留学生&WISHスタッフブログ:2014年5月

第二の故郷、アメリカ。

初めまして!東京オフィス手配担当の八木です。
今年から皆さんの留学のお手伝いをさせてもらっています。

今月開催した留学フェアでは、海外サポートオフィススタッフをはじめ、
たくさんの現地の学校関係者の方々とお会いし、いろいろお話をしているうちに、
自分の留学時代が蘇ってきてすごく懐かしい気分になりました。

私は、アメリカとカナダに留学をしていたのですが、
今回は第二の故郷でもあるアメリカでの留学生活の話をしたいと思います。

最初に私が留学したのはアメリカのユタ州でした。
正直、ユタ州に行きたくて行き先を選んだのではなく、
「安くて治安が良くて日本人の少ない所」と希望したところ、
留学カウンセラーに紹介されて決まったのがユタ州でした。

ということで私はユタ州のソルトレイクシティで半年間、語学学校に通いました。


田舎育ちの私には山とか田舎には特に興味がなかったのですが、
ロッキー山脈に囲まれて生活しているうちに、
どんどん山や自然が好きになっていき、またユタ州には、
アーチズ、ブライスキャニオン、ザイオンなどの国立公園も多く、
その自然の大きさは桁違いで、初めて国立公園を訪れた時には
言葉に現せないほど感動したのを覚えています。

自然にこの形が形成されているんです!                                  ↓↓↓

語学学校に半年通っていると、英語だけの勉強では物足りなく感じ始め、
英語で何か勉強できないかと見つけたのが、カナダでのインターンシップ留学でした。
周りのみんなからもカナダはいい所だよという後押しもありカナダへ移ったのですが、
カナダ留学中に、私の大好きなアーティストのコンサートが偶然にもソルトレイクシティであり、
友達とも久しぶりに会いたいし…と思い、ソルトレイクシティへ遊びに戻ったのがきっかけで、
今度は大学の正規留学でソルトレイクシティへ再び戻ることとなりました。

住み慣れた都市に戻っても、語学学校の頃と違い勉強もハードな上、
当たり前ですがクラスメイトはアメリカ人ばかり…。

最初はディスカッションどころか読むスピードすらついていけず、
講義を受けても、意味は何となくわかってもノートが取れない、
しかもそのノートからテストが出題されるなど苦労の連続でした。
ただ、百科事典のような教科書2~3ページを読むのに最初は1時間程かかっていたのが、
大学に通い出し1年経つ頃には10分程で読めるようになったりと、
英語力がついていくにつれ、出来る事、行動範囲なども広がり、
また語学留学とは違う楽しさがたくさんありました。

大学正規留学の場合、ある一定の成績を保っていれば、
週20時間まではキャンパスの中で仕事もできたので、
私はキャンパスの中にあるスポーツジムでアルバイトをしたり、
また、Cooperative Programといって、
大学の専攻と関係のある業種で働くことを単位として認めてくれるシステムがあり、
ラッキーなことに留学中に、冬季ソルトレイクシティオリンピックが行なわれたので、
「International Studies」をメジャーとして専攻していた私は
ツアーガイドとして働く経験もできました。

その時お世話になった会社からオリンピックのフィギュアスケートを
見に連れて行ってもらいました。

 

卒業式には日本の家族やカナダの時の友達が来てくれて、
ユタ州からラスベガス~グランドキャニオンと予定も立てず
5日間車で気ままに旅行したのも良い想い出です。
(運転手は私1人だったのですが…)

・・・と、私のアメリカ留学話ばかり書いてしまいましたが、
私の留学生活を全て書いていると一冊の本が出来上がってしまいそうなので
この辺で割愛させて頂きます(笑)

ただ最後にどうしても、自分の経験からみなさんに伝えたいことがあります。

留学生活は楽しいことばかりではなく、時には「もう帰りたい」と思うこともあると思います。
でも、その苦労を乗り越えて得た物は、一生の財産・宝物になると思います。
また、日本を出て外側から自分の国を見てみるのも良いところ、
悪いところ客観的に見ることが出来て面白いですし、視野が広がったり、
いろんな発見があると思います。

”苦労した分だけ、得られるものがある。”

そう信じて、これから留学をしようとしている方や現在留学中の方には
ぜひ頑張って頂きたいと思います!

