

まず1点目について 当たり前ですが、
現地のカレッジ(日本の短大のようなもの)ですので
英語ができる前提で始まります。
もちろん、ESL(English Second Language)のクラスもあるのですが、
このような英語のクラスばかりをとって満足していては好きな教科はおろか、
Certificateをもらうためにショートタームで入学する学生にとっては
非常に困難になることが予期されます。

私自身、ファーストクォーターの時にあまり事前調査をせず
アドバイザーに任せる形で時間割を組んだので、
第二言語としての英語を主にとったのを少し後悔しています。
かといってもう一方で私の好奇心から「アメリカ政治」という、
なんとも現地の学生向けのクラスをとってしまったという失敗談もあります…(笑)

幸運にも隣の席に座ってくれた子、そして先生が目をかけてくれた
(授業を受けられるほどの英語力がない状態できた留学生は私一人だった)ので、
単位はきちんととれました(笑) 

ちなみにセカンドクオーターも引き続きこのアメリカ政治の先生にお世話になりました!!!(笑)
そして仲良くなった隣の席に座っていた女の子シドニーちゃんとは
プライベートでも仲良くなることができ、バースデーパーティーにも行ってきました!!!

写真はその時のものです(笑)
最近はやりの”first, let me take a selfie♪”ですね!!  

余談ですが、アメリカは週によって法や規定が違うので全土のことはわからないのですが、
私のいるワシントン州においては、高校三年時から一定の単位をクリアしていれば、
ラニングスタートという制度でカレッジに飛び級できるシステムがあるみたいです。
クラスにいる半分はその制度を利用した高校生が占めていましたが、
彼らの知識は全くと言っていいほど周りにいる現役大学生や大人に劣っていなく、
むしろなんでそんなこと知ってるんだー(焦)っていうくらい すごい子たちばっかりでした。

私の隣に座っていたシドニーちゃんもラニングスタート制度を利用した頭のいい学生で、
そのおかげで日本の政治も満足にわからない私ですが、
アメリカ政治については歴史から現代まで強くなったと思います(笑)

そして2点目(アメリカ人のお友達について)……
日本の友達と現地の生活について話すと、
私の友人コミュニティについて、
「なんでアメリカへ行って中国人?韓国人?ベネズエラ人?(の友達といるの?)」
と聞かれることが多々ありました。

アメリカ人の友達をもたないことが悪いことにつながるとは思いませんが、
(今世界はグローバルですし、もちろん会話はどこの国の友達であろうが英語ですしね^^)
このような質問を受けるようになって、
「あ、確かに純アメリカ人の友人はそこまでいないかもしれない」と気づき、
私なりに原因を探ってみました!!

まず、授業中は議論をする時間はあっても、
友達をつくるためのおしゃべりの時間などありません!
クラスが終わればみんなそれぞれの時間割を持っているので基本的に行動は一人です。
じゃあ、どうやって友達を作ればいいのか!

私の場合、授業からの友達よりもISP(International Students Program)
イベントなど留学生向けのコミュニティで新しい友達と出会ってることのほうが多いです。
たとえばウィンターダンスというプロムのイベント!!

友達の友達ということで仲良くなった台湾人のジュディちゃん^^   


今は一緒に生活するまでに仲良くなったケニア人ルームメイトのユニースも
ISPのイベントに参加することで出会い、仲良くなった友達の一人です。  

他にもベトナム人、中国人、韓国人、コンゴ人などなど
ISPイベントはおもにインターナショナルの学生向けに開催されているため、
国際的ながらも、必然的に純アメリカ人の友達はアメリカにいながらも
意外につくることが難しくなります。

私も、挨拶をする程度のアメリカ人の知り合いはできましたが、
土日にでかけるような友達は やはりカプラン時代からの留学生の友達か、
ISPイベントで出会った留学生の友達が多いです。

なのでこういった点から、留学生のまわりには留学生が多いのだと思います。
もちろん、アメリカ人がメインのクラブ活動に参加してみる、
積極的に授業の合間やランチでの相席時に仲良くなってみるなどの試みで、
同じくらい友達はできると思います^^

なんてったって彼らアメリカ人は1に対し10の割合で
返してくれるほど初対面の相手であろうが
おしゃべり大好きな人ですからね!!(笑)

さて、、、ここまでどうでしたか?

