留学生&WISHスタッフブログ:2014年1月

横浜中華街

こんにちは、東京本社経営管理部の山田です。

寒い日が続きますが、風邪やインフルエンザなどにかかっていませんか?
特に大学受験、高校受験などの受験生は今が正念場、大事な時期ですから
体調を崩さないよう、志望校合格を目指して夢の達成に向けてラストスパートですね。 
『ガンバレ 受験生!!』

さて、話は変わりますが、昨年12月下旬、家族で横浜の中華街に行ってきました。
久しぶりに行ったのですが、“さすが中華街”そこは、人、人、人・・・。

 mon  yokohama


朝陽門から善隣門のメイン通りの中華街大通りはもちろんですが脇道も裏通りもその一帯は観光客ばかり。
相変わらずの賑わいに“中国パワー”を感じました。

娘たちの目的は美味しいものを食べること

そして一番好きなのが“中華まん”です 。

『中華料理世界チャンピオン 世界一の肉まん』という看板のお店や『ハリネズミまん』という、 食べるのには少し躊躇しそうなネーミングのまんじゅうなど様々ありましたが、
娘たちは無難に肉まんを買い、とても美味しかったようなので大満足。

nikuman  niku

・・・・ですが実は、美味しい肉まんの前に失敗談がありました。
埼玉から遠路はるばる来たので中華街に着いたときにはお腹はペコペコ。

とにかく“人”が多い中華街。
エビワンタンが美味しいお店やお粥が有名ないつも行列が出来ているお店などは当然すぐには入れない。
仕方なく近くのお店に入り食事を注文。
店内はあまり混んでいないし店頭の料理のサンプルやメニューの写真も美味しそうだったので入ったのですが、これが美味しくないのです。まったく。 。。

“ここは中華街、失敗はないだろう”と過信してしまったのが間違いのもとで、
我慢してでも行列店にいくべきでした。


さて、気持ちを切り替え、山下町交番付近を横に入った通りにいくとなぜかエスニック雑貨のお店があり、店内はアクセサリーや衣料品などエスニック雑貨が盛りだくさん。
タイの歌も聴けるという“タイ農民の生活”というタイトルの動くディスプレイもあり、
中華街でありながら違う国の雰囲気も楽しめました。

お腹を満たすだけでなく、わずかな時間でしたが日本にいながら、
景観やそこで働く人々のパワーなど外国を感じた時でした。

1月末から2月中旬にかけては“中華街といえば春節”といわれるイベントがあるようです。
“採青(さいちん)”という新年を祝うと共に富貴吉祥を祈る
春節伝統行事や“春節娯楽表演”という獅子舞・龍舞・舞踊・雑技等の中国伝統文化の公演なども催されるようですから、 中国文化に触れる良い機会だと思います。

みなさまもぜひ行かれてみてはどうでしょうか?

カテゴリ:
スタッフの日常

ボストン研修!!

こんにちは。
東京本社カウンセラーの安部です。

1月もそろそろ終りますね。  

本当に、あっという間です。

さてこの後の、一連のスケジュールを想像していますと・・・。

見えてきた 見えてきた、

そう。

春がきて、


WISH留学フェアが来て、


あつい あつい HOTな夏が来て、
 

秋が来て、
6

また、お待ち兼ねの「秋の留学フェア」が来て、
7

冬が来ます。  
7

ええ。 その通りです・・・。
1年は何とシンプルな事でしょう。
何もしないとこの様に「春夏秋冬」の一年だけで終わってしまいます。

しかし私にとって、20代最後のこの「1年」。
「春夏秋冬」だけでは、終わらせません!

ただ「こんな一年にします」なんて言う「決意表明」は控えて、
去年の楽しい思い出を振り返りながら、
今年もこんな風にできたら・・・」と考えてみる事にします。

さて去年は何と言っても、アメリカ(ボストン&ロサンゼルス)への海外出張
とっても良い思い出になりました。
中でもボストンで体験した「ハーバード大学ツアー」では、
実際にハーバードに通われている学生さんに学校の案内をして頂きました!

