留学生&WISHスタッフブログ:2013年9月

グルメと雑貨の天国、台北

皆さん、こんにちは。大阪オフィスの田村です。台北の街1

皆さん、連休はいかが過ごされましたか?

私は9/13~15の2泊3日で台北に行ってきました!


関空からわずか2時間半のフライトを経て、空港から市内まではバスで1時間弱。

日本ととても似ているような、それでいて台湾独特の異国情緒漂う街並みが広がっています。

台北の街2  台北の街3
 

今回皆さんにお伝えしたい台北の魅力

まず1つ目はなんといってもグルメです!台湾ビール

ちゃんとしたレストランに入るもよし、地元のご飯屋さんにふらりと入るもよし、屋台で買い食いをするもよし。

私は勝手に「台湾の料理ってコッテリしてそう…」というイメージを持っていたのですが、実際口にしてみると味付けは意外とアッサリ!海外の食事に慣れていない方でも安心して食べられると思います!
小籠包
に入っているお肉の量も多すぎず、さらに水餃子春巻きにお野菜が入っていたりして、ヘルシーな印象を受けました。


台湾ビールも、さわやかな味わいの割には小麦の味がしっかり効いていて美味しかったです!

小籠包  ラーメン
烏龍茶

2つ目はお茶

ぜひともお土産に購入していただきたいです。

私は凍頂烏龍茶を買いましたが、一般的にイメージされる烏龍茶のように渋くありません。ほんのりお花の香りがするような、フルーティでさわやかな味わいです!




台湾の雑貨13つ目は雑貨

特に女性の方にはたまらないと思いますが、台湾の雑貨はどれも可愛いんです!

駅の地下街に売っているアクセサリーや刺繍細工のポーチ、茶器、週末だけ開かれる玉市で売られているブレスレットや指輪、玉を使ったストラップなどなど、どれもこれもデザインが繊細でかわいらしく、かつ安い!



人にあげるお土産のつもりで買ったものなのに、帰国してから改めて眺めていると「やっぱり自分で使いたい…」と欲が出てきてしまいます。

台湾の雑貨2   台湾の雑貨3

3日間の旅程のほとんどを街歩きと食べ歩き、ショッピングに費やしてしまったのですが、国立故宮博物院中正紀念堂総統府などの観光スポットもたくさんあるので、次回訪れた際はそういった魅力もとことん味わいたいと思います。


気になる現地での言葉ですが、ほぼ中国語でした。

そんななか、中国語がまったく話せない私を助けてくれたのはやっぱり英語。私のカタコトの英語でも何とか乗り切ることができました。やはりどこの国に行っても英語は大事ですね。勉強や仕事目的以外でも、英語を勉強しておくに越したことはないな、と実感しました!
基礎的なレベルで大丈夫なので、皆さんも英語を勉強して、ぜひとも海外へ飛び出してみてください!

カテゴリ:
アジア情報

家族でアリゾナへ

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの大野です。
皆さま、昨日の台風は大丈夫でしたか?私は祝日でWISHが休みだったので、家にこもっていました。

アリゾナ今回は、去年のクリスマスに旦那と息子の3人でアメリカのアリゾナに行ったときの話です。

アリゾナといえば有名なのはグランドキャニオン!!

しかし私たちが行ったのは真冬だったので、寒くてとても行けませんでした。基本的には砂漠だらけの地域なので、平地だと冬でも気温は20度くらいあるのですが、グランドキャニオンは山なのでマイナス20度くらいになるそうです。


サボテン


アリゾナにはそこら中に何メートルもの高さのサボテンがたくさんあるのですが、アリゾナ州ではサボテンを傷つけたり切ったりするのは法律違反

理由は、高い値段で売ることができるからだそうです!


滞在は旦那の両親の家(ウィンターハウス)だったので、食事も作ってくれるし楽チンでした。
息子は生まれて初めて、GrandpaとGrandma、Great-grandmaに会いました!でも次会う時にはきっと忘れてるんだろうなーと思います(笑)

アメリカの家族1  アメリカの家族2

特に観光はできなかったのですが、スーパーに行ったり、タコベルでランチしたりと楽しい時間を過ごせました。

唯一後悔したのは、デルタ航空で行ったこと。乗換えで10時間も待つことになりました・・・。

皆さまもぜひチャンスがあればアリゾナに行ってみてください!冬以外の季節に行くことをおすすめします!

