留学生&WISHスタッフブログ:語学学校

Embassy EnglishのスタッフがWISH東京オフィスに!!

こんにちは!WISH東京オフィススタッフ 久保田です。

先日WISH東京オフィスに語学学校Embassy Englishのスタッフである、阪本さまにお越しいただきました!

 

今回は阪本さまにEmbassy Englishの最新情報をご紹介いただきました。
Embassy Englishはアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドにキャンパスを持っている人気の語学学校です。この日は国・都市毎のEmbassy Englishの魅力的な部分を改めてご紹介いただき、さらに最新情報もお知らせいただきました。

 

☆新キャンパスのご紹介☆
Embassy English Cal Poly校

Cal Poly校はアメリカのサンルイスオビスポにあります。あまり聞きなれない地名ですよね?
サンルイスオビスポはロサンゼルスとサンフランシスコの間に位置しています。
年間300日以上が晴れの日で、湖や海、山など自然の多い環境です!そして最大の特徴は、Cal Poly大学に通うアメリカ人大学生と交流が持てることです。 Cal Poly大学主催のクラブやアクティビティに参加できるのでローカルと友達になりたいという方には最適の環境です。


詳細が気になる方はぜひ、WISHカウンセラーまでお問合せください!
他のキャンパスに関しても、どしどしお問合せください!

カウンセリング予約はコチラ

カテゴリ:
WISHでの出来事語学学校

Kings Education(英語+映画製作コース)作品紹介!

 

こんにちは。

本日はWISHからアメリカ ロサンゼルスにある語学学校Kings Educationに行かれた方の作品を紹介します!

Kings Educationはアメリカ・イギリスに学校を持ち、ロサンゼルス ハリウッド校は映画の本場ハリウッドにあり、映画を製作できるEnglish Plus Filmコース(英語+映画製作コース)があります。


では、実際にそのコースを受けた方の作品をご覧ください。

いかがでしたか?素敵な作品ですよね。

この作品を作り上げるには、英語でコミュニケーションを取り、英語で脚本を作る必要があります。

日本ではそうそう出来ない経験ですよね。 

映画製作に興味のある方にとてもおススメな学校です!

もちろん一般英語コースや試験対策コースも開講しています。

学校の詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方には、WISHカウンセラーが丁寧にご説明します。

カウンセリング予約はコチラ

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

カテゴリ:
語学学校

カウンセラーのオーストラリア出張研修!第二弾「語学学校 編」


みなさん こんにちは!留学カウンセラーの松田です。

 

6月8日のブログに続き、今回は視察をしてきたオーストラリア・パースの語学学校について、ご紹介できたらと思います。

 

語学留学をしたい!となると、まずは行きたい国や都市を考え、最終的にどの語学学校に行きたいか、という悩みが出てくることが多いと思いますが、パースで語学留学をする一番の魅力は、ずばり日本人の少なさだと私は思います。

 

英語を習得するには、現地の生活にどっぷりつかることだと思いますが、周りに日本人がたくさんいると、ついつい学校外での生活が日本語になってしまいがちです。

 

英語しか伝わらない相手と友達になることで、日常生活から英語を使うようになり、それがいち早く語学習得に繋がるのです。

 

 

P.I.C.E.(Perth International College of English)
この学校はパースの中心地にあり、便が良いのが大きな特長です。周りにはカフェやレストランがたくさんあり、学校の建物の下の階にはコンビニもあるので、お昼休みにちょっとランチを買いに・・・なんてことも気軽にできます。

 

私が訪問した4月下旬には、生徒が授業開始を待っている間にいられるスペース『ラウンジ』に日本人はほとんどいませんでした!

