留学生&WISHスタッフブログ:海外サポートオフィス

新!パースサポートオフィス

9月20日からパースオフィスが移転しました。 



駅から徒歩15分程、サブウェイ、コーヒークラブに挟まれてとても便利な所にあります。
サブウェイはファーストフードですが、野菜がたっぷり入っているのでスタッフのお気に入り!!





広々とした綺麗な入り口にはお友達との待ち合わせにも利用出来るソファがあります。
お手洗い、シャワールームもあってホテル並みです。(笑)





エレベーターで15階まで上がって頂くとオフィスの入り口があります。
中に入ると、明るく広々としたオフィスに驚くこと間違いなし!大きな教会も見えて、夜景も楽しみです。




 

 



 

あれ、オフィスにオープンキッチン??って、思いますよね。
 









これはお客様用のカウンセリングテーブルなんです!

広々としたテーブルでゆったりとスタッフとお話ししてくださいね。



 

 



オリエンテーション時に大活躍のコンピューター。(机の上の赤色のものがPCです。)


移動も簡単に出来るので、スタッフへの質問も気軽に出来ますよ。
もちろん、コピーも大丈夫。パースでは一番安い白黒1枚10セントです!!






先日は学校スタッフをご招待しての、ささやかな引っ越しパーティをしました。
今後はお客様との交流イベントを企画する機会も増えると思うので、楽しみにしてくださいね。

お客様からの企画案もどしどしお待ちしております!


皆様とパースオフィスでお会い出来るのを楽しみにしてますね。

カテゴリ:
オーストラリア情報海外サポートオフィス

WISHニューヨークサポートオフィスより、留学レポート♪

 

みなさん、こんにちは。WISHニューヨークサポートオフィスのマスイです。
今日はニューヨークより現地情報や頑張っている留学生のご紹介などをレポートします!

 

-Free Outdoor Movies!-

アメリカらしい夏のイベントといえば、Outdoor Movie!
なんとニューヨークのさまざまな公園で無料で映画を観られるイベントなんです!!


タイムズスクエアからすぐ近くのBryant Parkという公園では、毎週月曜日にこのイベントが開催されており、仕事帰りのニューヨーカーたちはブランケットやディナーを持って、芝生の公園に寝そべりながら野外での映画を楽しみます。


マンハッタンの夜景とBrooklyn Bridgeを見ながら、映画を観られる野外公園は、雰囲気も最高です!映画も「Star Wars」の最新作から「Back to the Future」など、懐かしい名作まで幅広く上映しています。


留学生にとっては現地のアメリカ人とコミュニケーションを取る良い機会になので、大変おすすめのイベントです!

 

 

 

-BBQ in Brooklyn!!-

今月は、BrooklynのProspect Parkという自然いっぱいの公園で、私たちニューヨークオフィス主催でバーベキューイベントを行いました!今回も20人以上の方にご参加いただきました。


ビーフパティを焼いてオリジナルのハンバーガーを作るというアメリカンスタイルのバーベキューで、グリルの上でジューシーに焼くお肉は最高でした!ほとんどの参加者は、焼き肉スタイルのバーベキューしか経験がなかったようで、アメリカ風のバーベキューを楽しんでいました!!


その後は広大な芝生で、景品を懸けたチーム対抗のスポーツアクティビティも行い、参加者同士チームワークを高めて仲良くなってもらえました。


アメリカでは、休みの日にファミリーでこういったバーベキューなどをするのはよくある光景ですが、留学生だとこういう場所を知っている方は少ないので、「また新しい体験になった!」という感想をいただきました。

 

 

-ピックアップ留学生-


4月から長期で留学をしているT君は、普段から頻繁に現地オフィスに遊びに来てくれます。

レンタル携帯や銀行開設、チケットの手配から、学校での過ごし方や英語の勉強に関することなどご相談いただき、毎月の現地オフィスイベントにも必ず参加してくれて、趣味の一眼レフでイベントの写真を撮ってくれています!


