留学生&WISHスタッフブログ:ワーキングホリデー

ボランティア

こんにちは。名古屋オフィスの木村です。
今回は私がオーストラリアにワーキングホリデーで滞在していたときに経験した約1ヶ月間のボランティアをご紹介します。

ゴールドコーストで3ヶ月間通った語学学校を卒業し、仕事を探すか、旅行に行くかと迷っていた時期に、街で偶然「アニマル・ボランティア」の体験談を見つけました。

子供の頃から動物好きだった私は、その体験談を読んで興味を持ち、ホームステイ先から車で約30分のそのボランティア先にホストファザーに連れて行ってもらいました。

動物保護犬ケージ.jpgそこは捨てられたり、飼い主の事情で飼ってもらえなくなった犬と猫が保護されている施設のようなところ
です。犬や猫を飼いたい人は、いつでもそこに行って、保護されている犬や猫を見ることができ、気に入った子がいれば手続きを経て飼い主となることができます。

保護されているのは生まれたばかりの子から10歳以上と年齢も種類もさまざまです。
スタッフに、どのくらいの期間保護してもらえるのか聞いてみたところ「新しい飼い主が見つかるまでずっと」との答えが返ってきました。日本とは大違いで驚きました。人気のある種類や若い子のほうが飼い主が見つかり易く、老犬や老猫はその施設に残ってしまいがちなのですが、でも、スタッフやボランティアたちからとても大切にかわいがられているのを見て、決して居心地は悪くないだろうな、と思いました。

犬シャンプー.jpgそこでボランティアをすることになった初日は、犬たちがはじめて会う私を威嚇したりしないかと少し心配しましたが、どの犬もとても人懐っこく、ゲージに入る前から尻尾を振って私を待ち構え、入ると同時に飛びついて来てくれました。とても訓練されていて、決して噛み付いたりもしません。私たちボランティアに任せられる主な仕事は、ゲージの掃除や餌やり、散歩などですが、他にも、オーストラリア人のボランティアが週に一度ビーチウォーキングに連れて行ったり、定期的にシャンプーをしたりします。

猫えさ.jpgまた、猫のボランティアの仕事の一つに「カドリング」といって、一緒に遊んで触れ合うというものもありました。これは新しい飼い主に引き取られる前に人間に対する警戒心をなくすためのもので、とても大切なことなのです。専門知識や経験があれば、それ以上のこともでき、例えば、動物病院で働いた経験のある日本人の女の子は、獣医の手伝いもしていました。

大好きな動物と触れ合うだけでなく、ボランティアを通して、地元の人と話す機会もたくさん持てるので英語の勉強にもなりました。

皆さんも、留学やワーキングホリデーで渡航された際には、ぜひご自分の好きなことや得意なことを活かして、ボランティア活動などに参加してみることをおすすめします。
カテゴリ:
ワーキングホリデー

留学中の節約術

こんにちは! 東京オフィス留学カウンセラーの川村です。
まだまだ寒い日が続きますが、皆さん体調を崩していませんか?

寒いと言えば冬はとっても寒いカナダの東部
12月にトロントに滞在した時には、夜はマイナス20度まで下がる日もあり、耳がちぎれそうになった感覚を今でも覚えています。

ナイアガラの滝.jpg   トロントの街並み.jpg

そんなトロントから帰国したSちゃんが、先日オフィスに遊びに来てくれました。

Sちゃんはワーキングホリデーで1年間カナダに滞在していました。たくさん聞かせてくれた想い出話の中で私が一番驚いたのは、「1年間、バイトしませんでした!」という一言

「毎日毎日、外国人の友だちと遊ぶのが楽しすぎて、バイトのために遊びを断りたくなかったんです。なんとか節約しながら生活しているうちに、結局1年間バイトをせずに過ごすことができました」とのこと。

正直、出発前のSちゃんは、バイトしなくても1年間過ごせるほほどのお金を貯めているようにも見えなかったのですが・・・(Sちゃんゴメンネ・笑)

