留学生&WISHスタッフブログ

ボストン研修!!

こんにちは。
東京本社カウンセラーの安部です。

1月もそろそろ終りますね。  

本当に、あっという間です。

さてこの後の、一連のスケジュールを想像していますと・・・。

見えてきた 見えてきた、

そう。

春がきて、


WISH留学フェアが来て、


あつい あつい HOTな夏が来て、
 

秋が来て、
6

また、お待ち兼ねの「秋の留学フェア」が来て、
7

冬が来ます。  
7

ええ。 その通りです・・・。
1年は何とシンプルな事でしょう。
何もしないとこの様に「春夏秋冬」の一年だけで終わってしまいます。

しかし私にとって、20代最後のこの「1年」。
「春夏秋冬」だけでは、終わらせません!

ただ「こんな一年にします」なんて言う「決意表明」は控えて、
去年の楽しい思い出を振り返りながら、
今年もこんな風にできたら・・・」と考えてみる事にします。

さて去年は何と言っても、アメリカ(ボストン&ロサンゼルス)への海外出張
とっても良い思い出になりました。
中でもボストンで体験した「ハーバード大学ツアー」では、
実際にハーバードに通われている学生さんに学校の案内をして頂きました!

ちなみに、私の出張期間と「ボストンマラソン爆発事件」とが重なってしまい、
ボストンを視察する事が出来たのは、この日「1日」だけ。
その為、この「ハーバード大学ツアー」が、私にとって心に残るボストン視察となりました!

大学ツアーは全て英語案内となりましたが、大学の「知られざる伝説」なども聞くことが出来ました。
中でも、ハーバード大学の象徴とも言われる、こちらのMr. ハーバード。  

この銅像ですが・・なんと建設時は実際の「彼の姿」を知る者が一人もおらず、
勝手な空想だけで作られたそうです。

近年Mr. ハーバードに対する人物研究が進み、「こんな人だった!」と
おおよその見当がついた頃には・・この銅像とは真逆人物である事が判明したそうです。

本当は・・・・
・猫背だった
・歯並びが非常に悪かったあげく、ほとんどの歯が抜けていた。
・背が低く、まるまると太っていた
・若くしてハゲていた
などなど・・・聞けば聞くほど、この銅像の人物は「一体、だあれ?」と想ってしまう程のお方だったそうです。

そう。
私は見知らぬ人の銅像に時間をかけて並んで、 写真を撮ったのであります!
ま、銅像に罪はありませんので、良しとしましょう。

その他の見所としましては、ハーバード大学のホール。ステンドガラスがとても綺麗。
 

それに、こんな立派な教会だって大学内にあります。
しっかりと「お導き」を受けられそうです。

 

また、お写真に収める事は出来ませんでしたが、
ハーバードの学生は皆、「え?!現役大学生??」とビックリする程の落ち着きぶり。
服装も、「ジーンズ、トレーナー、リュック」のスタイルが多かったです。
皆さん、お勉強一筋
学問第一」ですもんね。

今回は爆発事件もあり、くまなく「ボストン」を視察する事が出来ませんでしたが
いつかまた、この地を訪れてみたいな・・♡と心から思いました。

今年も、そんな素敵な場所を見つける事が出来たら、とっても幸せだと思います。

それでは皆さま、どうぞ素敵な1年をお過ごしください☆

スタッフ一同心より、祈念申し上げます。

♡ HAPPY  2014  ♡

 

カテゴリ:
アメリカ情報