将来は映画監督になるのが夢のT君は、映像機材なども購入したり、脚本の構成を考えるなど自分の夢に向かって日々頑張っています。


夏には自身の脚本を元に映像を撮りたいとのことで、現地オフィスで仲良くなった留学生のお友だちにも協力してもらい、ニューヨークを舞台に短編を撮る予定だそうです!

 

以上、ニューヨークオフィスより留学レポートでした♪

カテゴリ:
アメリカ情報海外サポートオフィス

スペイン留学中にオススメの日本食

こんにちは。スペインマドリードオフィスの近藤です。


さて、スペインもここ数年前から日本ブームで、漫画ブームは陰ることなく年々大きくなるばかりです。
日本の文化の象徴の1つとしてエキスポ漫画フェアは日本のアニメやコスプレおたくのスペイン人でにぎわっています。わたしの娘もアルバイトがてら館内で手伝いをしたりしているので先日ちょっと足を運んでみましたが、そこはフリッキーの世界そのものでした。今30代半ばになる主人(スペイン人)の甥っ子カップルはナルトおたくですし、娘の友人たちはニックネームをわざと日本名にしたりしています。

それにしても理解しがたいのはエキスポ漫画フェア会場でカップ麺などが4,5ユーロでで販売されていること。そして、日本のカップ麺もどきのスペイン製インスタントカップヌードルのまずいこと!

留学生たちも時々日本のインスタントラーメンが恋しくなるかもしれません。その場合、中華食材店で日清製品のインスタントラーメン、香港製のとんこつ味とごま味を買うことをお勧めします。
また、白いごはんが食べたくなったら、以前はスーパーマーケットDIA米がまあまあ美味しかったのですが、ここ数年味が落ちていて冷めたごはんは食べる気になりません・・・。
現在のおすすめはエル.コルテ.イングレスというメーカーのタラゴナ産地のお米です。このお米であれば、何とか手巻き寿司なども作れますよ。

留学中は特に食生活って大切だと思うので、ちょっとオススメ情報をシェアさえていただきました。スペイン留学中のご相談は、こんな日常生活に関することも受け付けていますので、留学中のみなさまはお気軽にお電話下さいね。


●WISHスペインおすすめ語学学校はこちら
●WISHマドリードサポートオフィス情報はこちら
●スペイン留学の資料請求はこちら

カテゴリ:
海外サポートオフィス

バンクーバーにて留学中のみなさまと新年会♪


こんにちは。バンクーバーオフィスの清水です。

9日(土曜日)にバンクーバーに留学中のみなさんと新年会を開催しました!

総勢29名にてワイワイガヤガヤと賑やかな新年会を行うことができました。

 

新年会では私たちバンクーバーオフィススタッフが用意したお料理が大好評でした。

カナダに留学中とはいえ、やっぱり日本文化はいつでも良いものなのでしょうね。または、留学中だからこそ、日本食が恋しかった、というのが正解かもしれません(笑

 

おせち料理とお餅料理、どちらも人気でした。おせち料理は蓮根のきんぴら、黒豆、大根の煮物、枝豆、伊達巻、かまぼこを用意しましたが、特に人気があったのは伊達巻でした☆


そしてお餅料理はお雑煮のほかに、焼いたお餅もご用意。つけあわせは、あんこ(こしあん・つぶあん)のほかに、大根おろし、バターしょうゆ、海苔などさまざまご用意しました!

 

でもやっぱり人気があったのはお雑煮で、中には5杯以上食べた方もいらっしゃしました(笑)

 

おいしいと言って食べて頂けて私たちも嬉しい限りです♪

 

こちらは集まった留学仲間たちとバンクーバーオフィススタッフとで記念撮影★

 

バンクーバーオフィスでは定期的にイベントを開催しています。こういう場で知り合った留学仲間と切磋琢磨していい仲間関係を築いていただけたらなーと思ってます。


バンクーバー留学に来られた際は、ぜひ積極的にご参加くださいね!