 

中心地にあることから、WISHパースオフィスからも徒歩数分です。勉強も遊びも楽しみたい行動派にピッタリかもしれません

 

 

PHOENIX Academy
フェニックスは、素敵なガーデンがあるのが特長です。パース中心地からはバスで20分程度ですが、中庭があり、木もたくさん植えてあって、日の光が適度に差し込んで明るく開放的なキャンパスです。

 

一般的な大人の語学留学のみならず、小学生・中学生くらいのジュニア留学や、親子留学、専門学校や大学進学のためのパスウェイコースもあり、幅広いお客様が勉強することができます。ゆったりとした空間で勉強したい人におすすめの学校です。

 

 

CELT (Centre for English Language Teaching), The University of Western Australia
この学校は、オーストラリア8大学(Group of Eight)の1つ、西オーストラリア大学付属の英語センターで、パース中心地からは電車と徒歩で約30分(またはバスを使って約40分)のところにあります。

 

日本の大学からの決まりで、休学留学するなら大学付属の語学センターでなければならないという条件がある方にあてはまる学校です。

 

18歳からしか受け入れていないため、落ち着いた雰囲気なのですが、私が思う一番の特長は何と言っても素敵な建物です!イギリスの建物のような外観、まるで博物館かのような内装、通称ハリーポッタービルと呼ばれているとのことですが、まさにその雰囲気が素敵でした。最短5週間からなので、落ち着いた環境で勉強したい人に向いています

 


語学学校にはそれぞれ特徴がありますが、どこが自分に合っているかは人それぞれです。パンフレットやウェブサイトを見ているだけではわからないことが多いのです。

 

自分にピッタリの留学プランを立てたい方は、お気軽にWISH留学カウンセラーにご相談ください。

 


カウンセリング予約はコチラから
資料のご請求はコチラから

カテゴリ:
WISHでの出来事オーストラリア情報スタッフの日常語学学校

語学学校のデモレッスン体験イベントを開催しました!

 

みなさまこんにちは。

本日は先週土曜日に開催した語学学校デモレッスンの様子をを届けしたいと思います!

デモレッスンをしてくださったのは、オーストラリア老舗の大手語学Navitas English の講師たちです。

こちらのデモレッスンですが、「オーストラリアから講師が来日するのでNavitas Englishの授業をみなさんに知ってほしい」とありがたいお話をいただき、今回このデモレッスンが実現いたしました!

こういう機会はきっと留学を考えるお客様には有意義な体験になるだろうとは思いつつ、お客様ご自身は必要と感じているのだろうか・・、お客様は集まるだろうか・・と、思ったのも正直なところです。 が、いざ予約を受け付けてみたところ多くの方にご予約いただき、短い募集期間であったにも関わらず当日は13名のお客様にご参加いただきました。

デモレッスンはNavitas Englishの講師、「アンディー先生」と「サイモン先生」のご挨拶から始まりました。


最初から流暢な英語での挨拶でしたが、ご参加頂いた皆様は「ウンウン」とうなずかれていました。

レッスンでは4つのグループに分れ、オーストラリアの「街の名前」や「オーストラリアで有名な動物、著名人」など各グループごとに発表していきました。

先生曰く「まずは留学国(オーストラリア)についての理解を深めてもらいながら、関連性のある単語をインプットしてもらう事により英語だけでなくオーストラリアを知ってもうらきっかけになる」とのことでした。
なるほど、留学先での生活を有意義に過ごしてもらうことも考慮した授業が行われているのだな、と感じました。

次に先生が「6つの絵」をホワイトボードに張り出し、絵から読み取れる「動詞」を各グループで発表してもらいました。


実はここにも「オーストラリア」の理解を深める為の一工夫が!

●「太陽の絵」→オーストラリアの紫外線がとても強い事
●「子供が日焼け止めを塗られている絵」→外出の際は必ず日焼け止めをつける事
●「ビーチの絵」→オーストラリアの有名なビーチの名前を覚えてもらう工夫
●「フラグ/旗が立っている海の絵」→オーストラリアの海で遊泳する際の注意点

これらを伝えていました。
(※オーストラリアの海では、フラグの立っているエリアのみ遊泳が許可されています)

ローカル情報を取り入れたレッスンでは、参加して頂いたみなさまの「オーストラリア事情」の更新に一役買っていたようです。


続いて、グループごとに発表された「単語」を使って絵の内容に沿った文章作成をしていきました。 出来上がった文章で発音練習を行い、先生からのスピーキングアドバイスが入るなど徐々にレッスン内容もペースアップ。