カテゴリ:
アメリカ情報

留学フェアのレポート~東京編~

こんにちは。
東京オフィス、法人課手配担当の鈴木です。

5月18日の日曜日に六本木ヒルズ49階にてWISH留学フェアを行いました。
今回は、5月11日大阪、17日名古屋、そして18日に東京で開催しました。

当日は、五月晴れで気温もそれほど高くなく、絶好の日和でした。
そのせいか会場から見る展望はすばらしく、東京の高層ビルディングを眼下に見 て、
遠くに秩父山系を望み、その奥には雪をかぶった富士山がその雄姿を誇示 していました。

今回の会場は、3つのエリアに分かれています。

1つ目は専門家を講師に招き、お客さまにさまざまな情報を提供するセミナー会場。

今回は、以下の4つのセミナーを行いました。
* 留学を10倍成功させるセミナー
* 国際コミュニケーション術セミナー
* 夏休みプチ留学セミナー 
* ワーキングホリデーセミナー(オーストラリア・ニュージーランド・カナダ)

各セミナーには真剣に留学を考えている皆さんが参加して真剣なまなざしで、
講師の話に聞き入っていました。


特に、留学を10倍成功させるセミナーは、
ほとんど満席になるような盛況さで、
これを見てもいかに参加者が真剣に留学を考えているかがわかりました。  


2つ目は英語チェック、見積もりやカウンセリングを行う会場です。
 
英語講師がお客様の英語力をチェックするテーブルでは、
たくさんのお客様が自分の英語力を診断してもらっていました。
中には、先生の行っていることがわからず、恥ずかしがって声が小さくなったり、
あるいは自分が思っていたより英語力があったりと、悲喜こもごものドラマが展開していました。

カウンセリングブースでは、WISHのカウンセラーたちが熱心にお客様の話を聞き、
要望にあった留学先を案内していました。
その結果、見積もりブースでは長い行列ができ、
改めて留学希望者の熱気を感じました。

  

最後の部屋は、世界中から来ていただいた語学学校41校、
各都市のサポートオフィスのブースがあるメイン会場です。
午前11時30分開場でしたが、開場を待ちきれないお客様が
それ以前から受付でたくさんお待ちくださっていました。

午前中は、各学校でゆっくりお話を聞いていただけるようにすべて予約制にいたしました。
開始早々にたくさんの留学希望者が来場され、各学校ブースで熱の入った会話が聞かれました。
昨今は、留学に対して真剣に考えているお客様が多くなり、
特に長期で留学を希望するお客様が増えました。


  

開場当初少し涼しく感じたのですが、皆さんの熱気で大きな開場の温度が上がり、
最後には少し汗ばんでくる感じでした。

私は、このメイン会場担当だったため主にこちらでお客様のご案内を
させていただいておりました。
例年どおりカナダブースがやはり大人気でしたが、
今回は、アメリカとイギリスブースも人気が高まっていたように思います。
 
おそらく、アメリカ人気の理由の一つは今回参加いただいたお客様の中に、
大学留学などの進学を考えている方が多かったからだと思います。
イギリスに関しては、本場英語を学びたい、それとサッカーが好きだから!
というお客様が多かったですね。

それと気が付いた小さな変化があります。
その一つが、ご家族でご来場されている方たちが多かったことです。
お子様の夏のサマーキャンプ留学や、海外への中学、高校留学を考えている方たちが何組もいらっしゃいました。


これまでは、どちらかというと大学進学を目指すお客さまのほうが多かったのですが、
昨今のグローバル化の影響でしょうか、海外の中学、高校留学を考えているというお子さん、またその保護者さまが増えてきました。
このようなお客様が増えることは、個人的に言わせていただければ、
大変好ましく、日本の将来も明るいと感じました。

今回、ご都合があわず参加できなかった皆さま。
WISH留学カウンセラーは新しい学校情報、海外情報をたくさん入手しております。
留学に関するご相談などございましたらぜひお気軽にお問合せ下さい。

WISH留学カウンセラーが懇切丁寧に皆さまの相談にのらせていただきます。

カテゴリ:
WISHでの出来事

シェアハウス生活

こんにちは^^
シアトルに留学中の島袋です。
今日は私のアメリカ生活スタイルについて話していきたいと思います。

私の居住形式はシェアハウスです。
シェアハウスといえば日本でもそれを取り扱っている番組が人気ですよね!
みなさんの頭に浮かぶものはなんでしょう??
男女共同生活、毎日がパーティー、などではないでしょうか??