Sちゃんがどのように過ごしてきたかを、ここでご紹介しますね。

まず、日本で友だちと遊びに行く場合、ショッピングやカラオケ、居酒屋にお酒を飲みに行くなど、結構お金がかかりますよね。海外に滞在していると、ただ集まってお喋りするのも遊びという感覚なんです。誰かの家に集まって、みんなで喋って騒いでのホームパーティーをしたり、公園でバドミントンやフリスビーをして遊ぶこともよくあります。パブ.jpg

また、外に飲みに行っても、海外のパブではカウンターで飲みたいものだけを注文するスタイルなので、お酒の苦手なSちゃんは、$3程度のコーラをカウンターで頼み、その1杯で数時間、周りの友人とお喋りする日々だったそう。当然、家賃や食費はかかりますが、Sちゃんはそれ以外の「遊び」の部分を安く抑え、そして予想以上の【英語力の上達】を実現してきたのです!

日本は物に溢れ、他国に比べて生活水準も高い方ですが、その分何をするにもお金がかかる気がします。海外での留学生の遊びは、心を豊かにし、そして何より人との出会いの大切さ感じることができます。そして、その出会いは一生モノです。

「しっかり勉強したいから、ワーキングホリデーではなく語学留学にしたい。でもお金が心配」という方も、「ワーキングホリデービザを取得できる年齢ではないので・・・」という方もご安心ください。カウンセリングでは生活面についてもアドバイスします♪

英語力が上達するかどうかは自分次第とよく言われますが、楽しく節約できるかどうかも自分次第なんです。その方法を伝授しますので、お気軽にご相談くださいね。
カテゴリ:
ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

こんにちは!
東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。

肌寒い毎日ですが、皆さん体調は崩されていませんか?
今日は、来年度のビザの詳細が気になる
「ワーキングホリデー」についてご紹介しようと思います。

ワーキングホリデーとは、海外で1~2年間、学ぶ、住む、働くなど
自由な時間を過ごすことができる制度です。
ワーキングホリデー制度がある協定国は現在12カ国
英語を学ぶ、現地でアルバイトをしながら生活する、旅行を楽しむ、などなど、
目的に合わせて、さまざまな過ごし方ができます。

私も以前この制度を使ってニュージーランドに滞在しました。

私は渡航後まず、語学学校に通いました。
英語力を付けるために通った学校ですが、たくさんの友人ができて
学校が終わった後も一緒の時間をたくさん過ごしました。
私のワーホリ生活が充実したのも、彼らとの出会いのおかげです

学校が終わった後は、
日本食レストラン、野菜の収穫、ベビーシッターの仕事をしました。


他にもボランティアをしたり・・・・
     子供と①.jpg     子供と②(紙芝居).jpg


旅行をしたり・・・・

木.jpg  キウイ標識.jpg  トーテムポール.jpg


真夏のクリスマスを体験し、こんなものも食べました!

    真夏のサンタ.jpg   豚の丸焼き.jpg


学校に通うことは出発前に決めましたが、
現地で何ができるのか、どんな仕事に就けるのかはまったくの未知の世界
出発前は不安もありましたが、現地に行くと、
不思議といろいろな道が開けるんですよね。

帰国されたお客様から
「迷っていたが、思いきって仕事を辞めてワーホリに行って良かった。」
「ワーホリを体験したことで積極的になれた
自信がついた
という声を多くいただきますが、私も全く同じ感想です。

ワーキングホリデーでの出会いや日本ではできない貴重な体験は、
お金では買えない、その人だけの大切な経験です。

ワーキングホリデーは年齢制限がある制度なので、まさしく「今」しかできないこと。

行った人にしか味わえない気持ちを、皆さんもぜひ味わってみませんか?

WISHでは、11月にワーキングホリデーのセミナーが数回開催されます!
準備の進め方やプランの立て方、こんなことしたいけどワーホリでできる?など、
ワーキングホリデーに関するさまざまな情報をお伝えしますので、
興味のある方は是非ご参加くださいね!!