ちなみに、私の出張期間と「ボストンマラソン爆発事件」とが重なってしまい、
ボストンを視察する事が出来たのは、この日「1日」だけ。
その為、この「ハーバード大学ツアー」が、私にとって心に残るボストン視察となりました!

大学ツアーは全て英語案内となりましたが、大学の「知られざる伝説」なども聞くことが出来ました。
中でも、ハーバード大学の象徴とも言われる、こちらのMr. ハーバード。  

この銅像ですが・・なんと建設時は実際の「彼の姿」を知る者が一人もおらず、
勝手な空想だけで作られたそうです。

近年Mr. ハーバードに対する人物研究が進み、「こんな人だった!」と
おおよその見当がついた頃には・・この銅像とは真逆人物である事が判明したそうです。

本当は・・・・
・猫背だった
・歯並びが非常に悪かったあげく、ほとんどの歯が抜けていた。
・背が低く、まるまると太っていた
・若くしてハゲていた
などなど・・・聞けば聞くほど、この銅像の人物は「一体、だあれ?」と想ってしまう程のお方だったそうです。

そう。
私は見知らぬ人の銅像に時間をかけて並んで、 写真を撮ったのであります!
ま、銅像に罪はありませんので、良しとしましょう。

その他の見所としましては、ハーバード大学のホール。ステンドガラスがとても綺麗。
 

それに、こんな立派な教会だって大学内にあります。
しっかりと「お導き」を受けられそうです。

 

また、お写真に収める事は出来ませんでしたが、
ハーバードの学生は皆、「え?!現役大学生??」とビックリする程の落ち着きぶり。
服装も、「ジーンズ、トレーナー、リュック」のスタイルが多かったです。
皆さん、お勉強一筋
学問第一」ですもんね。

今回は爆発事件もあり、くまなく「ボストン」を視察する事が出来ませんでしたが
いつかまた、この地を訪れてみたいな・・♡と心から思いました。

今年も、そんな素敵な場所を見つける事が出来たら、とっても幸せだと思います。

それでは皆さま、どうぞ素敵な1年をお過ごしください☆

スタッフ一同心より、祈念申し上げます。

♡ HAPPY  2014  ♡

 

カテゴリ:
アメリカ情報

海外のNew Year's Day!!!

あけましておめでとうございます。
名古屋オフィス、留学カウンセラーの藤墳(ふじつか)です。


2014年 幕開けですね!皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか?
私は家族で書初め大会を開き、今年一年の抱負を書きあいました。
ちなみに私の父は悩みに悩んだ挙句・・・「無」。
書くことがなかったからだそうです。
新年初苦笑いでした。

皆さんは、今年の目標はもう立てられましたでしょうか?
具体的な行動計画や目的・・・、なりたい自分の姿などなど。
新年の抱負や目標を立てるときって、いろんなことにやる気がでてきますよね。
さて、ここで少し海外のNew Year’s DAYについてご紹介させていただきます。

日本では、年越しはおそばを食べ、正月は家族でお節料理を楽しみ、
初詣に行く、というのが典型的なパターンですよね。
世界では様々なNew Year’s DAYイベント、過ごし方があるようです。

<NYタイムズスクウェアのカウントダウン!>
今年も日本が誇る東芝がオフィシャルスポンサーとなり、NYの夜を盛り上げました。
集まった約100万人の観客で一斉に60秒からカウントダウン。「0」になった瞬間、
皆抱き合いながら、タイムズスクウェアがHappy New Year!の歓声に包まれます。


  fuji fuj2

<シドニーで真夏のカウントダウン!>
シドニーで絶対に見逃せないイベントが何と言ってもハーバーブリッジから上がるカウントダウン花火。日本人が見ても圧巻です!

さらに、12月31日のオーストラリアは夏真っ只中。年があけて、約10分間は全部で7カ所から花火が次々連続して上がりっぱなしなんです! 

