留学生&WISHスタッフブログ

迷ったら進め!

みなさんこんにちは。 

大学時代にWISHさんを通じて
2回アメリカ留学を経験した山本勇輝、通称デンです。

学生時代からストリートダンスに興味のあった私は、
“本場アメリカのダンスが見たい!”というのが
きっかけで最初はロサンゼルスに短期留学をしました。

その際に英語を話せたらもっといろんな人と話ができると感じたことと、
黒人差別問題に興味があったので、
今度は大学を1年間休学してアトランタに留学することに決めました。

いま思えばたかが1年ぐらい休学したところで何の問題もないのですが、
当時は、大学の友達と学生最後の1年を共に過ごせないこと、
社会へ1年出遅れることなどに戸惑いがあり、
決断に勇気が必要だったのを覚えています。 

そしていよいよアトランタ留学がスタートしたわけですが、
日本での生活のようにはいきませんでした。
ホームステイ先の家族と合わなかったこと、
バスに乗ると周りからの視線をかなり感じたことなど、
日本では考えられないような問題もありました。

でも語学力がアップして、さまざまな国から来ている
留学生と出会え友達になれたことは、
何にも変えることのできない経験となりました。

この留学が、私に初めて一歩踏み出すことの大切さを教えてくれました。 

帰国して大学に戻ると就職活動が始まりました。
英語をせっかく話せるようになったので、
英語を使って仕事をしたいと考えていたところ、
幸運にも海外支店を多く持つ大手物流会社に就職できました。

でも入社してみると理想とは違い、
”本当に自分はこの仕事をずっとしたいのか?
本当は何がしたいのだろう・・・?
就職先を選ぶ理由が不十分だったのか、
他に自分しかできないことがあるのでは?”
と考えることが多くなっていました。 

そんなときに偶然一冊の本を読んで
「デンマーク」という国の存在を知ったのです。
その中で教育や社会制度に興味をもち、
2度のアメリカ留学から、

実際に目で見て、肌で感じ、その土地の空気を吸い、
地元の人に会うことに意味がある!!

ということを身を持って経験した私は、
デンマークを五感で感じたい!!!とすぐに思ったのです。

この時は前回の留学よりも不安だらけでした。
そこに知り合いがいたわけでもありませんし、
英語はある程度しゃべれてもデンマーク語は全く話せません。
また社会人から学生になるので収入がゼロになることなど…。
今回は現実的に無理かなと思っていました。

でも行動しないで後悔だけはしたくない!
自分のしたいことを本気で探そう!
と思い家族の反対を押し切り3年半勤めた会社を辞め、
デンマークへ留学することを決意しました。

現在、デンマークよりブログを書いているのですが、
ここでは“生きるとは何か?”
そんなことを日々の生活から学んでいます。

たくさんの個性的な友人や先生に出会えたこと、
何より自分を見つめ直す貴重な体験ができたこと、
何がしたいのかに気づけたことは出発前の不安を吹き飛ばしてくれました。

 

改めて、実際に目で見て、肌で感じることの大切さを実感しています。
そしてこの想いを誰かに伝えたい!と思い、
WISHさんを通じて私のブログを掲載してもらうことなったのです。 

みなさん、もし海外に少しでも興味があるなら、
何かにチャレンジしたい、今何かを変えたいという思いがあるのなら
ぜひその一歩を踏み出してみてください!

迷ったら進め!です。

きっと、得られるものがあるはずですから。


  

 

カテゴリ:
留学生のブログ