カテゴリ:
WISHでの出来事海外サポートオフィス

クリスマスシーズンに現地オフィスと学校から届くモノ♪

 

こんにちは。本日はいよいよクリスマスですね!

留学中のみなさま、海外でのクリスマスを楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

 

毎年クリスマスシーズンにはWISH現地サポートオフィスと海外の語学学校や大学、高校からクリスマスカードやメールが届きます♪

 

届いたカードはこんな風にクリスマスツリーの下に飾っています。

 

 

クリスマスカードのほかに、Season’s greetings(又はSeason's greetings)というカードもたくさん届いています。これらはクリスマスのお祝いと新年のご挨拶両方が添えられている事も多く、カラフルなカードの到着は、新年の訪れも併せて感じさせてくれます。

 

また、メールでもたくさんのSeason’s greetingsが毎年さまざまなパターンで送られてきます。

 

こちらはWISHバンクーバーオフィスから届いたSeasons's greetingsメールに添付されていた写真。みんな、赤白に揃えて、ばっちり決めてます。

 

そしてこちらがメインのSeason's Greetings♪

 

メール開封時にスタッフみんな笑っていました。「Season’s greetings」を笑いに変えるとってもお茶目なサポートオフィスですが、みなさまが留学される際はしっかりとサポートさせて頂くのでご安心くださいね。

 

さてさて今日はクリスマス本番☆

 

みなさま素敵な一日をお過ごしくださいませ!

カテゴリ:
WISHでの出来事スタッフの日常海外サポートオフィス

スペイン留学中におすすめしたい穴場スポット

こんにちは。マドリッドサポートオフィスの近藤です。

 

12月11,12日にとひなびたサラマンカ地方のモガラス村に滞在してみました。初めて訪れたのですが、スペイン留学中に訪れていただきたい穴場の一つになりました。なのでちょっとどんんなところかお伝えしたいと思います。

 

 

今回の旅は日常の仕事、生活から一切離れて自分を無にしてリラックスするのが目的でした。 これは集中して神経を使って外国語の勉強をしている留学生にも有意義と思います。まず、自宅から3時間以内のところでスパがある宿の条件で宿を探しました。見つけたのがサラマンカから約85キロ離れたMOGARRAZ(モガラス)村だったのです。 築1600年代の家がある本当に何もない村ですが、とても気に入ってしまいました。

   

 

この村は州により村おこしを行い、復興した村です。5,6年前から1人の画家が修復した村の家屋に、そこに住んでいた村人たちの肖像画を家の壁にところ狭しと飾ってあり、大変ユニークな展示でした。

 

 

 

この地方の名物はイベリコ豚で有名な最高級ハムベジョータ、イベリコ生ハムの産地でお肉料理のオンパレードです。お肉はなるべく避けたい私でしたが、 名物を食べないのはナンセンスと思い、夕食として試すことになりました。 夕食は軽くするスペインの食習慣の事情もあり、やはり私にはかなりきつかったです。。。

 

この小旅行中はその近辺にLA ARBERCA(ラ.アルベルカ)村、 CIUDADO RODORIGO(シウダド.ロドリーゴ)村の観光地もあり、立ち寄りました。

 

何もしないのが目的の旅でしたので、ただただ街の散策です。私の主人は仕事が続き疲れ果てていたようで、 頭を使って観光はしたくないというので、以前から興味津々だったおまるの博物館に私は入りたかったのですが、入れませんでした。(残念) どなたか行かれたらどんなだったか教えてくださいね。

 

(おまる博物館)

 

しかもスパの温水プールで滝に上半身当たりすぎたか、首、肩の筋肉痛がまだ続いています。。。

 

(今回宿泊した宿)

 

・・と、スパでの反省はあるものの、それでもやはりこの村が気に入り、この小旅行は行ってよかったなって思ってます。日常生活を離れ何もないリラックスするための旅、というのは実現できました。日本の建物は新しいものが多く、こういった古い家屋は珍しいですよね。そういった意味でも一見の価値ありだと思います。

 

留学中にもし機会があれば、ぜひ訪れてみてくださいね。

カテゴリ:
海外サポートオフィス

カナダ料理ってなんだろう?トロントの食事事情をご紹介♪

こんにちは、カナダのトロントの現地サポートオフィスの藤です!

