留学生&WISHスタッフブログ:2013年3月

旅が楽しい理由

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの藤墳(ふじつか)です。
この時期になると春の風に誘われて遠出をしたくなるのは私だけでしょうか?

ということで早速、春の旅第一弾で福岡へ行ってまいりました。

中洲の屋台旅行の楽しみの1つはやっぱり「食」ですよね。
現地の食事がおいしいと旅の楽しさも急上昇!海外に行くときも、私は真っ先に地元民が愛する屋台を探します。ホテルでのラグジュアリーなディナーももちろんいいのですが、地元の人に聞いたオススメの屋台で地元の人に混じって食らいつく味は旅の醍醐味です!

屋台と言えば、バンコク、台湾、シンガポール、モロッコ、ベトナムなどがあげられます。

街によって全くカラーが異なりますが、アジアの屋台はどこもエネルギッシュです。ぜひ皆さんにも屋台旅をおすすめします!


さて、今回行った福岡も屋台が有名!長浜ラーメン
居酒屋の板前さんに教えてもらって、中洲の屋台に向かいました。

屋台の中には所狭しと椅子が並べられ、なんだか昭和な雰囲気。矢印で「入口」と書かれているのが何とも言えないです。ここで食べたおでんも絶品でしたが、やっぱりここは長浜ラーメン!

今回の旅の目的でもあったラーメンを目の前に、同行してもらった知人と屋台の店主に改めて感謝でした!



次に私が向かったのは、うどん屋
うどんといえば讃岐うどんや稲庭うどんなどが有名ですが、何でもうどんの発祥の地は福岡なんだそうです。
「うどんはコシがないと!」と思っていた私でしたが、福岡で食べたうどんには麺にしっかり味がしみこんでいて、とにかく大変大変おいしくいただきました!

その後さらに何件かハシゴしてようやく終了した福岡、食の旅でした。

年齢を重ねれば重ねるほど、食や食材への関心が深くなっているのでしょうか。昔に比べると旅先での食事が味わい深いものになってきているような気がします。

方言が混じった会話の中で、地元の方のおすすめ品を聞くのも楽しく、「食」を通すとさらに多くの出会いが生まれる気がします。食と食を通した人との出会いが、旅をもっともっと深い味にする重要な要素になっているのですね。
ぜひ、皆さんも旅先や留学先で忘れられない食との出会いを体験してください!

私は次回は、トルコ屋台を目指します!

カテゴリ:
スタッフの日常

プチ留学におすすめのゴールドコースト

皆さん、こんにちは!大阪オフィス留学カウンセラーの増田です。
私は主に大学生の方を対象に日々カウンセリングをし、春休みや夏休みを利用して留学に行かれる皆さまをサポートさせていただいています。
今はちょうど春休みに渡航された皆さまが、それぞれに素敵な体験をされて続々帰国されています!また4月下旬からは大学での留学相談会も始まり、次は夏休みを利用した留学に向けてのカウンセリングがスタートします。

サーファーズパラダイス夏休みや春休みの留学は、2~6週間位の期間の方が多いのですが、プチ留学の醍醐味は、

・英語漬けの生活を送り、英語力の向上を目指せる
海外の友だちをたくさん作って、帰国後も交流が図れる
・その国や都市の観光スポットを巡って、その土地のことを知り、見聞を広めることができる
・その国や土地の食文化や土着の文化に触れることができる
ホームステイや寮での滞在を通じて、日本とは違うライフスタイルを体験できる
国際感覚を養うことができる

などなど、短期間でもできることがたくさんあります。

今日は私の好きな国(都市)の一つをご紹介させていただきます。ぜひ皆さんの次回のプチ留学の渡航先候補の一つに入れてもらえたらと思います。

それは、オーストラリアのゴールドコースト(Gold Coast)です!!

前回行ったときには、まずメルボルンに入り、そこから国内線のジェットスターでゴールドコーストへ入りました。

ゴールドコースト1  ゴールドコースト2

ゴールドコーストはオーストラリアのクイーンズランド州南東部にある都市で、オーストラリア最大の観光保養地として世界的にも有名です。

町自体はそれほど大きくはなく、バスでの移動が基本です。そのバス移動も簡単で、観光地のせいか海外から来た方への対応も町全体がWelcomeモード100%です!!