それでは実際に私のシェアハウス談、紹介していきたいと思います。
まず私たちは一軒家に
オランダ人の男性オーナー“ブラム”、
中国人の男の子“フランコ”、
そしてケニア人“ユニース”の女の子、
そして私の、国際色豊かな合計4人で共同生活をしています。

これだけでも驚く人はいるのではないでしょうか??
結婚するわけでも、ましてや交際仲でも兄弟でも親族でもいとこでもなく、
全くもって他人の男女が一緒に生活することになるなんて
私は考えてもみませんでした。

ことの始まりはサンクスギビング直前のことです。
前のホストファミリー宅からの引っ越しの期間が迫っていたため、
私はすこし焦りを感じていました… 。
そこで友達にも協力してもらい、アメリカで有名な掲示板クレイグズリストを利用し、
私の住んでる地域のあたりでも特に「リーズナブルでそして学校に近い」、
そんな好条件のシェアハウスを発見し、即オーナーさんへ連絡♪

しかし下見に行ったときに会ったオーナーは若い男性…。
いろんな考えがめぐりました。。。
もちろん彼のことを男性だから危険。と一概に判断するのはよくないのでしょうが、
いままでこんな経験がなかったため、親はどう思うだろう、
実際危険な目には合わないのかなど、すごく不安でいっぱいでした。

しかーし!!これもアメリカ留学の意義ある経験のひとつだっ!!
あと期日が近づいている!!
と、ほんとに言ってしまえばその場の勢いで入居することを決めました。。。(笑) 

今思えばハウスメイトに恵まれているからこそよかったものの、
実際周りのシェアハウスには盗難がよく起こるなど
やはり安心できない話も耳にするので私はラッキーだったんだと思います…(汗)

さて、「知らない男性と住む」という問題を自分の中で解決(克服?笑)した私はというと…、
住み始めてからあまりの心地よさにすごい楽しんじゃっていました。(笑) 

好きな時に好きなご飯を食べられることのうれしさ!
日本ではあまりみられない大きなキッチン。
(主婦になった気分で毎日自炊していました笑)!
鍵がついている自分の部屋!
そしてバスの時間を気にせず学校の支度ができる!

さらに家のテレビはネットフリックス付きで、
なんでも好きなドラマ映画が観れるし(もちろん字幕まで英語尽くしですが…)。
ビリヤードまでついています!
(豪邸かとおもいました…こっちでは普通のことみたいですが…)  

・・・と、フリーダムな生活の話はここまでにしておいて。。。(笑)

  

オーナーのブラムともすぐ仲良くなり、今ではお互いの話をたくさんします
彼はまさかの同い年(みえない、ごめんなさい笑)!!!

この家はもともとは彼と彼の家族が住んでいたものだそう。
他の兄弟たちはみんな学校を卒業し、オランダへ帰り、
両親はシアトルの天気に飽きたのでニューメキシコへ引っ越し(なんて自由な家族だっ!)。
そして学校が残っているブラムは、
一人この家をシェアハウスとして貸し出すことでやり繰りしているのだとか…。

本当に”世界をみた!!!”と感じた一瞬でした(笑)

話は変わりますが、つい先日ブラムのお父さんが一週間ほど滞在し、
話す機会があったのでずっと持っていた私の疑問をたずねてみました。

「22歳という若さの息子に自分たちの家(家族の家=財産)を
預けることに抵抗はないのか?」と。

ブラムのお父さんはハッキリ「NO」と即答でした。
さらに、

「私はブラムを大人として見ているし、
そしてなによりブラムがきっとやりこなせると信じている。
それに君のような素敵なテナントもきてくれて私はもっと安心したよ」

と。NOに続く言葉の後にこのようなことを言ってくれました。

ここでも”世界をみた!!!”と、私は度肝を抜かされましたね…(笑) 

ふー、ながいですねー!(笑)
みなさんついてきてますか??
まだまだエピソードはありますよー^^

続いてフランコちゃん。
彼は最近17歳になったばかりのBOYです。
(わけー!お肌つるつる!色白!ほそい!笑)
フランコちゃんはスーパー中国人です。

何がスーパーかって??

まず中国語、英語は当たり前、韓国語、日本語までしゃべるんです!!!
日本語は優しい会話レベルですかね。
私がお母さんとスカイプしているのを横で聞いて理解しているのでびっくりです!!!
うかつに彼のことを話せませんねww

そして韓国語。もはやネイティブです。ちーん。
韓国のテレビを字幕なしでみて笑っていました。
本当にすごい!!!!

他にもスーパーな点…。
彼はものすっっっっっごく料理上手です。。。(笑)

本格的な中華をはじめパスタや和食まで私のために作ってくれて、
入居したての主婦時代を忘れ、今はフランコシェフに頼りっぱなしです(笑)
他にも髪を染めるのを手伝ってくれたり、ネイルまでやってくれます!!!(笑)
もはや弟を通り越して妹です…(笑)

他にも面白い点として、彼は日本のグッズが大好き!!
よくダイソーにいっては日本人が買わないようなものを買ってきます。
例えば「営業中」とかかれたのれん…。(笑)
かわいー!!
「日本語です」と言ってうちの冷蔵庫に飾ってあります(笑)

 

そして彼にとってのカードゲームと言えばトランプでもなく
そしてカルタでもなく…花札です (笑)(笑)(笑) 

そんな不思議?かわいい弟(妹?)のお誕生日が5月5日、
なんと子供の日にあったので日本の葵おねえさんは
頑張ってサプライズでケーキをプレゼント!!!