ここで重要なのは、花火を見る「場所」。 ぜひシドニーで年越しご希望される方は、早め早めに計画を立てておきましょう。 真夏のカウントダウンも一度は経験してみたいですね。


fuji

 

 

 

 

 

 

 

 


 

<スコットランドのお正月 ホグマネイ〝Hogmanay″>
ホグマネイ(Hogmanay)とは、スコットランドの大晦日から1日にかけて、夜通しお祝いするお祭りのこと。
この日はおとなりのイングランドとは大きく異なり、盛大なイベントとなります。
特にエディンバラとグラスゴーの2大都市でのHogmanayはNYのカウントダウンに負けないくらい熱気ムンムンです。
夜通し火を焚いて、皆で民謡を合唱したり、お酒を飲んでワイワイします。


エディンバラのたいまつ行列や花火は幻想的です。
なんでも、1960年代までスコットランド正教会がクリマスマスを盛大に祝うことを禁止していたとか。
歴史を感じながらの年末年始、貴重な体験ですね。

 

 <番外編?:トルコのお正月>

land私の大好きなトルコでは、大晦日お正月にかけて特に大きなお祭りはなく味気ない感じですが、
実は、このお正月期間にトルコでは素晴らしい取り組みをしています!

トルコ人たちは新年にボランティア活動や募金活動に参加することで、幸福を運んでくると信じて活動しているのです。

1年の始まりが、他人のために何かをすることから始まるなんて、
なんだか素敵ですよね。

 

 

さて、皆さんは、今年の大晦日、来年のお正月、どこの国で誰と過ごしているのでしょうか?
想像するととっても楽しみですね。


皆様にとって、素敵な1年になりますように!
     

本年もWISHをどうぞよろしくお願いいたします。
I hope that 2014 brings happiness to all of you!


 

カテゴリ:
その他の国情報

感謝とチャレンジ!!


こんにちは!みなさんっ★バンクーバーに留学中の柳沼名央子です!

バンクーバー留学も二か月が過ぎました。
明らか、自分でも変化が感じられるようになりました。
それは、「聞き取り」
2才のホストブラザーを始めファミリーの質問は少しずつ解るようになりました。
ただ、「応答」がまだまだすぐに出ないので頑張っていきたいと思います。

そしてこのステイにも慣れてきて、自分のどこかに少し余裕が出来ました。
なので2ヵ月目は、たくさんのことにチャレンジをしてみました。
12月はホストマザーとホストシスターのバースデイがあったので
日頃の感謝も 込め少しサプライズを仕掛けてみました
(準備をしてる時すっごいわくわくしましたっ(^^♪)

ホストシスターにはプレゼントのありかを探すゲーム、マザーにはお店で花束とプレゼントを♡
二人には共通で 長文のバースデイカードもプレゼントしました♫
結果、すっごく喜んでくれてそれから一段と仲が深まりました!!

 xmas

このプレゼントは自分にもプラスになることがばかりでした。
例えば、「長文のバースデイカード」。これはまず「文法」の練習にもなりますよね。
それに 普段言えない自分の気持ちも手紙の中なら言えて、
大人に対する書き方、子供に対する書き方もわかって。
そして学校の先生にも協力してもらい下書きを見せ修正をしてもらう。
そしたら、自分の間違えがわかり今度からはミスが少なくなる。
相手には喜ばれるし自分のためにもなる。
私は、本当に皆さんにもこのプレゼントをお勧めします♫♫

そして私は長期留学なので習い事もはじめました(*´ω`)
食べてばかりではfat,,fat,,fat,,,,なので、、汗

その習い事とはマザーの趣味でもある「ホットヨガ!!!!
マザーにある日「体験、もしくは見学だけでも来てみない?」とお誘いされて
私自身すっごくヨガには興味があったのですかなかなか足が動かず(笑)だったので
「これはいい機会だ!」と思いチャレンジしてみましたっ★

ホットヨガなのでめちゃくちゃ暑いし初めてだから見よう見まねだし
先生の言ってることはぜんっぜんわかんないけど(笑)
終わった後はすごく気持ちがよくて、週に1回のペースで習うことにしました♫
費用も安くてヨガウェアとかマットとかもこっちは安いので気軽にできます♫
それに行き帰りはマザーと一緒なので色んなことも話しますし
先生もとてもいい人なのでよりトーク力が上がるような気がします。
長期留学の方は、「習い事」をされるとまた出会いの場が広がりますねっ♫

