留学生&WISHスタッフブログ

スペイン留学中におすすめしたい穴場スポット

こんにちは。マドリッドサポートオフィスの近藤です。

 

12月11,12日にとひなびたサラマンカ地方のモガラス村に滞在してみました。初めて訪れたのですが、スペイン留学中に訪れていただきたい穴場の一つになりました。なのでちょっとどんんなところかお伝えしたいと思います。

 

 

今回の旅は日常の仕事、生活から一切離れて自分を無にしてリラックスするのが目的でした。 これは集中して神経を使って外国語の勉強をしている留学生にも有意義と思います。まず、自宅から3時間以内のところでスパがある宿の条件で宿を探しました。見つけたのがサラマンカから約85キロ離れたMOGARRAZ(モガラス)村だったのです。 築1600年代の家がある本当に何もない村ですが、とても気に入ってしまいました。

   

 

この村は州により村おこしを行い、復興した村です。5,6年前から1人の画家が修復した村の家屋に、そこに住んでいた村人たちの肖像画を家の壁にところ狭しと飾ってあり、大変ユニークな展示でした。

 

 

 

この地方の名物はイベリコ豚で有名な最高級ハムベジョータ、イベリコ生ハムの産地でお肉料理のオンパレードです。お肉はなるべく避けたい私でしたが、 名物を食べないのはナンセンスと思い、夕食として試すことになりました。 夕食は軽くするスペインの食習慣の事情もあり、やはり私にはかなりきつかったです。。。

 

この小旅行中はその近辺にLA ARBERCA(ラ.アルベルカ)村、 CIUDADO RODORIGO(シウダド.ロドリーゴ)村の観光地もあり、立ち寄りました。

 

何もしないのが目的の旅でしたので、ただただ街の散策です。私の主人は仕事が続き疲れ果てていたようで、 頭を使って観光はしたくないというので、以前から興味津々だったおまるの博物館に私は入りたかったのですが、入れませんでした。(残念) どなたか行かれたらどんなだったか教えてくださいね。

 

(おまる博物館)

 

しかもスパの温水プールで滝に上半身当たりすぎたか、首、肩の筋肉痛がまだ続いています。。。

 

(今回宿泊した宿)

 

・・と、スパでの反省はあるものの、それでもやはりこの村が気に入り、この小旅行は行ってよかったなって思ってます。日常生活を離れ何もないリラックスするための旅、というのは実現できました。日本の建物は新しいものが多く、こういった古い家屋は珍しいですよね。そういった意味でも一見の価値ありだと思います。

 

留学中にもし機会があれば、ぜひ訪れてみてくださいね。

カテゴリ:
海外サポートオフィス