留学生&WISHスタッフブログ

グルメと雑貨の天国、台北

皆さん、こんにちは。大阪オフィスの田村です。台北の街1

皆さん、連休はいかが過ごされましたか?

私は9/13~15の2泊3日で台北に行ってきました!


関空からわずか2時間半のフライトを経て、空港から市内まではバスで1時間弱。

日本ととても似ているような、それでいて台湾独特の異国情緒漂う街並みが広がっています。

台北の街2  台北の街3
 

今回皆さんにお伝えしたい台北の魅力

まず1つ目はなんといってもグルメです!台湾ビール

ちゃんとしたレストランに入るもよし、地元のご飯屋さんにふらりと入るもよし、屋台で買い食いをするもよし。

私は勝手に「台湾の料理ってコッテリしてそう…」というイメージを持っていたのですが、実際口にしてみると味付けは意外とアッサリ!海外の食事に慣れていない方でも安心して食べられると思います!
小籠包
に入っているお肉の量も多すぎず、さらに水餃子春巻きにお野菜が入っていたりして、ヘルシーな印象を受けました。


台湾ビールも、さわやかな味わいの割には小麦の味がしっかり効いていて美味しかったです!

小籠包  ラーメン
烏龍茶

2つ目はお茶

ぜひともお土産に購入していただきたいです。

私は凍頂烏龍茶を買いましたが、一般的にイメージされる烏龍茶のように渋くありません。ほんのりお花の香りがするような、フルーティでさわやかな味わいです!




台湾の雑貨13つ目は雑貨

特に女性の方にはたまらないと思いますが、台湾の雑貨はどれも可愛いんです!

駅の地下街に売っているアクセサリーや刺繍細工のポーチ、茶器、週末だけ開かれる玉市で売られているブレスレットや指輪、玉を使ったストラップなどなど、どれもこれもデザインが繊細でかわいらしく、かつ安い!



人にあげるお土産のつもりで買ったものなのに、帰国してから改めて眺めていると「やっぱり自分で使いたい…」と欲が出てきてしまいます。

台湾の雑貨2   台湾の雑貨3

3日間の旅程のほとんどを街歩きと食べ歩き、ショッピングに費やしてしまったのですが、国立故宮博物院中正紀念堂総統府などの観光スポットもたくさんあるので、次回訪れた際はそういった魅力もとことん味わいたいと思います。


気になる現地での言葉ですが、ほぼ中国語でした。

そんななか、中国語がまったく話せない私を助けてくれたのはやっぱり英語。私のカタコトの英語でも何とか乗り切ることができました。やはりどこの国に行っても英語は大事ですね。勉強や仕事目的以外でも、英語を勉強しておくに越したことはないな、と実感しました!
基礎的なレベルで大丈夫なので、皆さんも英語を勉強して、ぜひとも海外へ飛び出してみてください!

カテゴリ:
アジア情報