最後は「もし、日本の●●を訪れたら・・・」と言う例文を使って、「アンディー先生」と「サイモン先生」へ日本のお勧めスポットを紹介してもらいました。
1人の生徒さんが「もし、大阪を訪れたらタコヤキを食べてみて!」と言う文章を作ると「実は、週末に行くんだよね。だから食べてみるよ!教えてくれてありがとう!」と先生からのお礼の回答が。

 

ナイスタイミングのアドバイスに、先生も「このトピックをやって良かった」と笑っていました。

 

・・・と始終楽しげにレッスンは行われ、みなさんリラックスして参加されていたようでした。

 

***


ご参加いただいたみなさま、改めてありがとうございました。

またこのようなデモレッスンをはじめ、海外の学校とタイアップした新しい企画をお客様目線に立って実施していきたいと思います。留学を検討されるみなさまのお声もぜひお聞かせいただければ嬉しいです。
また、現在も様々な留学イベントを予定しておりますので、よかったらぜひご参加下さいね!

ご予約お待ちしております。



■その他3月・4月のイベント情報はこちら


■国内最大級の「留学フェア」情報(5月開催)はこちら


■カウンセリングのご予約はこちら


■資料請求はこちら
 

カテゴリ:
語学学校

「世界で最も住みやすい都市」に留学してみませんか?

こんにちは。留学カウンセラー兼WISHブログ担当の安部と申します。

 

今後みなさまにカウンセラーの日々の様子や、かつ、私たちのつれづれなる留学に対する想いを綴ってまいりたいと思いますので、時々チェックしてみてくださいね。 

 

さて先週金曜日ですが、イギリス誌「エコノミスト」が選ぶ「世界で最も住みやすい都市ランキング」第1位のオーストラリア・メルボルンよりスインバン工科大学(Swinburne College) の学校スタッフがWISHに来社され、カウンセラー向け勉強会を開催していただきました。

 

スインバン工科大学メルボルン市内に3つのキャンパスをもつ公立大学です。「大学」でありながらも日本の「専門学校」にあたるTAFEコースも持ち合わせているので「専門知識を大学キャンパスで学びたい!」と考えている方にもお勧めです。また、留学生の登竜門となる「一般英語コース」在籍中から「大学サークル」にもご参加頂けますので、現地学生とのキャンパスライフも謳歌して頂けます。

 

日本人留学生に人気のあるサークルは、チアリーディング・けん玉サークル・日本語サークルの3つで、特にけん玉サークル・日本語サークルは日本好きの現地学生が多く所属しています。

 

通常の語学学校では「大学サークル」に参加する機会を見つけて頂く事は難しいので、文武両道で留学に挑みたい学生・社会人のみなさま、ぜひスインバン大学で留学生活を謳歌してみませんか?

詳しい学校詳細はWISH留学カウンセラーまでご相談下さい!年内の資料請求カウンセリングは12月29日まで承っております。 

本日は勉強会直送、採れたてスインバン大学のご紹介でした★

カテゴリ:
WISHでの出来事オーストラリア情報語学学校

学習道具

こんにちは、東京本社の榊原です。

次の日曜日は七夕ですが、我が家の姉弟は小学校と幼稚園で2人とも短冊に「ピアニストになりたい」と書いたらしいです。2人とも練習嫌いで、ピアノの練習を始めるとすぐに眠たくなり、なかなか練習が進まないようで、夢と現実のギャップは大きいようです。
英語のそろばん

ところで、娘は今年から小学校に通っていますが、最近宿題で音読やひらがなの練習に加え、足し算や引き算のドリルをやっています。

足し算は問題ないようですが、引き算が苦手なようで、10-6=5だったり、7-4=4だったりしています。

近いうちにそろばんを習わせようと思っていますが、今は置いた数を英語でも読み上げるおもちゃのそろばんで遊んでいます。




算数ブロック
学校では算数ブロックを使って習っているようで、昔はおはじきだったと家内は言っていますが、そのまた昔はそれも無かったと思います。



親父には麻雀パイにしか見えないのですが。。。




音声ペン
学習道具も進化
していて、子どもたちが通っている英語の塾では昨年から音声ペンを使っています。

マークや文字や絵の所にペンを置くと発音してくれたり、問題を読み上げてくれたり、音楽が流れたりするので子どもたちは喜んで使っています。

録音機能も付いていて、自分の発音を確認することもできるのですが、これには自分たちで好き勝手に録音して遊んでいるようです。でも1人でも勉強ができて親としては助かります。




