留学生&WISHスタッフブログ

私の好きな海外の味

こんにちは、WISH東京オフィスの滝澤です。
今回は私の好きな海外の飲み物について書いてみようと思います。

私は日本の物ももちろん好きですが、留学していたアメリカの物がとても好きです。

皆さん、「アメリカの物=体に悪そう」というイメージってないでしょうか?

私は、味が濃くていかにもアメリカというものが大好きです。着色料をふんだんに使用したお菓子や「どうやったらこの味になるの?」と思わず言ってしまいそうになる飲み物、そんなものばかりを体に取り入れて生きています。

中でも、私が心から愛している物が…Dr. Pepper です。

この飲み物、好き嫌いが極端に分かれますよね。ドクターペッパー


好きな人にとっては、それを嫌いな人の気持ちがわからないのが普通ですが、Dr. Pepperに関しては私にはわかります。なぜなら、嫌いだったからです。薬っぽい味で、どう考えても体に悪そうな茶色い飲み物、しかも炭酸ですからね。



初めてDr. Pepperを飲んだ時は、350ml缶のほとんどをゴミ箱に捨てました。一口飲んで、これ以上飲んではいけない味がしたので、体が拒否しました。

これが私とDr. Pepperの出会いでした。

確か、小学生の頃だったと思います。その年頃にとっては貴重な110円を自動販売機に入れ、コーラを購入しようとしてボタンを押し間違えてのDr. Pepper…という状況だったので、何とも言えない鬱状態に陥ったのを覚えています。


もう二度とこんなものを飲むものかと決めてから何年か経ち、私も高校生になりました。

ある時、友人と海外の商品を扱うお店へ入り、ヤツとばったり再会しました。小学校のときの苦い思い出があるので、当然そこで買おうとは思いませんよね。

でも、買っちゃったんです。そう、買っちゃったんです。

これが、Dr. Pepperと私との関係を180°変えた事件です。



以前は「変なおいしくない飲み物」だったのが、意外とチェリー味?で炭酸もほど良い感じで印象がガラッと変わり、むしろ好きかもと感じてしまったのです。
もしかしたら、成長して味覚が変わったのかもしれません。その時のDr. Pepperは驚くほど美味しく感じました。

それからというもの、見かけると必ず買うくらい好きな飲み物となり、今では好きな飲み物No.1です。

ちなみに、Dr. Pepperはチェリー味だと思っていましたが、20種類以上のフルーツフレーバなのだそうです。私のおすすめは、チーズ味のチップスとDr. Pepperという最強の組み合わせ。ぜひお試しください。



日本人はこのDr. Pepperをあまり好きではない方が多いようですが、アメリカ人にとっては定番の飲み物です。

アメリカのファストフード店では飲み物のほとんどが日本のドリンクバー形式になっていて、カウンターでカップをもらって、自分で好きな飲み物を選んで飲むことができます(基本的におかわりはNGですが、皆帰りに注ぎ足して帰っていく)。ドリンクの機械には、コーラ、ファンタ、スプライト、オレンジジュース、レモネードなどの定番があるのですが、そこには必ずDr. Pepperも用意されています。日本だとコーラ、スプライト、ジュース類にお茶ですよね。

アメリカではどこへ行ってもDr. Pepperが飲めるので、私にとっては天国でした



Dr. Pepperもそうですが、例えば緑茶に蜂蜜が入っているなど、海外へ行くと日本との味文化の違いに驚くことが多いです。

飲食は毎日のことなのでとても重要で、子供のころから食べたり飲んだりしてずっと慣れてきているものなので、突然それが食べられなくなったり、慣れない味に出会うと体もびっくりしてしまいます。恐らく、海外へ行って一番わかりやすいカルチャーショックは味の違いだと思います。

ただ、味も一つの文化

留学へ行ったら、日本に無い食べ物や飲み物をぜひ試してみてくださいね。
ついでに、Dr. Pepperもよろしくお願いします。

カテゴリ:
スタッフの日常