では、まだまだチャレンジしたことはたくさんあるのですが
皆さんお待ちかねの。。。。(多分誰も待ってないですね)

海外のクリスマスについて私が体験したこと含め話したいと思いますっ♫

 

クリスマス当日までに必ずといっていい程すること

*クリスマスツリーをきれいにデコレーション
  
 
(日本でもこれくらいはしますよねっ(._.))
はい!ここ違うところ!こっちはリアルツリーをお父さんが用意する家庭が
すっごく多いですね!うちのステイ先もでっかいツリーがどーんっ!と!

*クリスマスソックスを家族分用意する
皆さんもクリスマスの洋画とかでよく見るあのプレゼントを入れる靴下。
あれ本当に使うんですよ~? 私もびっくりしましたっ
それを家族分ちゃんと壁にかけるなり置いておいたりして用意します♫

*クリスマスカードを身 内、友達に送る。
これは日本でいう年賀状の役割を果たしていて写真付きであったり
プレゼント付であったりいろんな形で大切な人、普段会えない人へ送ります!

*家族ひとりひとりへのプレゼントを用意しツリーの下へ置く。
子供たちは用意をしなくてはいいですけど大人達はそれぞれに
プレゼントを用意します(*_*)日々の感謝もこめてですねっ
ツリーの下へ置く理由はオーナメントと同じようにきれいに飾っておく物という
考え方で置くらしいです♪ 日本のように枕元にプレゼントは置きませんよ~(笑)


 2xmas

当日は、朝早くから子供たちに「Naoko!!!Wake up!!! Christmas presents!!
と叫び起こされリビングへ向かいました(笑)あれは今でもトラウマ(笑)
プレゼントの量にはすっごくびっくりしましたし何より順番もあって
まずソックスの中身から空けて、次にツリーの下のプレゼントを
みんなで空けていきます(´▽`*)子供たちのあの楽しそうな顔♪

ファミリーがなんと私のソックスもプレゼントまで用意してくれてて、
本当に幸せでした。もちろんここでも私もサプライズを用意してましたよ(笑)

夜もマザーが朝からこしらえてた豪華なディナーとともに
みんなで楽しいクリスマスパーティをして「メリークリスマス!」と言って就寝しました

どうですか?海外のクリスマスはっ ★?
ぜひ留学をするのならこういうビッグイベントは参加するべきですねっ♪


 3xmas  xmas
(左:クリスマスガーデン、右:クリスマスコンサート)

 

今回もわたしのなっが~~い投稿を読んでくださってありがとうございます。
次回はなにを書いてるのかな?と少し先の未来がまた楽しみでもあります
では、その楽しみを待ちながらまた来月? ByeBye
   
 

カテゴリ:
柳沼名央子さん(カナダ/バンクーバー)

スイス絶景の旅

新年明けましておめでとうございます。

大阪オフィスの上出です。
いよいよ2014年が幕開けです。

12月31日と何ら変わることのない一日ではありますが、やはり新年って気が引き締まるというか、
今年こそはこれを頑張ろう!という希望に満ちていますよね。初心忘るべからず
新年に決めた抱負や目標を絶対叶える年にしましょう★

さて、私の2013年は海外にたくさん行けた一年でした。
7月にはニュージーランド、8月にはスイス、12月にはオーストラリアと休暇を大満喫することが出来ました。

私はどちらかというと、ショッピングや食事よりも、旅行には大自然の雄大さを求めるので、スイスの名山めぐりはとっても良かったです。

あの、イッテQ登山部イモトも登頂したマッターホルンユングフラウヨッホなど、
私はもちろん登山ではなく、登山列車で頂上の展望台まで上ったのですが、本当に間近に頂上を望むことが出来ます。
快晴の空の下で拝むユングフラウヨッホは、神が舞い降りてきそうなくらい神々しく、日々の小さな悩みが全部ふっとぶくらい美しい景色でした。

kamide1

 