そんなゴールドコーストはこんな方におすすめです!ゴールドコースト3

・短期留学で英語+観光を考えている方
英語ができなくて不安・・・という方
海をこよなく愛している方
ワーキングホリデーでの渡航をお考えの方(⇒観光地なので、仕事も多い)
暖かいところに住みたいという方
・温かい人との触れあいを求めている方

観光客が世界各国から来ているので、町の中心地であるサーファーズパラダイスにいると、いろいろな言語に触れることもできます。

年中暖かいので、ゴールドコーストの代名詞でもある海を常に近くに感じられます。ちなみに、海岸は北から南まで約57kmに渡って広がっていて、オーストラリアでも有名なサーフポイントがいくつもあります!
また、「オーストラリアと言えば!」のバーベキューが無料で楽しめるようにもなっています!! 

ゴールドコーストのビーチ   バーベキュー

国立公園植物園動物園も多くあり、自然もたっぷり。テーマパークやアミューズメントパークも充実しています!!

ゴールドコーストの自然1   ゴールドコーストの自然2

カンガルー
オーストラリアはそれぞれの州で全く雰囲気が異なり、同じ国とは思えないほど印象が異なります。都市ごとに特徴があって、それぞれが独特の特色を出しています。

言葉で説明をするのはなかなか難しいのですが、百聞は一見に如かず!ぜひ皆さんも、その目で確かめてみてください!!
必ず新しい発見があり、日本でまた頑張れる活力を与えてくれるはずです!

今回は私にとって2度目のオーストラリアでしたが、次回はまだ行ったことのないアデレードケアンズにも行ってみたいと思っています。

カテゴリ:
オーストラリア情報

旅立ちサミット

こんにちは。東京本社の吉藤です。桜

東京は昨日の雨も上がり、今日はポカポカ春の始まりを感じます。
そろそろ各地で桜も開花していますね。

桜と言えば皆さんはどこの桜を思い出しますか?
私は学生生活を送った京都鴨川の満開の桜を思い出します。有名なのでご存知の方も多いと思いますが、それはもう!絶景です!!


そんな思い出の桜を共有した友人たちが、先日東京にやってきました。

仲間内で毎年恒例の“旅立ちサミット”を開催するためです。

それぞれが次のステップへの目標を決めて集合し、1年を振り返ると共に、新たな春を迎えるべく「今の自分から旅立とう!」をテーマに、毎年この季節に開催しています。

サミットと言うとすごいことをしていそうに聞こえますが、実は単なる小旅行です。
今年は友人のリクエストで箱根で開催しました!


箱根神社美術館を訪れ、小さい子供たちに混ざってはしゃぎ、移動の車の中では「大人としてこのはしゃぎぶりは如何なものか」と、サミット開始早々に反省会が開かれました…。

箱根神社    はしゃぐ子ども


そんな感じでいろいろなところを訪れたのですが、一番印象的だったのは200年の歴史を持つ箱根の伝統工芸【寄木細工】です!体験工房で秘密箱なるものを作りました。

寄木細工はいろいろな種類の木を組み合わせて接着し、模様を作り出すという何とも繊細寄木細工な技術でした。秘密箱はたくさんのからくりが組み込まれた不思議な箱で、元は宝石や硬貨などの貴重品を泥棒などから隠すために作られたのだそうです。簡単には開けられず、「木だけでどうやってこんな細工ができるの!?」と驚くものばかりでした。

歌わないと開かない箱磨かないと開かない箱など、現代版の秘密箱はファニーなアイディアが満載で、頭の中をイマジネーションでフル回転させなければ、そう簡単には口を開けてくれません。
ロシアの民芸品で有名なマトリョーシカも、箱根のこの技術が起源にあるんだそうですよ。
新しい感覚の体現は、現代のものよりも昔からあるものたちに、実は隠れているのではないかと感じました。


その後は一路富士山へ。

快晴だったその日は、雲一つない空の青と富士山の雪富士山の白のコントラストが一段と美しく、「絶景!絶景!」と江戸っ子気分で叫んでいたら、観光に来ていたアメリカ人の男性と、秋田からいらしていた老夫婦も一緒に「ZEKKEI!ZEKKEI!」「絶景~絶景~」と口にし始めました。