海外の語学学校授業風景海外の語学学校
でも最近はデジタル化が進んでいて、コンピューターやインターネットはもちろんのこと、WiFiや電子黒板を備えている学校も多くなってきました。


さらに紙の教科書がなく、授業や宿題は全てパソコンでやるので、パソコンを持って行かなくてはいけない学校もあります。

学生も板書を写真に撮ってデータ化したりして授業風景も様変わりしています。



でも昔も今も自分で繰り返し書いたり聞いたり読んだりして覚えていくのが基本だと思います。ただ基礎学習(練習)をつまらないと思うことは仕方なく、それをやらないと後々困るのは自分だということを子どもに分かってもらうのは難しいです。

いろいろな学習道具も使いながら、少しでも興味を持たせるようにできればと思っています。


ピアニストになる夢に向かって練習嫌いの2人は今日も頑張っているようです。今月末にある発表会ではそれぞれソロを弾いて、さらに2人で連弾をします。
仲良く音を合わせていい演奏をして欲しい、これが親バカの七夕のお願いです。

カテゴリ:
スタッフの日常語学学校

【続】嗚呼、青春の日々☆

こんにちは!東京オフィス留学カウンセラーの佐野です。

前回の僕のブログでは、僕が学生生活を送ったカナダのハミルトンでの大学留学体験談をお届けしましたが、今回はさらにさかのぼって、語学留学時代の体験談をお届けします(^^>)

ハミルトンへ移る前に、僕はバンクーバーで1年ほど語学留学をしていました。

目的はもちろん、大学へ進学するために英語力を上げることだったのですが、振り返ってみると英語力以外にもさまざまなことを吸収できた1年間でした。
なかでも、世界中から集まる仲間と分かち合う時間は、何ものにも代えがたい、貴重なものでした。

授業中は積極的に発言することで、時には口論になりつつも、たくさんの意見交換ができました。結果、僕の周りはいつも笑いで溢れていました

教室集合.jpg  教室.jpg

学校前.jpg  学校内.jpg

放課後は仲間とバーへ飲みに行ったり、晴天に恵まれた週末には手作り弁当を持ち寄ってピクニックなんかもしましたねぇ。

バー.jpg  ピクニック.jpg

カナダ キャンプ.jpg
あっ、そうそう!長期留学していると、いろいろなイベントも経験することができるんですよ☆

仲間の誕生日会をサプライズ
で計画したり、語学学校のイベントを企画・運営させてもらったり、数十名でキャンプにも行きました!

バンクーバー語学留学 飲み会.jpg  浴衣.jpg

ハロウィン.jpg
国中が盛り上がる一大イベントであるハロウィン・パーティーの時は、仲間と共に仮装してダウンタウンへ繰り出し、雄叫びを上げながら行進しました!あれは盛り上がりましたね~

というわけで、さまざまな国籍の仲間とさまざまな経験を重ねていくうちに、英語力はアッという間に伸び、大学へ行けるようになっていました(^^Y) 

あの頃の仲間は今頃何してるかな?