↓↓↓イベント情報はこちら↓↓↓
http://www.wish.co.jp/event/

カテゴリ:
ワーキングホリデー

バッパーのメリット・デメリット

こんにちは。名古屋オフィスの木村です。

今回は、海外での滞在方法の一つ
『バッパー(バック・パッカーズ)』をご紹介したいと思います。

長期間の語学留学ワーキングホリデーなどで現地に長期滞在する際、
普通のホテルに滞在し続けることは経済的に難しいと思います。

そこで多くの人が利用する一つが、通称『バッパー』と呼ばれている安宿への滞在です。


バンク・ベッド.jpg
バッパーは1部屋が4~6人用の相部屋で、
共同のキッチン、トイレ、シャワールームがあります。

中には1部屋10人や12人なんてところもあり、
男性と女性が一緒の部屋という所が多いですが、
男性部屋、女性部屋と部屋を分けているところや、
女性専用のバッパーもあります。


基本的に食事は出ませんが、バッパーによっては決められた時間に限り、
朝食にシリアルやパンを自由に食べることができるところもあります。

また、インスタントコーヒーとティーパックがキッチンにあり
いつでも自由に飲めるという所もあり、バッパーによってサービスは様々です。

バッパーは安く宿泊できるという点では嬉しいのですが、デメリットもあります。

先ほどご紹介したとおり相部屋ですので、プライベートを確保することは難しいです。

見知らぬ人達と同じ部屋を使うので、貴重品はもちろんのこと、
その他の持ち物の管理もしっかりとしなければいけませんし、
シャワールームも共同となるので、他の人が使用していれば空くまで待たなくてはいけません。

でも、それ以上メリットもたくさんあります。

飲み会.jpgそのうちの一つが、部屋があればいつでも宿泊でき、
自分に合わないと思えば次の日にでも出られること。

シェアハウスでは出て行くだいたい2~3週間前に
大家さんに伝えなければいけませんし、
短期の滞在はできません。

そして最大のメリットは、
何と言ってもたくさんの人達に出会えることです。

世界中の人達が利用するので、
本当に様々な国籍の人達に出会うことができます。
その人達との会話はもちろん英語です。
仲良くなって話をしたり一緒に遊ぶことで、
英語の勉強にもなりますよ。

私はオーストラリアに滞在中4ヶ月ほどファームで働いていましたが、
その間ずっと同じバッパーに宿泊していました。

その時に知り合った友達の中に、料理がとても上手な子がいました。

ある日その子がみんなのために料理を作ってくれました。

日本人、イギリス人、ドイツ人、フランス人、アイルランド人、ベルギー人など
多国籍なメンバーでテーブルを囲み、みんなで食事をしたことは本当に楽しい思い出です。

それ以外にも日本料理を作って一緒に食事をしたり、パーティーをしたり、
キャンプに行ったりと、たくさん素敵な思い出を作ることができました。

バッパーに宿泊すると楽しいことばかり!・・・とはいきませんが(笑)、
色々な国籍の人達と知り合うことで、全く違う文化に触れることができますし、
自分次第でたくさんの友達を作ることができます。
これからワーホリに行かれる方には、ぜひ体験して頂きたいなと思います♪
カテゴリ:
ワーキングホリデー

ニュージーランドの最北端と最南端

こんにちは。東京オフィス・ケアカウンセラーの大澤です。

先日、ニュージーランドのクライストチャーチ(南島)でマグニチュード7.0の大地震がありました。日本ではそれほど大きく報道されませんでしたが、建物の外壁が崩れたり、市内の広い地域で停電になっていました。幸いにも死者はゼロでしたし、WISHのお客様にはクライストチャーチオフィスを通して、すぐに全員の安否確認ができ、ケガなどされた方もいらっしゃいませんでした。


クライストチャーチはオークランド(北島)に続く、ニュージーランド第2の都市です。街中にはエイボン川が流れ、緑の多いすばらしい街です。「イギリス以外で最もイギリス的な街」とも言われます。週末になると地元の人たちが大聖堂の前で路上チェスを行っていますので、興味のある方は是非挑戦してみてくださいね。