キッチンは共有なのでバレないようにガレージで
ひそひそとやったりして楽しかったです。

そして最後にユニース!
ユニースはまたすっごいおしゃれでかわいらしい19歳の女の子!
一緒にお化粧しあったり、ネイルしあったり、
ファッションについて語り合ったり、スクワット(!?)しあったり…。

ごく普通の女の子がするような感じで わちゃわちゃしています^^ 

  

彼女の面白いところは自転車に乗れないこと…(笑)
ビーチに行ったときに2時間かけて練習しましたが
自転車の乗り方をしかも英語で説明するのって難しいんですね…。
結局あきらめちゃいました。^^;

 

こんな感じで毎日たのしーく過ごしています!!

ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございます!
私の生活の様子が特に今後留学、
シェアハウスを考えている人にすこしでも具体的に伝わればうれしいかぎりです!
それではまた!!

カテゴリ:
島袋葵さん(アメリカ/シアトル)

留学フェア@大阪 大盛況!

こんにちは。
東京オフィス、カウンセラーの佐野です。

5月11日、大阪の阪急グランドビル26階にて
「WISH留学フェア2014春」を開催しました。
今日はイベントの様子をご紹介したいと思います。

当日は晴天に恵まれ、スタッフ一同、
とても清々しい気持ちでお客様をお迎えすることができました。

会場には世界各地より約30校もの語学学校と
WISHの現地サポートオフィスのスタッフが集結。
直接学校や現地のWISHスタッフとお話がしたい、聞いてみたい、と
留学を考えているたくさんのお客様が会場に来場されました。

WISHのフェアは大きく分けて3つのエリア(楽しみ方)があるのですが、
まず一つ目に外部から講師の方をお招きして開催したセミナーについて。

セミナーは全部で4種類あり、特に人気が高かったのは、
やはり語学留学から進学やワーホリなどのどんな留学を考えている方にもおススメの、
「留学を10倍成功させるセミナー」「国際コミュニケーション術セミナー」です。

「留学を10倍成功させるセミナー」は、
海外生活を送る前に知っておくべき事から留学中、
そして帰国後の復学や就職&再就職まで見据えた、
いわゆる“心構え”を講師の本橋氏が熱く語ってくださいました。

大阪フェア

「国際コミュニケーション術セミナー」
は、
“日本の常識は世界の非常識”といった、
日本での生活をそのまま持ち込んでしまうと
大きな落とし穴に落ちる危険性を諭してくれたり、
逆に体に染みついた“殻”を破ることで、快適な留学生活を送ることができる
というメッセージ(エール)を得られる内容で、
講師と参加者が一体になったセミナーでした。
参加されているお客様も、とても楽しそうでしたし、 とても積極的だったのが印象です。

この他にも、今が旬である「夏休みのプチ留学セミナー」や、
長く&安く海外生活ができる「ワーキングホリデーセミナー」なども、
多くの方が真剣にメモを取りながら聞いてくださいました。

2つ目は、海外スタッフと直接話すことができる
「学校ブース」「海外サポートオフィスブース」!

留学フェア

学校ブースにはスタッフが外国人の場合、
通訳もつくのですが、中にはがんばって英語で
一生懸命質問をしている方もいらっしゃって、
とても楽しそうに会話をしているお客様もいました。

また、
「学校の授業もこんな感じなんですか? 私のちいさな質問やつたない
英語を学校の方も 一生懸命聞いてくれたのでうれしかったです。」
という私たちスタッフとしてもとても嬉しいコメントもいただきました。

フェア終了後には、多くの学校のスタッフより、
「沢山の大阪のお客様とお話ができてうれしかったし、
皆さんが本当に海外で勉強することを真剣に考えているのでとてもうれしい」
というメッセージもあり、やはり留学を考えている方は
参加する側も、受け入れる側も熱い方が多いな実感しました。

海外サポートオフィスブースでは、サポートの内容や
ホームステイ滞在のこと、シェアハウス探しのこと、
お仕事探しのこと、学校選びについてなど、
具体的なことを質問したり、説明を受けている方が多かったように思います。

最初は不安な顔をしていたお客様も、 話が終わるころには、
表情も柔らかくなって安心されていました。

3つ目は、WISHカウンセラーにご相談いただける「WISH相談ブース」エリアです。

留学フェア

留学にご興味はあっても、何を聞けばよいか分からない、
自分に合ったプログラムを見つけたい、料金が知りたい….etc
という方が多くご相談にきていました。 
また中にはすでに何度かカウンセリングを受けていて、
今日学校と直接お話をして決意をされ、
最終的に留学にお申込みされた方も!