今思うと異様な光景ですが、とても素敵な出会いでした。


サミットの参加メンバーは、それぞれの目標を紙に書き、日本一の富士に誓って、秘密箱にしまいました。そして来年のサミットで開けようと決定し、次回の開催地を現在協議中です。

別れと新しい出会い。日々繰り返されることではありますが、せっかく桜の季節ですし、一瞬立ち止まってそんなことをしっかり考えてみるのもなかなかおもしろいです。
皆さんもぜひ「旅立ちサミット」を開催してみてください。きっと素敵な絶景に出会えると思います。


そして早速、秘密箱の開け方がわからなくなった友人の一人は、“ZEKKEI”といっていたアメリカ人に「日本のおみやげです」とプレゼントしていました。。。

皆さんに素敵な春が来るように祈っています♪

カテゴリ:
スタッフの日常

感動のお裾分け

皆さん、こんにちは。WISH東京法人担当の持田です。
すっかり春らしくなってきましたね。このまま暖かくなるか、また寒さが戻るのか・・・。でも子どもたちが体調を崩しがちな冬もそろそろ終わるんだな~と思うとなんだかホッとします。

三寒四温を感じてだんだん温かくなるね」と義理の父。
私たちの年代ではなかなか使わない表現ですが、ここ最近「日本語って素敵だな」と思うことがよくあります。歳かな(笑)

春になるとなんだか新しいスタートラインが訪れる気がして、自分の気持ちと向き合うことって多いですよね。春をスタートに何か新しいことを始める方も多いのではないでしょうか。

私も基本的に家でゆっくりしていることがあまり好きではないので、春を前にソワソワしています。無性に友だちと会って楽しいことをしたくなるのもこの季節です。

そんな時にいつも「会いたいな~」と思う友達の1人Jちゃん。
大学時代からの友だちで、ここまでの私の人生を大きく支えてくれている友のひとりです。大学では同じことを勉強しましたが、結果私がその道を取らなかったことから、別々の職業へと進みました。
彼女は大学卒業後すぐに海外に出て、日本語教師として長く活躍してきたかっこいい女性

時間を見つけては大好きなアジアを中心に旅に出るという自由な生き方が、私にはとっても輝いて見えます。言語や文化の違う子どもたちと向き合い、たくさんの生徒から信頼を寄せられる彼女の姿にこれまでたくさんの刺激を受けてきました。

今日は彼女が最近送ってくれた写真を皆さんにお見せしたいと思います。

海外の思い出1  海外の思い出2  海外の思い出3

海外の思い出3  海外の思い出5

海外の思い出6  海外の思い出7


友だちの撮る写真って、何かメッセージを感じませんか?
私は彼女からの写真を見るといつも、その風景を一緒に見たような、一緒にそこを訪れたような、楽しい温かい感覚になります。おもしろい写真を見ると、彼女がどんな顔をしてどんな気持ちで撮ったのかが想像できて、ニヤニヤしてしまいます。

「良い時間を過ごしているんだなー」と、とっても嬉しい気持ちになります。

皆さんも日々の友だちとのメールやFacebookでのやり取りでそんなことってきっとありますよね。


そこでこれから留学へご出発の皆さんへ一言
留学先でぜひ素敵な写真を撮って、日本のご家族や大切なお友だちにた~~くさん送ってあげてください。撮り貯めるのではなく、オンタイムで!

きっと送られたほうは、私と同じように幸せな気持ちになって喜んでくれると思いますし、皆さんが知らない土地で素敵な経験をされていることがすごくよく伝わると思います。

背中を押してくれた、応援してくれている家族や友だち。
皆さんが留学を通して体験する感動を、日本に残る大切な人たちと共有していただきたいなと思います。

感動のお裾分け
ぜひ皆さんの留学計画にしっかり入れておいてくださいね。

素敵な春をお迎えください♪

カテゴリ:
スタッフの日常

ケアンズの変わったところ、変わらないところ

こんにちは、名古屋オフィス留学カウンセラーの菊地です。ケアンズ マリーナ

昨年日食でも話題になったオーストラリアのケアンズに行ってきました!