カレッジに入学を考えている方、イメージが膨らんできましたか?
怖がらせちゃっていたらごめんなさい!(笑)
大丈夫です、いろーんな人がいますがみんなクリアできているので
あとはチャレンジする心ですよ^^!!! 
私自身授業選びに失敗しましたがおかげで素敵な恩師、
素敵なクラスメートと出会えることがありましたからね!

これぞ「ピンチをチャンスに」ってやつじゃないですか???(笑)

まだまだ続きたいところですがすこし…
というかかなり長くなりそうなので続きは次回へモチコシさせていただきます!!

それではまた~

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

シェアハウス生活

こんにちは^^
シアトルに留学中の島袋です。
今日は私のアメリカ生活スタイルについて話していきたいと思います。

私の居住形式はシェアハウスです。
シェアハウスといえば日本でもそれを取り扱っている番組が人気ですよね!
みなさんの頭に浮かぶものはなんでしょう??
男女共同生活、毎日がパーティー、などではないでしょうか??

それでは実際に私のシェアハウス談、紹介していきたいと思います。
まず私たちは一軒家に
オランダ人の男性オーナー“ブラム”、
中国人の男の子“フランコ”、
そしてケニア人“ユニース”の女の子、
そして私の、国際色豊かな合計4人で共同生活をしています。

これだけでも驚く人はいるのではないでしょうか??
結婚するわけでも、ましてや交際仲でも兄弟でも親族でもいとこでもなく、
全くもって他人の男女が一緒に生活することになるなんて
私は考えてもみませんでした。

ことの始まりはサンクスギビング直前のことです。
前のホストファミリー宅からの引っ越しの期間が迫っていたため、
私はすこし焦りを感じていました… 。
そこで友達にも協力してもらい、アメリカで有名な掲示板クレイグズリストを利用し、
私の住んでる地域のあたりでも特に「リーズナブルでそして学校に近い」、
そんな好条件のシェアハウスを発見し、即オーナーさんへ連絡♪

しかし下見に行ったときに会ったオーナーは若い男性…。
いろんな考えがめぐりました。。。
もちろん彼のことを男性だから危険。と一概に判断するのはよくないのでしょうが、
いままでこんな経験がなかったため、親はどう思うだろう、
実際危険な目には合わないのかなど、すごく不安でいっぱいでした。

しかーし!!これもアメリカ留学の意義ある経験のひとつだっ!!
あと期日が近づいている!!
と、ほんとに言ってしまえばその場の勢いで入居することを決めました。。。(笑) 

今思えばハウスメイトに恵まれているからこそよかったものの、
実際周りのシェアハウスには盗難がよく起こるなど
やはり安心できない話も耳にするので私はラッキーだったんだと思います…(汗)

さて、「知らない男性と住む」という問題を自分の中で解決(克服?笑)した私はというと…、
住み始めてからあまりの心地よさにすごい楽しんじゃっていました。(笑) 

好きな時に好きなご飯を食べられることのうれしさ!
日本ではあまりみられない大きなキッチン。
(主婦になった気分で毎日自炊していました笑)!
鍵がついている自分の部屋!
そしてバスの時間を気にせず学校の支度ができる!

さらに家のテレビはネットフリックス付きで、
なんでも好きなドラマ映画が観れるし(もちろん字幕まで英語尽くしですが…)。
ビリヤードまでついています!
(豪邸かとおもいました…こっちでは普通のことみたいですが…)  

・・・と、フリーダムな生活の話はここまでにしておいて。。。(笑)

  

オーナーのブラムともすぐ仲良くなり、今ではお互いの話をたくさんします
彼はまさかの同い年(みえない、ごめんなさい笑)!!!