このブログを書いている今は、サッカーワールドカップの真っ最中でございます。 面白いことにカナダは出場していないにも関わらず、トロントはW杯で大盛りあがりなんです

前回のW杯の決勝戦のときは、こんな状態になりました!

 

というのも、ここトロントは世界中津々浦々から人が集まっている国際色豊かな街。 みんな自分たちの出身国や先祖の国を誇らしげに感じながら、応援をしているんですね。

ワールドカップが始まってからというもの、 自分の出身国の国旗を掲げた車を多く見かけるようになりましたよ~。

 

 

どさくさに紛れて、カナダの国旗を掲げている車もいたので、 「おい!カナダは出場してないよ!(笑)」と、ツッコミをいれておきました。

ちょうど週末に、道行く車を数えてみたところブラジルはもちろん、ポルトガル、イングランド、 ドイツ、フランス、イタリア、イラン、ギリシアなどなど…

多民族シティー、トロントならではの光景ですね。

 

*****

 

ところで、話題は変わりますが、今日は、 あまり知られていないカナダの食事についてお伝えできればと思っています!

カナダに来る前、私が知っていたのは「サーモン」「メープルシロップ」だけ(笑)両方料理ではない…(笑)みなさんは、何か心に浮かぶカナダ料理のイメージはありますか??トロントに来て分かったのですが、実はサーモンもメープルシロップも 思っていたほどよくは食べていませんでした(笑)

では、トロントの人たちは何を食べているのか・・・?

ここで、ようやくさっきのお話につながるのですが、 それは「色々な国からの人がいるので、なんでも食べます!」が答えです(笑)

 

ぜひ、トロント留学の際にはフードコートに足を運んでみてください。 中華料理、ギリシャ料理、ハンバーガーショップ、日本食、メキシコ料理、 韓国料理、ジャマイカ料理、中近東料理、インド料理などなど、ご飯だけで世界旅行できそうです。特に日本食は、カナダ人に人気です。 おしゃれで、ヘルシー♪そんなイメージです。トロントは日本食レストランが、マクドナルドの数よりも多いくらい人気なんですよ♪ でも、大体はカナディアン風にアレンジされちゃってることが多いです。笑  

 

 

 

トロントはエスニックタウンがあるので、ちゃんとその国々のスパイスや、 食材などをトロントで入手できるのも特徴で、 かくいう私も家ではバーモントカレーやうどんや煮物など 日本食をいつも作って食べてます。やっぱり恋しい日本食ですね~。

 

最後に。

 

カナダ何の名物料理もないの?という質問がでてきそうなので(笑) カナダでカナダ人に愛される地元料理をちょこっと。。

 

1)プティーン

 

 

ポテトにグレービーソース、チーズがかかったスナック感覚で食べる料理。 この組み合わせは、日本人には「?!」ですが、一度食べると意外とはまってしまいます。

 

2)チキンウイング

 

 

鳥の手羽のから揚げ&ソースがけ。パブ料理として有名で、ソースは辛いものが好まれることが多いです。こちらも日本人には「?!」ですが、意外とはまっちゃいます!

 

3)番外編としては、カナダで愛されているカクテル「シーザー」

 

ウォッカを「カラマト」というハマグリエキス入りのトマトジュースで割ったドリンク。 野菜スティックと一緒にサーブされることが多いので なんだか、サラダを食べてる感じになります。おいしいですよ!

