留学生&WISHスタッフブログ:2013年4月

8年ぶりのクライストチャーチ

はじめまして。東京オフィス法人担当の吉川です。
クライストチャーチの青空
今年の1月、少し時間ができたのでちょいとニュージーランドに行ってきました。12年ほど前にワーキングホリデーで初めて訪れたクライストチャーチ

いつも飛行機では熟睡爆睡の私が、今回はなぜか全く眠れませんでした。それはどうにもこうにも抑えきれないワクワクのせいだと気付いたのは、身を乗り出して(窓は開きませんので機内の通路越しに)眼下に広がる景色をひとりニヤニヤ、ニヤニヤ、ニヤニヤと眺めはじめたとき。

そう、今回は約8年ぶりのホストファミリーとの再会だったのです!

初めて会ったとき6歳だった子がパパになっていたり、私のひざで甘えていた5歳児が見上げるほど大きくなっていたり。
私も同じように8年という時間を過ごしてきたはずなのに。。。若い子の心身の成長っぷりは目をみはるものがありました。そして自分も日々もっともっと大切に生きて成長しなくては、と良い刺激も受けました。


ご存じのようにクライストチャーチは2011年2月に大きな地震がありました。私が訪れた1月の時点でも、街の中心部の一角と一部の郊外はまだ立ち入り禁止区域が残っていましたが、日々前進して今も復興が続いています。

しかし、地震前と全く変わらないエリアもあり、そこにある数々の大きなショッピングモールはとても賑わっているなど、同じ街とは思えないくらい、いたって普通の生活が続いている区域がほとんどでした。エリアによる被害の大きさにあまりに差があることから、街の反対側の被害を理解しにくい地元の人もいるほどだそうです。

クライストチャーチ  クライストチャーチ



偶然にも恒例の「世界大道芸フェスティバル」に行くこともできました。おいしいスムージーを片手に、日本を含む各国から来た芸を楽しみました。
でもホントに楽しんだのは澄み渡るキレイな青空久しぶりに腰を下ろした芝生の緑、そして陽気なキウイ(ニュージーランド人)たちの存在でした。

世界大道芸フェスティバル  大道芸  世界大道芸フェスティバル

植物庭園
見慣れた街の変化に思わず絶句することもありましたが、久しぶりに直接会えた人たちの変わらない明るさのびのびした街の雰囲気、植物庭園でキレイに咲き誇る花々に、本当に幸せを感じてゆっくりとリフレッシュすることができました。ありがたかったです。


EメールにFacebook、SkypeにLINEなどなど、大変便利な世の中になりました。

高額な国際電話代を気にしたり、筆不精な自分を責めることもなく、はるか離れた海外にいる友だちにも通勤途中の電車からメッセージが送れるなんて、ある意味では地球が小さくなったような気がします。

エッグベネディクト

きっかけさえあれば世界中の人と簡単に、ずっとお友だちでいられるのです。これからも文明の利器に頼りつつ、大切な人たちとつながっていきたいなと思います。

さあ、今日は誰に「いいね!」ができるかな?

カテゴリ:
ニュージーランド情報

カジノじゃないラスベガスの楽しみ方

こんにちは。東京本社の塚本です。

少し前にアメリカのラスベガスに行ってきました。
ラスベガスと聞いて真っ先に思いつくのはどんなことでしょうか?「カジノ」を真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。逆に「カジノしか思いつかない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、ラスベガスで楽しめるものはカジノ以外にもたくさんあるんです。私は今回のラスベガス滞在中、全く賭け事はしませんでした。では一体何をしてきたのかというと・・・
シルク・ドゥ・ソレイユの0
まずはいくつかのエンターテイメントショーを楽しんできました。
私の泊まっていたホテルではシルク・ドュ・ソレイユの“O”というショーを専用シアターで見ることができました。他のホテルに行けばまた別の演目でシルク・ドュ・ソレイユのショーが見られます。

あちらこちらのホテルでそれぞれ違ったショーが繰り広げられ、シルクのものだけでも5つ以上のパフォーマンスを楽しむことができます。


また、全米を代表する水族館の一つにも行ってきました。これもやはりホテルの中にあります。
動物園を併設しているホテルもあるんですよ!ホワイトタイガーなんかもいたりして、ずいぶんと立派なものでした。
あとは、これまた別のホテルでイルカと触れあって癒されもしました。


ラスベガスホテル2  ラスベガスホテル3

ラスベガスホテル4  ラスベガスホテル5
ラスベガスホテル6
ベネチアをイメージしたホテルではゴンドラにも乗ってきましたし、別のホテルでは食事をしながら見られるショーも満喫してきました。