この家はもともとは彼と彼の家族が住んでいたものだそう。
他の兄弟たちはみんな学校を卒業し、オランダへ帰り、
両親はシアトルの天気に飽きたのでニューメキシコへ引っ越し(なんて自由な家族だっ!)。
そして学校が残っているブラムは、
一人この家をシェアハウスとして貸し出すことでやり繰りしているのだとか…。

本当に”世界をみた!!!”と感じた一瞬でした(笑)

話は変わりますが、つい先日ブラムのお父さんが一週間ほど滞在し、
話す機会があったのでずっと持っていた私の疑問をたずねてみました。

「22歳という若さの息子に自分たちの家(家族の家=財産)を
預けることに抵抗はないのか?」と。

ブラムのお父さんはハッキリ「NO」と即答でした。
さらに、

「私はブラムを大人として見ているし、
そしてなによりブラムがきっとやりこなせると信じている。
それに君のような素敵なテナントもきてくれて私はもっと安心したよ」

と。NOに続く言葉の後にこのようなことを言ってくれました。

ここでも”世界をみた!!!”と、私は度肝を抜かされましたね…(笑) 

ふー、ながいですねー!(笑)
みなさんついてきてますか??
まだまだエピソードはありますよー^^

続いてフランコちゃん。
彼は最近17歳になったばかりのBOYです。
(わけー!お肌つるつる!色白!ほそい!笑)
フランコちゃんはスーパー中国人です。

何がスーパーかって??

まず中国語、英語は当たり前、韓国語、日本語までしゃべるんです!!!
日本語は優しい会話レベルですかね。
私がお母さんとスカイプしているのを横で聞いて理解しているのでびっくりです!!!
うかつに彼のことを話せませんねww

そして韓国語。もはやネイティブです。ちーん。
韓国のテレビを字幕なしでみて笑っていました。
本当にすごい!!!!

他にもスーパーな点…。
彼はものすっっっっっごく料理上手です。。。(笑)

本格的な中華をはじめパスタや和食まで私のために作ってくれて、
入居したての主婦時代を忘れ、今はフランコシェフに頼りっぱなしです(笑)
他にも髪を染めるのを手伝ってくれたり、ネイルまでやってくれます!!!(笑)
もはや弟を通り越して妹です…(笑)

他にも面白い点として、彼は日本のグッズが大好き!!
よくダイソーにいっては日本人が買わないようなものを買ってきます。
例えば「営業中」とかかれたのれん…。(笑)
かわいー!!
「日本語です」と言ってうちの冷蔵庫に飾ってあります(笑)

 

そして彼にとってのカードゲームと言えばトランプでもなく
そしてカルタでもなく…花札です (笑)(笑)(笑) 

そんな不思議?かわいい弟(妹?)のお誕生日が5月5日、
なんと子供の日にあったので日本の葵おねえさんは
頑張ってサプライズでケーキをプレゼント!!!

キッチンは共有なのでバレないようにガレージで
ひそひそとやったりして楽しかったです。

そして最後にユニース!
ユニースはまたすっごいおしゃれでかわいらしい19歳の女の子!
一緒にお化粧しあったり、ネイルしあったり、
ファッションについて語り合ったり、スクワット(!?)しあったり…。

ごく普通の女の子がするような感じで わちゃわちゃしています^^ 

  

彼女の面白いところは自転車に乗れないこと…(笑)
ビーチに行ったときに2時間かけて練習しましたが
自転車の乗り方をしかも英語で説明するのって難しいんですね…。
結局あきらめちゃいました。^^;

 

こんな感じで毎日たのしーく過ごしています!!

ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございます!
私の生活の様子が特に今後留学、
シェアハウスを考えている人にすこしでも具体的に伝わればうれしいかぎりです!
それではまた!!