カテゴリ:
アメリカ情報

初めての釣り

こんにちは。東京本社の小松です。
皆さま、この夏の猛暑は無事に乗り越えられましたか?私は先月、山梨県や高知県で40度を超えた日に、外でテニスをしていて吐きそうなりました。もう若くないから気をつけないとですね。
ここ最近の30度くらいの日差しが、肌に優しく感じてしまいます。

さて今回は、生まれて初めて体験した釣りの話。

小学生の息子が昨年くらいから釣りに興味があるようなので、今年は釣りを体験させることにしています。

まず最初は今年のお正月。帰省先の近くの湖でワカサギ釣りに行ってきました。ワカサギ釣り
私は寒いのが本当に苦手なので、「氷の上で小さい穴から釣り糸を垂らし、寒空の中、折りたたみのイスに座ってじっと待つ」という以前テレビで見たようなスタイルだったら恐らくやらなかったと思うのですが、今は違うんです!!

小さい子どもも体験できるように、湖の上にビニールハウスのようなドーム型の釣堀が期間限定で設置され、仮設トイレまで付いているのです!コートが無いとさすがに寒いですが、中はストーブで暖められているので凍えることはありません。


予想以上に快適なドーム内でのワカサギ釣り。1つの竿に5箇所くらい小さいミミズのような餌を付けて糸を垂らします。3時間ほど餌を付けては糸を垂らしを繰り返していたところ、主人と私はダメでしたが、息子と甥っ子は何匹か釣れていました。

ワカサギのフライ
岸に戻ると、釣り屋さんが事前に釣っておいたワカサギをフライにして食べさせてくれました。熱々でおいしかった~

ちなみに息子は「ばあちゃんに見せてから食べる」と言って持ち帰り、義母に揚げてもらっていました。自分が釣った獲物を見せることができて満足そうでした。


八景島シーパラダイス
2度目は7月に行った横浜の八景島シーパラダイスで。

海ファームという、遊園地の一角にある手ぶらで手軽に釣りを楽しめるアトラクションです。釣竿もバケツも貸してくれ、釣った魚をその場で揚げて食べることができます。

アジだったので1回目のワカサギよりも大きく、4匹も釣れたので息子は喜んでいました。





そして、3度目は毎年海水浴に行っている西伊豆の堂ヶ島で。西伊豆
いつもは海で泳いで、シュノーケリングで魚を見て満足していたのですが、今年は釣りに挑戦です。
宿の人に、早朝か夕方が釣れやすいと教えてもらったので、夕方防波堤に行きました。

最初に連れたのは主人。開始30分くらいで大きめの縦縞模様の魚を釣り上げたのは良かったのですが、近くをたまたま通りかかった船員さんらしき人が「背びれに毒がある魚だから触っちゃダメだよ」と教えてくれました。あぶない、あぶない

次に釣ったのは息子。小さめの魚でしたが、ピチピチと竿を通じて伝わってくる手ごたえに興奮していました。その後も、主人が2匹釣り、息子はフグを釣って大喜びしていました。

魚1  魚2  魚3

私はというと、鈍くさいのが魚にもバレてしまったのか、いつも餌だけササっと取られてなかなか釣れません。
見かねた息子が、自分が釣れた場所に連れて行ってくれたり、上からのぞいて魚が泳いでいるのが見える場所を探してくれたり、「ハイって言ったらすぐ釣り上げて」とアドバイスしてくれたりしました。
おかげでなんとか小さい魚を1匹釣り上げることができ、宿の夕食の時間にも間に合いました。

小さい魚なのに、釣り竿の振動が思ったよりも大きくて、コントロールするのが意外に大変でした。あんな小さな魚でこれですから、息子が見ている釣り番組で釣り上げるような大きな魚だとさぞ大変なのだろうと思いました。

何事も見ているだけと実際に体験するのでは違いますね


七夕の短冊に「将来は釣り名人になりたい」と書いた息子のために、この猛暑が落ち着いた頃にまた次回の釣りを計画したいと思います。

カテゴリ:
スタッフの日常

日本のハワイ

「日本のハワイ」と言えば、皆さまお分かりでしょうか?