フランスのエッフェル塔の形をしたホテルで食べたワッフルや朝食はボリュームたっぷり!スタッフもフレンドリーで食事も楽しめました。

ブランチでビュッフェにも行ったのですが、お料理の種類があまりに多いのに目が点!何百種類あったのでしょう。40~50分くらい待たされたけど、なるほどこれだけたくさんあれば並んででも利用したいと思うんでしょうね。食事のために何十分も待つのは日本人だけではないようです。

泊まっていたホテルでは毎日決まった時間に噴水のショーをやっていたので、これもせっかくなので昼と夜にお散歩がてら見てきました。


ラスベガスホテル1それにしても1つ1つのホテルの規模のなんと大きいこと!まるで1つの街です!どのホテルもそれぞれに特徴があるので、いろいろなホテルをはしごして内装などを見るのも楽しめます。
私が素敵だなと思ったのはベネチアをイメージしたホテル。ロビーの壁画や天井の絵が美しかったです。本当にたくさんのホテルを巡りました。


この他にもラスベガスの楽しみ方はいろいろあります。
今回私は残念ながら行けなかったのですが、ミュージカルがあったり、多くの有名アーティストがライブをしていたりもします。絶叫マシンを楽しめたり、ゴルフなんかもできるようです。

もっといろいろ楽しみたかったですが、3日間の滞在では短すぎました。次回までお預けです。

ラスベガスはカジノ目的でなくても楽しめるなので、ぜひ機会があれば行ってみてください。グランドキャニオンまで足を伸ばすのもいいですね!

カテゴリ:
アメリカ情報

春のバーベキュー

こんにちは、名古屋オフィスの幸田です。
4月に入り、お花見に出かけられた方も多いと思います。いつもお花見のタイミングを逃してしまう私ですが、今年は名古屋城近くの公園に行き、何年かぶりにお花見を楽しんできました。
滋賀でバーベキュー

春と言えばお花見のように、バーベキューというと夏をイメージしますが、暑くなる前にということで、先日WISH名古屋オフィスのメンバーで滋賀県にバーベキューに行ってきました!



当日はあいにくのお天気でしたが、他のスタッフが事前にお肉やお魚の味付けをして来てくれたお陰で、今までのバーベキューでは味わったことのないような美味しいお肉やお魚をいただくことができました!ステーキのようなお肉もあったんですよ!

バーベキュー1  バーベキュー2

また、大阪オフィスから駆けつけてくれたスタッフは、551の豚まんや焼売、餃子を差し入れしてくれました。網の上で焼くとこれまた香ばしく、絶品でした!関西育ちの私には本当に懐かしかったです。ありがとう!


さて、日本でやるバーベキューももちろん楽しいのですが、留学に行くと現地でバーベキューをする機会も多いと思います。

メルボルンオフィス主催バーベキューパーティー
WISHのサポートオフィスでもバーベキューパーティを開催していて、2月にはメルボルンのサポートオフィスでも盛大にやっていました!
南半球のオーストラリアでは、2月がバーベキューにうってつけの季節なんです!

そのときの様子はメルボルンオフィスのFacebookにアップされていますので、楽しそうな様子をぜひ覗いてみてくださいね。

これから留学を控えている皆さん、またすでに留学中の皆さん、是非海外でのバーベキューを楽しんでくださいね!

カテゴリ:
スタッフの日常海外サポートオフィス

日本の桜

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの豊田です。
井の頭公園の夜桜
先日、都内に数あるお花見スポットの中から、井の頭公園へお花見に行ってきました。
東京の桜はきれいです。特に夜桜は神秘的でした。
皆さんのところの桜はいかがですか?もう満開でしょうか?それとも散り始めているでしょうか?

私が見に行った日の井の頭公園には、夜桜を観にたくさんの人が来ていました。

公園の中心にある井の頭池の周囲には約250本の桜があるそうです。池の上まで枝を広げた桜の木から、時折はらはらと花びらが水面に散っていくのも、井の頭公園のお花見の見どころ。水面に浮かぶ花びらは春を感じさせてくれました。


お花見をしながら、私が留学したときのお土産としてホストファミリーに持って行ったものを思い出しました。桜の写真

オーストラリアのゴールドコーストへ留学をした際に、桜の絵が入ったお箸を持って行ったのです。
やはり日本といえば桜と、当時の私は思ったのだと思います。

これから留学されるお客さまからも「ホストファミリーにお土産を持って行きたいけど何がいい?」というご質問をよくいただきます。
これは私の1つのアイディアですが、日本の桜を写真に撮って紹介するのも良いのかなと思います。また、桜の絵が描かれた絵葉書でもいいでしょう。

ぜひ日本の文化を伝えられるようなものをお土産として持って行って、ホストファミリーに紹介してみてください。英語の練習にもなりますし、ホストファミリーもきっと喜んでくれると思いますよ。

カテゴリ:
スタッフの日常
  • 1