留学生&WISHスタッフブログ

大家族旅行

こんにちは、東京本社営業企画部の榊原です。

昨年の年末に母親の傘寿のお祝いを兼ねて静岡に行きました。
父、母、4人兄弟とその家族、大人15人、子供6人、総勢21名で、
それぞれ住んでいる所が、大阪・京都と東京なので間をとって静岡になりました。

1日目は、富士山とともに世界自然遺産に登録された三保の松原から日本平、久能山東照宮に行きました。
とても天気がよく、きれいな富士山を拝むことができました。

2日目は、大井川鉄道のSLに乗った後、世界一長い木造歩道橋「蓬莱橋」に行きました。



大井川鉄道には、各地の鉄道会社のお古の車両があって、
関西の近鉄と京阪の車両見て大人がまず喜んでいました。



SLは、子供たちには珍しい乗り物で、興味津々、乗っている間は、途中少し退屈そうにしていましたが、
景色も良くて大変喜んでいました。



その後、「蓬莱橋」を渡りました。
とても風が強くて、渡っている途中歩けないくらいで、とても怖かったですが、
子供たちは平気で走って渡っていて、見ているほうがヒヤヒヤでした。

3日目は、浜名湖にあるオルゴール館や鍾乳洞を見学した後、掛川花鳥園に行きました。
鳥好きの我が家では、以前から行きたいと思っていたところです。
大きな温室に鳥を放してあり、餌を持っていると鳥が集まってきます。
子供たちは少し怖がりながらも、何度も餌をやっていました。

 

でも午後からだったので、既にお腹が一杯の鳥もいて、
それほど積極的に集まってこなかったのが残念でした。

久しぶりに兄弟家族が集まり、甥が3月に結婚するという電撃発表もあり、
とても盛り上がった大家族旅行でした。
子供たちも、温泉の大きなお風呂が気に入って、また行きたいと言っています。

いろんなことに興味を持って、いろんな経験をしてほしいと思っているので、
日本でも まだまだ行きたいところがたくさんありますが、
そのうち海外の世界遺産などにも連れて行ってやりたいと思っています。
(でも今はまず自転車を買ってほしいようです。)

カテゴリ:
スタッフの日常