留学生&WISHスタッフブログ

「偶然」ってすごい

みなさんこんにちは。
サンフランシスコ滞在中の北原圭将です。
今回はつい先日あった「偶然」について書きたいと思います。

と、その前に、まずは報告から。

1点目。
なんやかんやでとうとう語学学校を卒業しました。
語学学校には5ヶ月くらいいたでしょうか。
入学当初はアウェー感がかなりあったにも関わらず、
最後は友達(先生、スタッフを含め)もたくさんできて
アットホームな学校だなと思いました。

ただ実を言うと5ヶ月というと学校の中でも古株に入るので
生徒の入れ替わりを見ていくわけですね。
で、親しくなった友達はどんどんどんどん国に帰って行くわけです。
それは本当に辛かったです。
ま、ホームワークがないのはとても嬉しかったですけどね(笑)。

2点目。
ボランティアを始めました。
なんかネイティブともっと関わる機会がほしいなーなんて理由から、
とあるミュージアムでボランティアやってます。
いい経験ですよ。
僕以外ネイティブですし…
あ、1人スタッフの中に日本人がいますが
20年近くこっちに住んでいる方なのでバリバリ英語を話します。
お客さんももちろんだいたいネイティブですし。
ボランティアをスタートしてよかったなって思ってます。

さて本題の「偶然」。
今僕はとある『国際インターンシップ』に応募しようかなと思っています。
で、その選考に向けて3分以内の自分についてのビデオを作らなければいけないのですが
どうすればいいかわからない。
ビデオなんて作ったことないので。
なのに作ろうとしているのはアニメーション(笑)。

ビデオの作り方は全くわからないけど、
その原稿なら作れるということで、書き上げ、
アメリカ人の友達に推敲してもらうことに。

それでダウンタウンのカフェへその友達に会いに行ったのですが、
大変混み合っており、見知らぬ女性と相席することに。
目の前に座っていたその女性と話しているとなんとその方
デザイナー(サイドビジネスって言ってましたがめちゃすごいです)。

原稿推敲のため数時間滞在している間に、いろいろ話し、
仲良くなり、彼女の自宅内にあるアトリエまで連れて行ってもらいました。

彼女の作品を見た瞬間、あるアイディアが浮かびました——
この人にビデオ制作手伝ってもらおう」。
その後は3人でレストランへ行き、思い切って協力を依頼してみました。
なんのためらいもなく二つ返事でOK。
しかもその方、アニメーションも簡単なものなら作れると。

もし僕の友達がそのカフェを選んでいなかったら・・・。
もしそのカフェが空いていたら・・・。
この偶然は起きなかったです。

今度また会って打ち合わせをする予定です。
どんな作品ができるのでしょうか。
すごくワクワクしてます。

「偶然」ってすごい!

カテゴリ:
北原圭将(アメリカ/サンフランシスコ)留学生のブログ