マッターホルンは、世界的にも有名な美しい山ですよね。
周辺には何十通りものハイキングコースがあり、初心者でもマッターホルンを鑑賞しながらゆっくりと歩くことが出来ます。
スイス滞在中は天候に恵まれ、逆さ富士ならぬ、逆さマッターホルンもキレイに見ることが出来ました。

 3

スイスは9ヶ国もの国と隣接しており、とても国際的な国です。エリアによって話している言語もドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と様々です。
長距離列車に乗って都市を移動していると、車掌さんの挨拶が「Guter Morgen」「Bonjour」「Ciao」と変化していくので、とても面白いです。
ホテルマンも3ヶ国、4か国語話せるのは普通です。
旅行者の言語で案内が出来るって、最高のホスピタリティ精神ですよね。日本も、来る2020年には東京オリンピックが開催されます。

世界中からたくさんの観戦者や観光客が来日すると思いますが、
その際には是非、英語はもちろん、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語などで、せめて道案内が出来るくらいの会話力を身につけて、
おもてなし」が出来るよう、少しづつでも勉強していきましょう!

カテゴリ:
スタッフの日常

Special Event!!

みなさん、こんにちは!

 

そしてあけましておめでとうございます:)
オーストラリア・ブリスベンに留学中の武田芹奈です。
12月はSpecial Eventがたくさんあったので1つ1つ紹介していきますね!


まず今月はこちらの生活にもだいぶ慣れてきたので新しいことに挑戦したいと思い、
バリスタ(エスプレッソマシーンでコーヒーを入れ る 人)の資格を取りにいきました!
$100くらいで、しかも5時間で取れるというバリスタコース
とっても魅力的でした!!!


barisuta

が、行ってみての感想は…難しい。 


何が難しいかって、オーストラリア人の先生の説明を英語で聞くだけで精一杯なのに、数々の専門用語…笑
でも先生は丁寧に教えてくださり、無事にテストも合格し、バリスタの資格を取得することができました。


その次に挑戦したことは、仕事探しです。
”毎日学校と家の往復…そんなのつまんない!!!”
ということで、仕事を探し始めました。そして、
”せっかくバリスタの資格を取ったんだし、どうせなら
現地のカフェで働きたい!!!”
そう思ってレジメを配って歩きました。

こっちではレジメを配るのは普通のことなので、びっくりです!
配って回ったのですが、やっぱり難しい…
けどそんなときにたまたま立ち寄った日本食レストランにレジメを配ったら、そのまま面接。
そして採用になりました!!!

そのときは、「日本食レストランだから日本語ばっかりなんだろうな…」って思っていたのですが!!!!!
バイト仲間は違う国の人も多く、英語をよく使います!
なおかつ、お客さんにはもちろん英語。
日本の料理を英語で説明する、注文をとる…大変です。

でも周りに恵まれてすごく楽しく仕事ができています:)


最後にクリスマスのお話
aus xas xmasbarisuta

やっぱり本場は違いますね、はい。


なにが1番違うかって、プレゼントの数だと思います。
クリスマスツリーの下のプレゼント、全部3人の子供たちのためのプレゼントです!
このほかにも机の上や床にたくさん!!!
その中にちゃっかり私へのプレゼントもあったりして…:)
素敵なクリスマスの始まりでした!
おうちでお祝いした後は、マザーのお友だちのお家でパーティーをしました!

クリスマスが終わった次の日は、Boxing day!
日本にはない休日ですね。
CityではSaleが行われて、人、人、人!
すごかったです!!!
Boxing Dayでは安くなっていたスケボーを買ってしまいました!!!
こっちではスケボーに乗っている人が多いので、私も便乗して…笑

そんな素敵な12月でした!
20年生きてきて、初めての夏のクリスマス
とってもとっても素敵な体験ができました:)


みなさんも機会があったら、絶対!絶対!絶対!行ったほうがいいと思います☆

カテゴリ:
武田芹奈さん(オーストラリア/ブリスベン)
  • 1