留学生&WISHスタッフブログ

今日が留学最終日!悔しい想いと寂しさと。

こんにちは。ニュージーランドに留学中の大重りか子です。

留学生活ももう終わってしまいます。
本当に寂しさでいっぱいです。

結構前のことになりますが、日本語にポストカードを送ってみました。理由はもうしばらく会えないお世話になった人へ、携帯越しの電話や、メールじゃなく、すこしでも直接気持ちを伝えられる手段を考えたときにポストカードなら、ニュージーランドで頑張っていることも少しでも伝わるかなと思ったからです。


急遽ってこともあったので現地の人を頼るのは少し不安だったので、WISHの私のカウンセリング担当の上原さんに書き方など教えてもらいました。
ポストカードは1ドル程度で購入できました。そして国際メール専用の切手を購入し、あとは書くだけ。最初は郵便局に行って手続きしたりするのかなと思って尋ねてみたのですが国際メール専用のポストに入れるだけと聞いたので、本当に手軽に送ることができました。

住所は日本とは逆さまに書くので、そこだけがややこしかったです…。

ちゃんと届くか不安ですが、喜んでくれることを願ってます!

 
話が変わりますが、最近思ってることは日本人の英語の発音についてです。
街中で日本人が英語で会話したりしているのを聞いてやはりカタカナっぽさを感じるようになってきました…自分の発音を気にしてみると、カタカナっぽくて、自分も聞いてて違和感を持つので、凄い悔しいです!!

皆さんもご存知かと思いますが日本人は'r'と'l”が苦手だと私も習ってきました。

そんなことを思ってる最中、あるクラスメイトの男の子と授業でディスカッションをしてる時に何らかの流れで'r'と'l'の練習になって、私がどうしても'r'をキレイに発音することができず。

彼は説明しながら何度もやってくれたですが、何度も真似してもなかなかできず……。

彼は「Hey! Teacher!」と先生を呼んで私が'r'をキレイに発音できないんだと言って、3人で私のための'r'と'l'のレッスンが始まりました。とりあえず出来たものの、まだなかなか難しいです。

クラスメイトの彼は、毎日鏡で練習すればきっとできるようになるよ!!って言ってくれました。

'r'と'l'の他にも私達にとって難しい発音はたくさんあると思います。ただ喋れるだけじゃなく、ネイティヴにとっても違和感のないような英語が話せるようになりたいとも思うようになりました。留学に来ていなかったらそこまで気にしてなかったと思います。

そして、クラスメイトの子たちは、分からないことも理解できないことも、何に対しても寄り添って教えてくれます。
分からないことや聞き取れなかったことをそのままにしてわかったふりをすることは、彼らにとって一番失礼な行為だと感じます。分からない単語があればどういう意味か聞けば、嫌な顔せず説明してくれるし、それでも分からなければ辞書を引くだけ!!

最初は外人の積極性にも圧倒されるし、慣れない英語で戸惑うこともあると思いますが私達日本人は海外で生活する上で意思表示は特に本当に大切なことだと感じています。

そうゆう話は聞いたこと私もありましたが、それができない日本人は多いなともこっちに来て本当に痛感しました。

今日で学校を卒業します。もうこんな刺激を受ける環境とのお別れは本当に本当に寂しいです。
こちらの写真は学校に行く時の朝焼けです!!




最終日も楽しんできます!
では、学校いってきます。

カテゴリ:
大重りか子(ニュージーランド/オークランド)留学生のブログ