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

互いを高めあえる仲間

こんにちは^^シアトルに留学中の島袋です。
今回は私の留学に対するモチベーションや、
実際ここに住んで留学を通しての感想を述べたいと思います。

留学前、また留学当初は
 「日本人と一緒にいてはいけない、日本人と絡んではいけない」など
私の中で日本人に対するマイナスイメージがすごく大きかったです。

というのは、 よくきく留学失敗談の中で、留学のつらさから同じ言葉を話す日本人、
同じ文化価値観をもった日本人へ逃げてしまい、 結果、留学へきた本来の目的の達成
(英語だけに限らずその他の言語やまたカレッジ卒業など学業面すべてにおいて)が
なされないというのが私のイメージとしてあったからです。

実際留学した先輩方にも日本人と一緒にいるのはよくないとアドバイスを受けたことがあります。

やっぱり私も一人前の大人ではなく、きっとどこかで甘えてしまうのではないか、という懸念もあったため、
私の中で日本人コミュニティというものは、ここへ来るまで大きな障害、恐怖だったと言えるでしょう。

しかし、実際ここへ来てみて学校へ入学、友達をつくるとともに
私の日本人に対するマイナスイメージが大きく変わりました

何が私の考えを変えたかというと、彼ら(日本人生徒)の留学に対する意欲です。

ある日本人男子学生との出会いを紹介します。

私のその時の彼にあった感想は、
「きた!これが第一の障害だ!」とすごい身構えていたのですが、
彼の第一声は
「Hi! My name is … Are you from Japan!? 
(やぁ!僕は○○ていうんだよ!日本からきたのかい?)」
英語でした。

その後も彼は私に対し英語で話続け、彼の目標やどうして留学をしようと思ったのかなど
いろいろなことを教えてくれました。

その中で一つおもしろかったのが、
彼も同じように日本人に出会い日本語に埋もれてしまう心配があったということです。

私が思っていたように、周りの人たちも同じような日本語に対する不安をもっていたことを知りました。
確かに、日本語に負けてしまうことが留学でつかめるチャンスを減らしてしまうともいえるでしょう。
しかし、ここで分かったことは同じ問題をとらえることで、お互いが意識しあえ、
またそれを向上させていこうというプラスな働きがうまれるということです。

逆に、同じ日本人に指摘されることでより一層「私はいま留学へきているんだ」と再確認し、
モチベーションも高められるのではないでしょうか。

一つ、注意しておきたいことがあります。
私は彼らのような留学に対する意欲のつよい日本人に出会えたことをラッキーだと思っています。

何が言いたいのかというと、中には少し悪い言い方になってしまいますが、
ただモラトリアムの延長または時間に余裕があるため意欲目的を特に持つこともなく留学へきた人、
または留学にきたはいいものの結局(日本人特有の恥ずかしさからの)英語に触れ合うことを恐れ、
英語から離れて自分の甘えられる環境に身を置きがちな日本人もいるということです。

私は彼らが悪いとかこうするべきだとかいう評価はしませんし、
それは私のする事ではありません。
どうしてここにいるのか、何をしにここへ来たのか、誰のサポート、
応援があって働きもせず、一年という限られながらも長期間のニート状態で
自分の好きなことをできているのかということを常に自問自答しながら
自分自身と戦っていきたいと思います。

少し厳しいような言い方になってしまいましたが、これはほぼ自分に言い聞かすために書いたようなものです。笑
このように公共のスペースに自分の意気込みをさらすことで自分を追い込み、
またさらに大きくなれたらいいなという希望がこもっています。笑

少し、硬くなりすぎたのでせめて実際はエンジョイ生活を送りまくっている写真を送ります。笑
   

次回はもうすこし気楽な話題を持ってきますね^^
以上、シアトルから島袋でした。

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

ユニークな学校行事

こんにちは、シアトルに留学中の島袋です。
あっという間にシアトルにきて2カ月が過ぎてしまいました。最初のころは戸惑ってばかりでカルチャーショックを受けていた日本とのいろいろな違いも、今ではほとんど不快に感じられません。むしろ、いろいろな文化に触れられて貴重な思い出になってきているともいえます(笑)

