留学生&WISHスタッフブログ

感動のお裾分け

皆さん、こんにちは。WISH東京法人担当の持田です。
すっかり春らしくなってきましたね。このまま暖かくなるか、また寒さが戻るのか・・・。でも子どもたちが体調を崩しがちな冬もそろそろ終わるんだな~と思うとなんだかホッとします。

三寒四温を感じてだんだん温かくなるね」と義理の父。
私たちの年代ではなかなか使わない表現ですが、ここ最近「日本語って素敵だな」と思うことがよくあります。歳かな(笑)

春になるとなんだか新しいスタートラインが訪れる気がして、自分の気持ちと向き合うことって多いですよね。春をスタートに何か新しいことを始める方も多いのではないでしょうか。

私も基本的に家でゆっくりしていることがあまり好きではないので、春を前にソワソワしています。無性に友だちと会って楽しいことをしたくなるのもこの季節です。

そんな時にいつも「会いたいな~」と思う友達の1人Jちゃん。
大学時代からの友だちで、ここまでの私の人生を大きく支えてくれている友のひとりです。大学では同じことを勉強しましたが、結果私がその道を取らなかったことから、別々の職業へと進みました。
彼女は大学卒業後すぐに海外に出て、日本語教師として長く活躍してきたかっこいい女性

時間を見つけては大好きなアジアを中心に旅に出るという自由な生き方が、私にはとっても輝いて見えます。言語や文化の違う子どもたちと向き合い、たくさんの生徒から信頼を寄せられる彼女の姿にこれまでたくさんの刺激を受けてきました。

今日は彼女が最近送ってくれた写真を皆さんにお見せしたいと思います。

海外の思い出1  海外の思い出2  海外の思い出3

海外の思い出3  海外の思い出5

海外の思い出6  海外の思い出7


友だちの撮る写真って、何かメッセージを感じませんか?
私は彼女からの写真を見るといつも、その風景を一緒に見たような、一緒にそこを訪れたような、楽しい温かい感覚になります。おもしろい写真を見ると、彼女がどんな顔をしてどんな気持ちで撮ったのかが想像できて、ニヤニヤしてしまいます。

「良い時間を過ごしているんだなー」と、とっても嬉しい気持ちになります。

皆さんも日々の友だちとのメールやFacebookでのやり取りでそんなことってきっとありますよね。


そこでこれから留学へご出発の皆さんへ一言
留学先でぜひ素敵な写真を撮って、日本のご家族や大切なお友だちにた~~くさん送ってあげてください。撮り貯めるのではなく、オンタイムで!

きっと送られたほうは、私と同じように幸せな気持ちになって喜んでくれると思いますし、皆さんが知らない土地で素敵な経験をされていることがすごくよく伝わると思います。

背中を押してくれた、応援してくれている家族や友だち。
皆さんが留学を通して体験する感動を、日本に残る大切な人たちと共有していただきたいなと思います。

感動のお裾分け
ぜひ皆さんの留学計画にしっかり入れておいてくださいね。

素敵な春をお迎えください♪

カテゴリ:
スタッフの日常