留学生&WISHスタッフブログ:2014年8月

留学中に苦手分野を克服。そして新たな挑戦へ。

この1ヶ月間は私にとってサンフランシスコ留学生活、最後の1ヶ月でした。
学校生活では夏休みシーズンに入ったのでクラスメイトがたくさん増え、 前よりもたくさんの国の友達が増えました。 でもほとんどの友達が国へ帰ってしまってとても寂しい気持ちです。

今のクラスはプレゼンテーションが多く、みんなの前でプレゼンすることが多いです。
日本では滅多にこういったことはしませんでしたし、私の苦手分野でした。

でも回数を重ねていくごとにみんなの前でプレゼンすることが苦ではなくなってきました。
前は早く終わらせたい早く終わらせたいとばかり思っていましたが、
最近ではどうやったら面白いプレゼンになるか、どうしたら伝わりやすいかなど考えるようになりました。
人前でこういったことができるようになったことは私にとってかなりの強みになったと思います。

後は、自分の意見をしっかり言えるようになりたいと思います。
yes no をしっかり言えるようにはなりましたがまだまだ自分の意見をしっかり言えません。

人の意見を尊重してしまい、人の意見に流されてしまうことが時々あるので、
自分が意見がある時はしっかり伝えたいです。

たまにその英語がわからなくてその意見を言わないままにしてしまった時がありました。
その後で言葉を調べて分かってから、 あの時すぐに調べて喋っておくべきだったと後悔しました。
その時に、次からはわからなくてもトライして喋らないと、と思いました。

この1ヶ月は特に色んな人と関わる機会があったので、 自分を見つめ直すいい機会にもなりましたし、色々な刺激を受けました。

ここでの生活で毎日刺激は受けていましたが、それとはまた違った刺激を受けたと思います。
普段の生活では友達と色んな国の料理をよく食べに行っています。

その国の友達がオススメしてくれたレストランなどによく行きます。

特にタイ料理はお気に入りです。
サンフランシスコに来て、色々な国の料理が食べられるので世界の文化に触れるいい機会だと思います。
国によって食べる物も食べ方もそれぞれ違うのでとても面白いです。

 

 

 

 

私はあと2週間ほどしか滞在期間がありませんが、 チャレンジできることはまだまだあると思うので色んなことにチャレンジしていきたいです!

カテゴリ:
大塚汐莉さん(アメリカ/サンフランシスコ)

留学生活もあとわずか。残りの時間を大切に過ごしたい!!

こんにちは!
サンフランシスコに留学中の大塚 汐莉です。

今月でサンフランシスコに来て4ヶ月が経ちます。


7月は自分にとってとても濃い一ヶ月だったと思います。
私の中で環境が大きく変わった一ヶ月でした。

まずひとつ目はホームステイ先のファミリーが変わったことです。
新しい家に馴染めるかとても不安でしたが、すぐに馴染むことができました。

新しいファミリーもとても優しくしてくれますし、
小さな子供がいるので一緒にテレビを見たり話をしているので、英語の練習にもなります。

ふたつ目はクラスが変わったことです。
クラスが上がってレベルも少し高くなりました。
自分にとっても良い刺激になってますし、会話の幅も広がってきているので楽しいです。

7月8月は短期の留学生が多くて仲良くなったころにはお別れになってしまうので、
少しさみしいです。
私の学校は色々な国の人がいるので、色んな国の友達ができます。

7月はヨセミテ国立公園という所に友達と5人でレンタカーを借りて行ってきました。

日本にも自然はたくさんありますが、日本とはまた違った自然があってとても感動しました。

全ての大きさがとても大きいです。
木や岩も日本にある物の何倍もあったと思います。

滝を見るために山を1時間以上登り降りしました。
とても貴重な体験ができましたし、友達との思い出も増えました。


サンフランシスコは今の時期でもジャケットがないと寒いくらいですが、
サンフランシスコを出るともう真夏で、暑くてばててしまいます。

だからサンフランシスコはとても住みやすい環境だと感じました。



私の留学生活は残りあと1ヶ月半ほどしかありません。
サンフランシスコに来た当時は日本が恋しくてたまりませんでしたが、
今ではサンフランシスコが住みやすくなってしまったので、
サンフランシスコにいれる時間が少なくなる度に寂しいなと感じます。

大切に時間を過ごしたいと思います。

 

カテゴリ:
大塚汐莉さん(アメリカ/サンフランシスコ)
  • 1