留学生&WISHスタッフブログ:2016年7月

新たな学校で目標に向かって頑張る毎日!

 

こんにちは!!名和美波です。


今回は、私が6月から通いはじめた新しい学校でのスクールライフをお伝えします!

 

以前の学校とはまた雰囲気も学習方法も違い、はじめは戸惑うこともありましたが、すぐに慣れました。

 

以前の学校ではスピーキングを重視していて、学校みんなで校外学習のようなものに参加するなど、
その学校はその学校での良さがあり、アットホームな雰囲気も好きでした。


新しい学校は、NZLCという語学学校で、規模がとても大きく、コースもさまざまなので幅広く学ぶことができます。
また、すぐに異国の友達がたくさんできて、毎日学校に通い、友達と話すのが楽しくて仕方ないです!

 


私自身、日本人とあまり話さないようにしているためか自然と日本人の友達よりも異国の友達の方が多いです。
休日や放課後も、異国の友達とよく遊んだり、ご飯を食べたりして、リフレッシュしています♪
また、ファミリーにいろんなところに連れて行ってもらい、毎日美味しいご飯を食べています♪

 


そして、私の今の先生はアメリカ出身の先生なので、ニュージーランド英語とアメリカ英語の違い(特に発音)まで教えてくれるので、とてもためになります。
また、私のクラスメイトはとても学習意識が高いので、お互い高め合ったり、先生に聞かずに自分達で教えあったり話し合ったりすることも増えてきました。


そして、グループでプレゼンに挑んだり、実際の生活に寄せたロールプレイをしたりと、すごく実践的な授業にも取り組んでいます。
先日のテストでは無事クラス全員がテストをパスすることができ、これからレベルアップして更に学んでいきます。


個人的には、なかなか自分のテストの結果に納得出来なかったり、伸び悩むこともありますが、先生やクラスメイト、さらにホストファミリーの温かさに支えられて日々で諦めることなく頑張ろうと思えます。
また、辛い時に1番の支えになっているのは、父や母からの励ましのメールや、出国前に友人がくれた、たくさんの温かいメッセージです。

 

3カ月、4カ月が経ち、自信が無くなってしまう事が以前より増えたように感じますが、どんなにくじけそうでも私を支えてくれる家族や友人のおかげで頑張る事ができています

もっともっとスムーズに、楽しく、多国籍の外国人たちと英語で会話が出来るように、自分の英語に少しでも自信を持って話したり、聞いたり、ケンブリッジやIELTSのテストで満足のいく結果が得られることをイメージして、これからも日々の小さな積み重ねを大切にしていきたいと思います!

カテゴリ:
名和美波さん(ニュージーランド/オークランド)

満員御礼!トラブル対策講座


こんにちは!!東京オフィスの植木です。


徐々に梅雨明けが近づいている今日この頃、東京オフィスでは【トラブル対策講座】を開催致しました。

このイベントは、ご出発の方がたくさんいらっしゃる時期に開催する恒例イベントです。

現地で何か困った時、冷静にご対応いただけるよう、英語での伝え方をジョナサン先生に教えてもらいました!!

いざ、現地でトラブルに巻き込まれた時に英語でどのように言えばいいのか、とっさにはでてきませんよね?

 

例えば・・・
道に迷って、迷子になった時、どのように英語で言えばいいでしょうか。

 

知らぬ土地で道に迷った時に言ってしまいそうな“I’m lost”。ネイティブのジョナサン先生からすると、あまり使わない方がいいようです。

 

なぜなら、答えてくれる人が全ていい人とは限らないからです。自分の身は自分で守らないといけないので、聞く相手を見極めましょう!(職業がはっきりわかるような警察官、駅員さん、ホテルの人がベター)

~道の聞き方~
“Could you tell me the way to ●●?”

Could you~は丁寧な言い方です。
●●までの道を教えて下さい。という聞き方がベストです。

 

このような、現地で起こりそうな困った時、とっさに言えると冷静に対処できるかもしれませんね。

 

次回は8/13(土)14時から開催いたします。

まだご予約に空きがございますので、受講してみたい方はお早めにご予約下さい。

定員になり次第、締切となります。

 

ご予約をお待ちしております!

カテゴリ:
WISHでの出来事その他スタッフの日常

アルバイトが英語じゃない?!って、ご存知ですか?

