留学生&WISHスタッフブログ

サンフランシスコ留学中、一度は見ておくべきイベントとは?

こんにちは。WISHサンフランシスコサポートオフィスの松島です。
皆さん元気でお過ごしですか?

これから日本は9月23日の秋分まで長~い、暑~い日々が続くかと思いますが、
夏バテなどで体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

さて、こちらサンフランシスコは6月、7月は日中は20~25度位まで気温が上がりますが、
朝夕は、相変わらず10~15度と結構寒くなり毛布の2、3枚は必要です。
(特に沖縄出身の私は更に薄手の布団を掛けて寝ています...。)

そして、雲ひとつ無い何処までも高い青空と虹色の旗。

そうです、こちらサンフランシスコは6月はゲイ月間で、メインのMarket通沿いは、
東の端フェリービルディングから、西の端に有るカストロエリアまで写真の様な、
レインボーフラッグが街路灯に付けられてます。

 

そのゲイ月間の期間中、色々なイベントが市内で行なわれてます。
サンフランシスコのこのイベントは、今年で44回目で1970年から続くイベントです。

その中でも最も大きなイベントが、6月の最終週末(29日)に開催されるパレードです。

これは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの人達や其の人達をサポートする人達が、平等人権を訴える行動のパレードで、アメリカでは最大規模のLGBTのイベントパレードです。

メイン会場のシティーホール前広場では色々な催物ブースも有り、メインのステージではショー等も有り、パレードもそうですが、なかなか日本では見れない全裸の参加者も中には出てきたりします。

私も、数年前に一度みましたが、ゲイではないので1回見ればいいかな~(笑)

とりあえず、サンフランシスコ留学の際には、日本にはない珍しいイベントだと思いますので、
一見の価値ありです。

カテゴリ:
アメリカ情報海外サポートオフィス