 

カナダ留学を予定されている方は、ぜひ滞在中に一度試してくださいね♪

 

カテゴリ:
カナダ情報海外サポートオフィス

ニュージーランドの動物愛護とペット事情

こんにちは。WISHオークランドサポートオフィスの昌代です。

 

今日は動物愛護の先進国ニュージーランドにおけるペット事情をご紹介したいと思います。

 

ニュージーランドの約70%の家庭で、ペットを飼っています。

 

特に飼われている猫は数が多く、全国で140万匹という統計が出ています。ニュージーランドの人口は440万人ですので、猫の割合はかなり多いと言えます。 動物を愛する国民らしく、動物愛護団体はSPCA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals 動物虐待防止協会)をはじめ、48の独立団体が存在し、ペットショップでペットを買うよりも、愛護団体から引き取る人が多いです。

 

SPCAは190年前に元々イギリスで設立された団体で、ニュージーランドでは130年前に設置され、殆ど寄付金で運営されています。動物の里親への譲渡率はほぼ100%で、年間約15,000匹の動物が引き取られていきます。驚くことに殺処分は行われていないのです。2010年には動物福祉法が改正され、動物を虐待した人には実刑や罰金など重い罰に処せられます。

 

実は私も写真のジャーマン・シェパードを3年前にシェパード愛護団体から引き取りました。

 

 

シェパード愛護団体に引き取りを考えている旨を連絡すると、責任者がまず環境査定に来ました。庭が適度に広いか、フェンスがあるか、昼間長時間誰も家にいなくて、犬が孤独にならないか、犬の知識があるか、犬を飼った経験があるかなどを質問され査定されます。査定に通り、1週間後に適した犬がいる旨の連絡が責任者からありました。犬を見に行き、気に入ったのでその場で連れて帰り、2週間トライアルで飼ってみました。2週間後、犬も新しい環境に慣れ、私たち家族とうまくやっていけそうなので、法律的に登録手続きなどを行いました。 名前はオジー(Ozzi)と名付けました。

 

実はオジーは悲しいことに前の飼い主の元でかなり虐待されていて、今より15キロも痩せていました。大きな音や人間にかなり怯え、何をするにも人間の機嫌を伺っているような様子でした。今では体重も増え(少し増えすぎ??)すっかり家族の一員となり我が家を守ってくれています。クリスマスには犬と愛犬家が集うクリスマスパーティがビーチで行われ、私のオジーも緊張しながら無事にビーチデビューしました。ニュージーランドには犬が自由に散歩できる綺麗なビーチが至る所に存在し、まさに犬にとってパラダイスです。

 

 

動物愛護団体で動物の世話や施設の掃除などのボランティアをする子供たちも多いです。こちらにワーキングホリデーでこられているWISHのお客様の中にも、以前このボランティアに参加さ れている方がいました。動物の命に関わるすごく意味のある活動ができて、かつ地元の方との交流もでき生の英語にも触れられる、ということで、留学生も興味を持つ方が多いのです。

   

このようにニュージーランドは動物を通して命の尊さの教育活動にも力をいれています。

 

留学とちょっと直接関係のないお話になってしまいましたが、ニュージーランドのことを少しでも知って頂ければと思い、今日はニュージーランドの動物愛護・ペット事情をご紹介してみました。よく、ニュージーランドに留学に来られた方たちには国民がとても優しいことに感動した、といわれますが、住んでいる私たちもそう感じます。こういったニュージーランドの良さは本やパンフレットではなかなか説明が難しいのですが、こういった動物愛護精神にもその優しさが表れてるのではないかな・・と思います。

 

これはほんの一例でニュージーランドにはたくさんの魅力がありますので、ぜひ実際に来てみて良いところを直接発見していただければ嬉しいです。

 

皆さまのお越しをお待ちしておりますね。

 