 

こんにちは。英会話講師のジョナサンです。

 

これから英会話レッスンで講師がよく聞く、間違った英語をご紹介します。
第一弾は“アルバイト”についてです。正しく話せるようになりましょう!

 

Common Mistakes ~アルバイト編~

 

「週末、何をしていましたか?」

 

英会話レッスンで聞くと、よく「バイト」という答えがかえってきます。
バイトは英語ではないので、ネイティブスピーカーには“bite”(噛む)に聞こえます。

 

Teacher: “What did you do last weekend?”
Student: “バイト”
Teacher: “What? Bite?! What are you, a snake?”

 

バイトは、ドイツ語の“arbeit”が語源のアルバイトを短縮したものです。
ドイツ語の“arbeit”は、英語でjob/work(仕事/働く)を意味しますが、日本語のアルバイトは、英語でpart time jobになります。

 

Teacher: “What did you do last weekend?”
Student: “I did my part time job.”
Teacher: “Oh? What do you do?”
Student: “I work at a convenience store. I hate it.”

 

※What do you do? や What do you do for living? は、What is your job?(仕事は何ですか?)と同じ意味です。

 

日本語には、英語やその他言語が語源のカタカナ言葉(外来語)がたくさんあります。
英会話でカタカナ言葉を使っても、ネイティブスピーカーが理解できるとは限らないことを覚えておいてくださいね!

カテゴリ:
WISHでの出来事その他スタッフの日常

WISHニューヨークサポートオフィスより、留学レポート♪

 

みなさん、こんにちは。WISHニューヨークサポートオフィスのマスイです。
今日はニューヨークより現地情報や頑張っている留学生のご紹介などをレポートします!

 

-Free Outdoor Movies!-

アメリカらしい夏のイベントといえば、Outdoor Movie!
なんとニューヨークのさまざまな公園で無料で映画を観られるイベントなんです!!


タイムズスクエアからすぐ近くのBryant Parkという公園では、毎週月曜日にこのイベントが開催されており、仕事帰りのニューヨーカーたちはブランケットやディナーを持って、芝生の公園に寝そべりながら野外での映画を楽しみます。


マンハッタンの夜景とBrooklyn Bridgeを見ながら、映画を観られる野外公園は、雰囲気も最高です!映画も「Star Wars」の最新作から「Back to the Future」など、懐かしい名作まで幅広く上映しています。


留学生にとっては現地のアメリカ人とコミュニケーションを取る良い機会になので、大変おすすめのイベントです!

 

 

 

-BBQ in Brooklyn!!-

今月は、BrooklynのProspect Parkという自然いっぱいの公園で、私たちニューヨークオフィス主催でバーベキューイベントを行いました!今回も20人以上の方にご参加いただきました。


ビーフパティを焼いてオリジナルのハンバーガーを作るというアメリカンスタイルのバーベキューで、グリルの上でジューシーに焼くお肉は最高でした!ほとんどの参加者は、焼き肉スタイルのバーベキューしか経験がなかったようで、アメリカ風のバーベキューを楽しんでいました!!


その後は広大な芝生で、景品を懸けたチーム対抗のスポーツアクティビティも行い、参加者同士チームワークを高めて仲良くなってもらえました。


アメリカでは、休みの日にファミリーでこういったバーベキューなどをするのはよくある光景ですが、留学生だとこういう場所を知っている方は少ないので、「また新しい体験になった!」という感想をいただきました。

 

 

-ピックアップ留学生-


4月から長期で留学をしているT君は、普段から頻繁に現地オフィスに遊びに来てくれます。

レンタル携帯や銀行開設、チケットの手配から、学校での過ごし方や英語の勉強に関することなどご相談いただき、毎月の現地オフィスイベントにも必ず参加してくれて、趣味の一眼レフでイベントの写真を撮ってくれています!


将来は映画監督になるのが夢のT君は、映像機材なども購入したり、脚本の構成を考えるなど自分の夢に向かって日々頑張っています。


夏には自身の脚本を元に映像を撮りたいとのことで、現地オフィスで仲良くなった留学生のお友だちにも協力してもらい、ニューヨークを舞台に短編を撮る予定だそうです!

 

以上、ニューヨークオフィスより留学レポートでした♪

カテゴリ:
アメリカ情報海外サポートオフィス
  • 1