英語での生活もうんと慣れてきました。授業、日常生活、友だちとのコミュニケーションと、すべてが楽しく過ごせています。

今日は、最近の楽しかった出来事を紹介したいと思います。

学校行事は楽しみながら英語に触れられる点で、なによりもものすごく魅力的だと感じます。ハロウィンサンクスギビング(感謝祭)といったビッグイベントはもちろん、アドバイザーたちによるオリジナルのイベントもありました。

例えば、何か紫色を身にまとう日パープルデー、変わった髪型の日クレイジーヘアーデー、誰かとおそろいの日ツインデー、パジャマで登校するパジャマデーなど!!!日本の学校では体験できないような独特の学校行事でした。

語学学校アクティビティ1
写真はパープルデーのものです。

皆さん、私の何がパープルかわかりますか???

見えにくいのですが、まつ毛と爪です!!
私的には頑張ってユニークにしたつもりだったのですが 、残念ながら一位をとることはできませんでした…(笑)



次の写真はサンクスギビングの様子です^^。
学校のランチパーティーで、皆でターキーをおいしくいただきました!!!ゲームをしたり、歌をうたったり、ターキーダンスをしたり。多少恥ずかしさもありましたが、先生方が率先してマイクで自己流ラップを披露してくれたり愉快な司会をしてくれたので、私や他の学生たちも楽しく参加できたと思います。

サンクスギビング1   サンクスギビング2

そしてもう1つ。
サンクスギビングといえば!そう!!ブラックフライデーです。

皆さん、何のことかご存知ですか?

恥ずかしながら私はブラックフライデーの1週間前まで何のことかわかりませんでした。日本語でぴったり合う言葉がわからないのですが、サンクスギビングホリデー期間中の金曜日を指します。

この日の何が特別かというと、恐ろしい規模でのセールが行われるんです。ほブラックフライデーぼ全てと言っていいほどのお店やモールで半額、またはそれ以上の値引きが行われます。

目当ての品を安く手に入れるために、多くの有名店の前で前日から徹夜でたくさんの人が並んでいました。私も参戦したかったのですが、寒さと眠さと交通手段の問題から徹夜と早朝はあきらめました…。

が!それでもいい買い物ができました!!
見てください!私が持っているものと友だちが持っているもの、全て私の買い物袋です!!
来年もこの日だけアメリカに来ようか考え中です(笑)


ふー。えらく興奮してしまいました…。少し落ち着きますね^^;

今回の記事は楽しい思い出が主でしたので、次回は私が感じている留学生活について少しまじめなことも書きたいと思います!

以上、シアトルから島袋でした!!

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

シアトルに留学中の島袋です

皆さま、初めまして。アメリカのシアトルに留学中の島袋葵です。

シアトルに来て3週間が経とうとしています。
 当たり前ですが、どこへ行っても英語しかありません(笑)「留学しているんだなぁ」とじわじわ実感してきているところです。


私は今ホームステイをしていますが、最初は食文化や生活スタイルの全てにカルチャーショックを覚えました…。 しかし、これこそ異文化に触れられるチャンスをもらえたという点で、 ホームステイならではの意義も同時に感じているところです。日本にいては決して体験できないことだらけですからね!
ペイントボール


学校ではクラスメイトとすぐに打ち解け、 先週末は彼らとペイントボール(サバイバルゲームのようなもの)に参加してきました!! 写真はその時のものです♪

たくさん汚れてたくさん叫んでたくさん笑って、そしてもちろん英語でのコミュニケーションもとって。 非常に充実した毎日を送っています。



留学生活はまだまだ始まったばかり。勉強はもちろんですが、楽しむことも見つけながら、 残りの11カ月間頑張っていきたいです。

島袋葵

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)
  • 1