カテゴリ:
ニュージーランド情報海外サポートオフィス

スペイン留学、サッカー文化体験のススメ  

こんにちは。
WISHマドリッドサポートオフィスの近藤です。

W杯では、日本は1次リーグ敗退と残念な結果に終わってしまいましたが、
スペインも敗退してしまいました。。
前回のW杯の優勝国でしたのに、とても残念です。

しかし、スペインはサッカーが最も人気のあるスポーツで、
サッカー熱はそれは想像を絶するすごさです。

入場券も想像をはるかに超えるプレミアム入場券が販売されています。

現在、マドリッドでは、1部リーグの「レアル・マドリッド」と、
「アトレテイコ・デ・マドリッド」の2チームが絶好調。
多くの熱狂的ファンがいます。


 
留学中に、直接サッカースタジアムの窓口で
場所を確認しながらチケット購入を挑戦してみるのも、
スペイン語の練習にもなると思いますし、おススメです。

また、一生に一度の思い出として高額でも確実に入場券を取っておきたい方は
WISHサポートオフィスに購入についてご相談いただけます。  

試合を見に行く予算がないという場合は、スタジアムの見学ツアーなどもあるんですよ。



この栄光あるクラブの優勝カップ、更衣室などを見ているだけでも
わくわく感が湧き上がってくると思います。

 





また、スタジアムにある公式ショップも規模が大きく、買い物も楽しめます。
お気に入りの選手の背番号付きのユニフォームを買って思い出をぜひ倍増させてください。

(ちなみに私は、クリスチアーノ・ロナルド、イケル・カシージャスの
ユニフォームがほしくて、公式ショップめぐりをしました。
3か所まわって売り切れていたたのですが、ようやくスタジアムの
一番大きなショップへいって手に入れることができました。
これらのスタジアムは、世界中からファンが訪れているスポットです。)


スペインではサッカーは生活の一部といっても過言ではありません。

なので、スペイン留学中にはスペイン語習得だけでなく、
ぜひスペイン文化であるサッカー熱を味わっていただきたいと思います。

そうすると、より一層スペイン留学の深みが増すと思います。

サッカーファンのみなさんはもちろん、そうでない方も、
スペインへ留学の際はぜひ、サッカーに触れてみてくださいね。




 

 

     

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報海外サポートオフィス

サンフランシスコ留学中、一度は見ておくべきイベントとは?

こんにちは。WISHサンフランシスコサポートオフィスの松島です。
皆さん元気でお過ごしですか?

これから日本は9月23日の秋分まで長~い、暑~い日々が続くかと思いますが、
夏バテなどで体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

さて、こちらサンフランシスコは6月、7月は日中は20~25度位まで気温が上がりますが、
朝夕は、相変わらず10~15度と結構寒くなり毛布の2、3枚は必要です。
(特に沖縄出身の私は更に薄手の布団を掛けて寝ています...。)

そして、雲ひとつ無い何処までも高い青空と虹色の旗。

そうです、こちらサンフランシスコは6月はゲイ月間で、メインのMarket通沿いは、
東の端フェリービルディングから、西の端に有るカストロエリアまで写真の様な、
レインボーフラッグが街路灯に付けられてます。

 

そのゲイ月間の期間中、色々なイベントが市内で行なわれてます。
サンフランシスコのこのイベントは、今年で44回目で1970年から続くイベントです。

その中でも最も大きなイベントが、6月の最終週末(29日)に開催されるパレードです。

これは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの人達や其の人達をサポートする人達が、平等人権を訴える行動のパレードで、アメリカでは最大規模のLGBTのイベントパレードです。

メイン会場のシティーホール前広場では色々な催物ブースも有り、メインのステージではショー等も有り、パレードもそうですが、なかなか日本では見れない全裸の参加者も中には出てきたりします。

私も、数年前に一度みましたが、ゲイではないので1回見ればいいかな~(笑)

とりあえず、サンフランシスコ留学の際には、日本にはない珍しいイベントだと思いますので、
一見の価値ありです。

カテゴリ:
アメリカ情報海外サポートオフィス