エイボン川にてパンティング!.jpg    大聖堂前でのチェス.jpg


ワーキングホリデーで渡航した際に、ニュージーランドの北島・南島ともに車で周りました。たくさんの思い出深い場所の中から、今日は、ニュージーランドの最北端と最南端という究極の2箇所をご紹介します。

レインガ岬(神聖な場所).jpg

人が行ける最北端にはレインガ岬という岬があり、ここからの眺めは最高です!
「レインガ」とはマオリ語で「飛び立つ場所」という意味で、死者の魂が旅立つ神聖な場所とされています。





地球上最南端のマクドナルド.jpg


南島の最南端部に位置する町インバーカーギルには地球上で最南端のマクドナルドがあります。
ちなみにメニューは普通です。(笑)






時間を自由に使えるワーキングホリデーは、旅行にたくさん行けるのも魅力の一つ。今日ご紹介した場所にも、機会があれば是非行ってみてくださいね!

カテゴリ:
ワーキングホリデー

ダイビング

こんにちは!

東京オフィス留学カウンセラーの糟谷です。

毎日、暑い日が続いておりますが、お元気でしょうか?

こんなに毎日暑いと、一日中水の中に浸かっていたくなりますね。

 

みなさんは夏はお好きでしょうか?

私は夏が一番好きです。

正確にいうと、暑い夏に、冷たい海やプールに

浸かって涼しくなることが大好きです(笑)!

 

ということで!

「水に一番浸かっていられるのはスキューバーダイビングだ!」

と思い立ち、先日、伊豆下田のほうに行ってまいりました。

こんな風に言うと頻繁にやっているようですが、

実は日本でダイビングをやるのは初めてです

 

僕の初めてのダイビングは、オーストラリアのワーキングホリデー中。

パースでオープンウォーターライセンスを取得しました。

 

OW.jpg 

   

2回目は、念願の、ケアンズにある世界遺産グレートバリアリーフ

でのファンダイビング!

 

船.jpg

 

ケアンズでのダイビングは、まさに

竜宮城に着いた浦島太郎のように最高の気分でした。

 

 魚小.jpg

 

色鮮やかな珊瑚礁に、熱帯魚たち、その他にも

ナポレオンフィッシュに、亀、カクレクマノミなど、

海の透明度も高く、まさに夢見心地・・。

  

亀.jpg

 

死ぬまでに一度は見るべき光景ですね!

 

 

スノーケル準備.jpg

 

そんな、忘れられない印象をもったダイビングだったので、

今回予約してからもずっとワクワクしていました。

(正直言うとちゃんとできるかどうか不安も大きかったのですが・・・)

ところが猛暑が連日続き、毎日ギンギンに晴れていたにも関わらず

ダイビング前日は大雨!!!前日のテンションはガタ落ちでした。

 

ですが当日は、自称晴れ男が天気予報を変えることに成功し(?!)、

見事に晴れ渡りました!

 

さていよいよダイビング本番、いざ準備をして、

ビーチエントリーでスタートしましたが、

久々でかなり緊張しました(笑)

息が荒くなり(汗)、酸素は急速に減ってしまいました。

なんとポイントについた時にはすでにボンベは半分に。

それでも残りの酸素で、何とか楽しむことができました。

 

やっぱり透明度は低く(雨の日の翌日だったので)、

まったくもって竜宮城とはいきませんでしたが、

うつぼや鯛、わかめ、こんぶ(笑)などに触れあうことができ

満足のダイビングでした。

何よりも無事に終わってよかったです。

 

でもやっぱり次はまたケアンズの海で潜りたいですね~。

 

カテゴリ:
ワーキングホリデー

フランス・ワーホリでシェフに!