昔ケアンズで暮らしていたので、ある程度の土地勘はあるものの、変わっている部分もたくさんありました。

確かここにあったホテルが無い・・・。道は間違ってないはずなのに」のような戸惑いから今回の旅が始まりました。
名称を残している所も一部はありましたが、ほとんどのホテルはオーナーが変わったのか、名前や見た目が変わっていました。


2つ目の変わった点は、走っている車がキレイになっていたことです。
以前住んでいたときには、日本ではもう走っていないような古い車がたくさん走っていましたが、今では日本とそう変わらないくらい新しい、キレイな車が走っていました。


3つ目は物価の上昇です。
住んでいた頃に比べると「高くなったなぁ」という印象を受けました。
例えば、スーパーで冷蔵庫に入って売っている水は500mlでAUS$3ほどします。レストランに行っても、プレートでAUS$5~7ほど値段が上がったように感じました。

ただ、銀行の金利は日本とは比べられないくらい利率がいいです。
ケアンズの皆さんがリッチになったのでしょうかね。

防寒具
また、意外なものも販売していました。

ケアンズは年中暑いと思われていますが、実は冬服も売っています!

ただ、かつてのケアンズ生活ではさすがにここまでの防寒具は必要なかったのですが。。。
寒がりの人が増えたのでしょうか。




などなど、違いを感じることがたくさんありましたが、変わらないものもあります。

グレートバリアリーフ
スッキリ晴れ渡った青空美しいマリーナをはじめ、世界遺産のグレートバリアリーフアサートン、キュランダなどの大自然を満喫できるところは健在です。

是非、皆さんも一度ケアンズに足を運んで、マイナスイオンをたくさん浴びてみてください!
ケアンズならではのアクティビティも豊富ですよ。週末に開催されるものも多いので、日程に少し余裕を持って行かれると、楽しさ倍増です!!

カテゴリ:
オーストラリア情報

おすすめの映画

こんにちは。WISH東京のオフィスの八重樫です。

先日、第85回アカデミー賞が発表されました。

注目の「作品賞」。
私は「レ・ミゼラブル」かと思っていたのですが、ベン・アフレックの「アルゴ」でした。
受賞後のベン・アフレックのスピーチは興奮しすぎて聞き取りにくかったですね(笑)

私が注目していた「レ・ミゼラブル」は、興行成績もあの「オペラ座の怪人」を抜き、ミュージカル映画で一番になりました。


ミュージカル映画つながりで、今日は私のお勧め映画「ヘアスプレー」をご紹介したいと思います。

映画ヘアスプレー『ヘアスプレー』(2007・米)
監督 アダム・シャンクマン
出演 ニッキー・ブロンスキー、ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、ザック・エフロン

内容は・・・

人種差別の残る60年代のボルチモアを舞台に繰り広げられるミュージカル映画
太っているけどダンスが大好きな高校生のトレーシーは、母親の反対を押し切って大好きなダンス番組のオーディションに参加。落選するも、学校の教室で踊っているところを、彼女のアイドルでもあり番組のスターでもあるリンクにスカウトされる。
念願の番組出演を果たした彼女は、司会者にも気に入られレギュラーメンバー入り!
一方、スタイルが悪いトレーシーは番組にふさわしくないと考えるプロデューサーや、トレーシーがリンクに気にいられていることを妬むプロデューサーの娘も出現。
それでも、超ポジティブなトレーシーは家族まで巻き込まれる嫌がらせにもめげず、人種差別反対を唱えながら自分の信じる道を突き進む。


大好きな映画です!!!
ミュージカル映画って、実は私はなかなか入り込めないことも多いんですが、この映画は冒頭からテンション上がっちゃいます!
主役の女の子をはじめ、キャスティングが絶妙!
ミシェル・ファイファーのハマり具合には女優としての偉大さを感じちゃいます。
当時話題になりましたが、ジョン・トラボルタが特殊メイクで演じた太った母親も、可愛らしさ出しちゃうところが流石です。
そして文句なくカッコいいザック・エフロン!歌えて踊れて顔もいい。スターです☆

他にも、クリストファー・ウォーケンなどなど、すごいメンバーが出演し、ホントに元気の出る映画です。

皆さんもぜひ、留学前の英語学習を兼ねて、一度見てみてください。

カテゴリ:
スタッフの日常
  • 1