 
・・・・と、おかげさまで大阪でのWISH留学フェアは大盛況に終わりました。

もし直接聞きそびれたことがある方、質問が出てきた方は
ぜひカウンセラーにご相談ください。


また、5月17日(土)には名古屋、18日(日)には東京でも開催いたしますので、
皆さまぜひご予約のうえご参加ください。

社員一同、心よりお待ちしております!

【ご予約はこちらから】
WISH名古屋フェア:
 http://www.wish.co.jp/fair1405/nagoya.html
WISH東京フェア: 
http://www.wish.co.jp/fair1405/tokyo.html

 【フェアご案内ページ】
http://www.wish.co.jp/fair/

 

カテゴリ:
WISHでの出来事

迷ったら進め!

みなさんこんにちは。 

大学時代にWISHさんを通じて
2回アメリカ留学を経験した山本勇輝、通称デンです。

学生時代からストリートダンスに興味のあった私は、
“本場アメリカのダンスが見たい!”というのが
きっかけで最初はロサンゼルスに短期留学をしました。

その際に英語を話せたらもっといろんな人と話ができると感じたことと、
黒人差別問題に興味があったので、
今度は大学を1年間休学してアトランタに留学することに決めました。

いま思えばたかが1年ぐらい休学したところで何の問題もないのですが、
当時は、大学の友達と学生最後の1年を共に過ごせないこと、
社会へ1年出遅れることなどに戸惑いがあり、
決断に勇気が必要だったのを覚えています。 

そしていよいよアトランタ留学がスタートしたわけですが、
日本での生活のようにはいきませんでした。
ホームステイ先の家族と合わなかったこと、
バスに乗ると周りからの視線をかなり感じたことなど、
日本では考えられないような問題もありました。

でも語学力がアップして、さまざまな国から来ている
留学生と出会え友達になれたことは、
何にも変えることのできない経験となりました。

この留学が、私に初めて一歩踏み出すことの大切さを教えてくれました。 

帰国して大学に戻ると就職活動が始まりました。
英語をせっかく話せるようになったので、
英語を使って仕事をしたいと考えていたところ、
幸運にも海外支店を多く持つ大手物流会社に就職できました。

でも入社してみると理想とは違い、
”本当に自分はこの仕事をずっとしたいのか?
本当は何がしたいのだろう・・・?
就職先を選ぶ理由が不十分だったのか、
他に自分しかできないことがあるのでは?”
と考えることが多くなっていました。 

そんなときに偶然一冊の本を読んで
「デンマーク」という国の存在を知ったのです。
その中で教育や社会制度に興味をもち、
2度のアメリカ留学から、

実際に目で見て、肌で感じ、その土地の空気を吸い、
地元の人に会うことに意味がある!!

ということを身を持って経験した私は、
デンマークを五感で感じたい!!!とすぐに思ったのです。

この時は前回の留学よりも不安だらけでした。
そこに知り合いがいたわけでもありませんし、
英語はある程度しゃべれてもデンマーク語は全く話せません。
また社会人から学生になるので収入がゼロになることなど…。
今回は現実的に無理かなと思っていました。

でも行動しないで後悔だけはしたくない!
自分のしたいことを本気で探そう!
と思い家族の反対を押し切り3年半勤めた会社を辞め、
デンマークへ留学することを決意しました。

現在、デンマークよりブログを書いているのですが、
ここでは“生きるとは何か?”
そんなことを日々の生活から学んでいます。

たくさんの個性的な友人や先生に出会えたこと、
何より自分を見つめ直す貴重な体験ができたこと、
何がしたいのかに気づけたことは出発前の不安を吹き飛ばしてくれました。

 

改めて、実際に目で見て、肌で感じることの大切さを実感しています。
そしてこの想いを誰かに伝えたい!と思い、
WISHさんを通じて私のブログを掲載してもらうことなったのです。 

みなさん、もし海外に少しでも興味があるなら、
何かにチャレンジしたい、今何かを変えたいという思いがあるのなら
ぜひその一歩を踏み出してみてください!

迷ったら進め!です。

きっと、得られるものがあるはずですから。


  

 

カテゴリ:
留学生のブログ
  • 1