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの藤墳(ふじつか)です。
今年も早、折り返し地点!皆さんは、年頭にどんな目標をたてられましたか?
わたしは、「身の周りを美しく。捨てられるものは捨てる」

・・・・・・・・・・・

折り返し地点!
今日からまた、改めてデスクのまわりから始めていくことを、ココに誓います。

さて、本題です。
先日、代々木にあるイタリアン・レストランに行きました。
料理を美味しくいただいた後、そろそろ帰るかと身支度をしていたところ、
お店のシェフに、「お食事は楽しんでいただけましたか?」と素敵な笑顔で聞かれました。
海外ではよく聞かれましたが、そういえばここ何年もこの言葉、耳にしなかったなぁと、
何だか幸せ~な気分で家路につきました。

イタリアン・レストランに出かけると、いつも頭に思い浮かぶ人がいます。
それは、私の担当したお客様、金子さん。
リヨン郊外の専門学校を卒業後、ボストンでお仕事を経験され、
現在は、フランスにワーキングホリデーで渡航中です。

NICE.jpg  NICEビーチ.jpg

到着後すぐは、語学学校インターナショナル・ハウスのニース校に通われた金子さん。
登校初日にさっそく、学校の日本人スタッフに仕事について相談したそう。
そのスタッフがWEBであるレストランの募集を見つけてくれ、
その足で、履歴書もないままお店に行って、その場でシェフとして採用!
現地到着2日後に仕事を見つけるなんて、さすが、金子さん!
ちなみに、インターナショナル・ハウス・ニース校は、日本人スタッフがとっても気さくな方で、藤墳イチオシの学校です♪


ALTO.jpg  ALTOの人たち.jpg

金子さんはフランス滞在中の様子をブログに書かれています。
ALTOという彼が働くレストランの日々の出来事や、彼が作る料理について書かれていて、
そこには、食材と人に対する感謝がギュッとつまってるんです。
何だか幸せ~な気分が漂うそのブログから、
わたしの好きなエピソードの記事をちょっとご紹介しますね。

↓↓↓
☆本日の出来事☆
今日は少しだけ人の役に立てました。
ALTOのシェフ、ステファノには兄弟がいます。パウロという名で、同じくレストランを経営。
どーやら日本人のお客さんが来たようで、メニューの説明をしても話しが伝わらない様子。
で、ALTOに電話がかかってきました。僕にメニューの説明を電話でして欲しいと。
レストランメニューを送ってもらって、だいたいで説明。
だって見た事ないし。メニュー名で想像。
初の経験だったから少々戸惑いましたが、少しでも人の役に立てて良かった。

テリーヌ.jpg  マリネ.jpg
↑↑↑

きっと、そのお客さんはその日、ニースでとってもHappyな時間を過ごせたんだろうな~。
と、その記事を読んで、思わずニッコリしてしまいました。
だから、皆さんにも少しおすそ分けです。
わたしも、日々感謝を忘れずに皆さんと接して、このWISH新宿オフィスで、
皆さんが少しでも「何だかHappy」な時間を過ごしていただけたらなと思っています。
これからも、よろしくお願いします。

まずは・・・デスクのまわりから!ですね。

※金子さん、お写真やブログ記事の使用をご承諾いただき、ありがとうございました。
ALTOの人たち2.jpg

カテゴリ:
ワーキングホリデー

龍馬に会ってきました!

こんにちは。東京本社の横峯です。皆さん、週末はいかがお過ごしでしたか?

わたしは連休を利用して、四国に旅行に行ってきました。坂本龍馬.JPG

初めての四国上陸!ドラマ「坂の上の雲」や「龍馬伝」で話題ですよね。天気もよかったので、観光客も多くて、とっても賑わっていました。

 

高知の桂浜では、坂本龍馬の像も見てきました。
「すごく大きい」とウワサには聞いていましたが、やっぱりかなり大きくて、しかもすごく高いところにあって、いっしょに写真を撮るのも一苦労でした(笑)

 

そんな旬の龍馬もあこがれた海外。今
の時代だからこそ、海外滞在も思い立ったらすぐに実現できます!
WISHでは現在、みなさんの海外滞在を応援する、ワーキングホリデーのキャンペーンを実施中です。

3月中のお申し込みが対象なので、オーストラリアでのワーホリをご検討中の方、お急ぎください!!

http://www.wish.co.jp/camp/detail_ausWH2010.html

 

 

カテゴリ:
ワーキングホリデー
  • 1