最近、今さらですがFacebookを始め、疎遠だった仲間ともまた連絡がとれるようになったので、頭の中身だけタイムスリップして留学の思い出に浸っている今日この頃です(^^;)

お時間のある方は、ぜひ「嗚呼、青春の日々☆パート1」もチェックしてみてくださいm(_ _)m

カテゴリ:
語学学校

就職・転職に役立つ留学

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。

最近、大学を休学して留学をされる学生さんや、仕事を辞めて留学をする社会人の方からの問合せを多くいただきます。留学にはさまざまな目的がありますが、帰国後の就職や転職に活かすために留学をする、という方が増えてきているのを感じます。

そこで、私から、そんな留学を考えている皆さんにお勧めの「英語教師育成コース」をご紹介します。

英語教師育成コースは、英語を母国語としない人たちに英語を教えるための教授法を学ぶコースです。「英語が話せないのに教えるなんて無理!」と思わないでください「英語を話すこと」と「英語を教えること」は違います。英語が話せる人が必ずしも英語を教えることができるわけではありません。なので、教えることに興味がある人はぜひ挑戦して欲しいです。


英語教師育成コースは教える生徒の対象が、子どもか、大人も含むかによって、2種類に分かれます。


子どもを対象とする教師育成コースには、学校によってコース名は異なりますが「TECSOL」「TEFL」「J-SHINE資格取得コース」があります。「J-SHINE資格取得コース」は日本の小学校で英語指導者として活躍することができる民間資格です(教員免許不要)。

授業は、自分でレッスンの内容を決めて教材を作成し、オリジナルのレッスンを作っていくという実践的な内容です。コースによっては、現地の学校への訪問もカリキュラムとして含んでいるので、おもしろいですよ!

児童英語.jpg   現地学校訪問.jpg


年齢制限なく、小学生から大人に教えたい
という方は、「TESOL」を受講します。対象に大人も含むため、学ぶ内容もさらに専門的になります。

TESOLは資格ではなく、教授法を学ぶためのコースなので、学んだことを形に残して帰国したいという方は「TKTテスト」を受けることをお勧めします。TKTテストはケンブリッジ大学試験部門が行なっている試験で、英語を教える能力を測る試験です。合否判定ではなく、3分野毎に4段階で結果が出て、受験した人は写真のような結果表を貰うことができるので、TESOLのコースを終了した後に、自分がどれだけ知識を身に付けられたかを客観的に見ることができて、お勧めです。

ブログ画像3.jpg    TKT成績表.jpg 

今年、転職や就職のために留学をしようとお考えの皆さん、ぜひ留学先でこの英語教師育成コースを受けてみてはいかがですか?

また、3/13(日)にWISHの東京オフィスで行なう「留学相談会」には、TESOLやTECSOL、TKTテスト対策コースを持つ学校のスタッフが参加します!これを読んで、興味を持たれた方、参加は無料なので、ぜひご来場いただき、直接学校スタッフに相談してみてください!!
カテゴリ:
語学学校

J-SHINE小学校英語指導者資格取得コース

みなさん、こんにちは! 東京オフィス留学カウンセラーの伊東です。
今日は私がニュージーランド滞在中に受講した小学校英語指導者資格取得(J-SHINE)のコースについてご紹介したいと思います。
2011年度から、小学校でも英語が必修化されますよね。WISHにも、キャリアアップに活かしたい!海外で資格を取りたい!将来英語の先生になりたい!という方から、このコースに関するお問い合わせが増えています。

授業内容は、児童心理年齢別の授業の組み立て方を学んだり、レッスンでよく使う歌やゲームを覚えたり、発音矯正模擬レッスンなどなど、とにかく内容が濃いです!子供にわかりやすいように絵を描いたり、カードを作ったりもします。ここが、絵のセンスのない私にはとても苦痛な作業でしたが、ニュージーランドの小学校に行って行う実習も必須で、それは現地の子供たちとふれあえて楽しかったですし、海外の教育の現場を見ることができて、とてもためになりました。

IMG_1642.JPG   CIMG1226.JPG


クラスの中の装飾も、一般英語のクラスなどとは雰囲気が異なります。

CIMG0779.JPG   
一般英語コースのクラス

IMG_1639.JPG   IMG_1643.JPG  
J-SHINEコースのクラス

短期集中で行われるため、とにかく大変です!!模擬レッスンの発表の前は寝る時間もないくらい。
でも、一生に一度、将来の夢のために、そのくらい勉強してもいいかな!?そんなに大変ならむしろチャレンジしたい!英語を教える側の視点から勉強してみたい!という方、お問い合わせをお待ちしてます☆
カテゴリ:
語学学校
  • 1