「フラガール」でさらに有名になった、スパリゾート・ハワイアンズです。

申し遅れました、東京オフィス留学カウンセラーの糟谷です。
地元に近いこともあり、夏に帰省した折に行ってきました。

ハワイアンズでは、プールも流れるプールウォータースライダーなども多く楽しいのですが、スパリゾートという名前の通り、本格的な温泉も一緒になっているのです。ほとんどが水着で入れるお風呂ですが、それ以外にも「与市」と呼ばれる和風テイストの広大な露天風呂などもあり、季節も年齢も問わず楽しめる癒しスポットだと思います。

そして何といっても映画「フラガール」以降脚光を浴びているポリネシアンダンスショーは必見です。フラダンスタヒチアンダンス、そしてファイアーナイフダンスは、生演奏と一緒に行なわれ、本格的でとても盛り上がります。

ポリネシアンダンスショー1  ポリネシアンダンスショー2

実は東北大震災の後、ハワイアンズは施設に大幅な被害を受け、復旧工事をしていました。完全に修復するまで約1年かかりました。また、被災地域から避難している人々を受け入れたりもしていました。

フラダンスチームはその間、日本を元気づけるために「フラガール全国きずなキャラバン」として、全国に福島再興を訴えて行脚していました。

震災の爪痕はまだまだ残っていますが、東北地方も観光名所を中心に完全復興を目指して頑張っていると感じました。

ハワイ留学
暑い夏はまだまだ続きそうですが、海外に行くほど時間が取れない方にはおすすめです。身近に味わえる日本のハワイで、プールとフラダンスそして温泉で癒されてください。

また本物のハワイにご興味のある方は、WISHへご連絡ください。最短で5日間よりプチ留学プランをご用意しております。

カテゴリ:
スタッフの日常

海外ラジオ

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの石井です。
8月が終わってもまだまだ残暑が厳しいですが、毎日いかがお過ごしでしょうか?

今回は私がロサンゼルス留学中に愛聴していたラジオについてお話しします。

そもそも皆さんは普段ラジオって聞きますか?

そういう私も今は休みにドライブする時くらいしか聞かなくなってしまいました。ロサンゼルス
でも留学中は車で通学する時や家で宿題などをしている時には必ずラジオを聞いていました。

特にロサンゼルスのFM局は充実していて、流行の曲ばかりを流すのではなく、クラッシック専門とかジャズ専門とかの局があり、その日その時の気分によって聞き分けられます。そしてパーソナリティーの軽快なおしゃべりはほとんどなく、曲ばかりが流れます。時にはロサンゼルス名物の「渋滞情報」も耳にすることもあります。

今日は私のお気に入りのラジオ局をいくつかご紹介します。

ロサンゼルスのラジオ局1
1.KIIS FM (102.7)
KIISと書いて、キッスFMと呼びます。ラジオをつけたらまずここにチューニングします。ここでは今一番流行っている曲が延々と流れます。


ロサンゼルスのラジオ局2
2.KOSTFM (103.5)
KOSTと書いて、コーストFMと呼びます。ここはイージーリスニングを主に流しています。ケニーGの様な曲と言えば分かりやすいでしょうか?


ロサンゼルスのラジオ局3
3.POWER FM(106.0)
ヒップポップ中心にアップテンポな曲、ダンスミュージックなどで盛り上がりたい時には、ここにチューニングを合わせます。



パシフィックコーストハイウェイ
一番のお勧めは、夕暮れにロサンゼルスの1号線(パシフィックコーストハイウェイ)をKOSTを聞きながら海岸線沿いをドライブすること。

季節に関係なく美しい景色と車窓から吹き込んでくる海風、そして波音とリラックスできる音楽とで「ロサンゼルスにいるっ!」って強く感じるひと時です。



ラジオは結構リスニングのトレーニングにもなるのでお勧めです。今ではインターネットでもスマートフォンでも海外のラジオを聞くことができます。

首都圏にお住いの方なら、AM810のAFN(AMERICAN FORCES NRTWORK)で、音楽からニュース、コメディまで幅広く英語のラジオを聞くことができるので、行きたい国や都市のラジオを聞いてみてはいかがでしょうか?
目をつむれば、そこの景色が見えてくるかもしれません。

カテゴリ:
アメリカ情報
  • 1