留学生&WISHスタッフブログ:2013年1月

Bamboo Temple in 鎌倉

こんにちは。法人営業部の名和です。

今日は鎌倉にあるお寺の1つを紹介したいと思います。

鎌倉は以前数年住んでいたこともあって、今でも好きな場所です。
東京からも近く、気軽に行ける観光地として人気ですし、外国人の観光客にも人気のエリアです。

神奈川県民の私にとって、鎌倉は江の島とともに、小学生の頃に遠足で訪れた、なじみのある場所です。鎌倉の見どころといえば、大仏、鶴岡八幡宮、長谷寺などがまず挙げられますが、今日は報国寺というお寺を紹介したいと思います。

ここは別名「竹寺」と言われ、竹林で有名なところです。境内には約2,000本の竹が所狭しと生い茂り、夏でも涼しく、凛とした風情を感じさせます。

報国寺の竹林1  報国寺の竹林2 報国寺の竹林3

竹の他に、季節の花も見ることができ、秋には銀杏やもみじなどの紅葉も十分に楽しめます。

報国寺の紅葉1 報国寺の紅葉2 
報国寺の石庭
また境内奥にはやぐらがあり、鎌倉時代の墳墓を見ることができます。

小さいですが、石庭もあります。


茶屋もあり、竹林を眺めながら抹茶を味わうこともできますし、座禅の体験もでき、外国人の心をくすぐる「和」を感じさせる魅力がたっぷりです。

さらにミシュランの三ツ星にランキングされたこともあってか、最近は特に海外からの来訪者が増えたようです。

報国寺ちなみに私が見かけた外国人さんは、苔の生えた地面に落ちたモミジの葉っぱを盛んに写真に収めていました。

大仏や鶴岡八幡宮のようなダイナミックな雰囲気とは異なりますが、一味違った渋めの雰囲気が通好みです。

留学中にできた外国人の友だちが日本を訪れた際、また2回目以降(?)の鎌倉散策にはお勧めのスポットです。

カテゴリ:
その他

My着物

こんにちは!WISH東京オフィス留学カウンセラーの滝澤です。
関東では先日大雪が降るなど、とても寒い日々が続いて、春が待ち遠しい今日この頃です。

とても寒い毎日ですが、温かい鍋を食べたり、温泉へ行ったりと、冬だからこその楽しみもありますよね!冬のこの寒さも、四季のある日本ならではの文化だと思っています。


さて今回は、最近私が触れた日本文化について書きたいと思います。
それは日本人の「服」についてです。

私の高校時代からの友人に、私服が着物のみという、現代人としては少し変わった人がいます。
昔からずっと着物というわけではなく、最近着物に目覚めたようで、着物歴は約1年です。

突然、私服を着物にチェンジしたので、共通の友人全員、「え、なんで?」という反応でした(笑)
夏のお祭りや花火大会では着物姿の方をよく見かけますが、職業柄着ているという理由以外でオールシーズン着物というのはなかなかいない存在だと思いますし、特に私たちの世代には馴染みがありません。
会う前に、共通の友人から「彼は最近、私服が着物らしい」という噂を聞いてはいたのですが、それでも初めて着物姿の彼を見た時はさすがに驚きました。

ただ、彼が本当にいつも着物を着ているので、何度か会っているうちに違和感もなくなってきました。

考えてみると、日本人で全く着物を着たことが無いという人の方が珍しいかもしれませんし、日本人が着物を着ておかしいことは一つもありません。むしろ、彼は日本の伝統文化を大切にしているのだと感じるようになりました。

今まで私は浴衣、剣道着、作務衣で和服を着たことがあり、着物も同じようなもので、右と左から交互に布地を合わせて着るもの=着物だと思っていました。私の着物の定義はおそらく間違いではないと思うのですが、彼の着ているものをよ~く見てみると、何枚か重ね着をしています。
浅草寺
彼の着物姿に違和感が無くなったどころではなく、徐々に興味が沸いてきて、最近では着物を着ていることはクールだと思い始めました。
私の心はどんどん着物に奪われていったのです(笑)

そして先日、着物の先輩であるその友人と一緒に浅草へ行き、ついに着物を買ってきました!

着物選びはとても楽しく、また日本の文化に触れる良い時間でした。お昼過ぎから日が暮れるまでずっと探して浅草を歩き周りました。

仲見世通り
というのも、着物と一言でいってもたくさんの種類があるのです!

例えば、布地にもシルク、木綿、ウールとあり、それぞれの着心地やさわり心地、保温効果などが違います。

また、着物の下には襦袢(じゅばん)という薄い下着のようなもの(形は着物と同じ)を着て、その上に長着(ながぎ)というメインの着物を着て帯を巻き、その上に羽織(はおり)を着て、前をとめるための羽織り結びをつけます。

着物
着合わせにもスタイルがあり、袴(はかま)をはくスタイル羽織を着ないスタイルもあります。さらには、長着や羽織、帯にもそれぞれ色や柄があり、羽織り結びにも紐のようなものから、石で装飾されたものなどいろいろな種類があるのです。

今回私はアンサンブルと呼ばれる羽織と長着がセットになったもの(同色でウール素材)と、帯、襦袢、羽織り結びを買いましたが、生地や色、小物にこだわれば今後もさらに楽しめるのではないかとわくわくしています。

この写真は着物を買って、我慢できずにお店で着て撮影したものです。


今回My着物を買って思ったことは、日本の伝統に触れるって純粋に楽しいことなんだということです。

ほとんどの人が洋服を着る時代に改めて和服に触れることで、新しい知識も増えましたし、自分が日本人だということを再認識できました。また、着物で街を歩いていると、年配の方から自然に声をかけられるようになりました。そこで着物の話をしたり、昔話や歴史の話もできて、日本の文化にさらに触れるよいきっかけにもなっています。

皆さんも、着物を着てみてはいかがでしょう?
冬には少し風通しが良すぎるので、春あたりにどうぞ!

カテゴリ:
スタッフの日常

いらっしゃ~い(^^ゞ

皆さま、こんにちは!WISH大阪オフィス留学カウンセラーの佐野です。
つい最近年が明けたと思ったら、もう1月も半分が過ぎてしまいました。時が過ぎるのは本当に早いものですね。

インフルエンザや年末に大流行したノロウィルスなんかにかかったりはされてませんか?
外から帰ったらうがい&手洗いを徹底し、病原菌に負けない強い体作りを心がけましょう!
WISH大阪オフィス入口

さて、今回は僕が仕事をしているWISH大阪オフィスをご紹介したいと思います。

オフィスの入口を入ると、まずWISHの大きなロゴマークがお出迎えします。
カウンセリングをご希望のお客さまは、入口に置いてある受話器を取ってお名前をおっしゃってください。係りの者がお席にご案内いたします。

担当カウンセラーをお待ちいただく間は、棚にある資料や壁に飾ってある国情報をぜひご覧くださいね。掘り出し物の情報があるかもしれませんよ!

留学情報ボード1  留学情報ボード2

WISH大阪オフィス
WISHの留学カウンセラーは皆、海外経験豊富ですので、国や都市の情報、学校とプログラムに関することや料金比較まで、ありとあらゆるご相談に的確にアドバイスさせていただきます。

もちろん、大阪にも経験豊富な留学カウンセラーがそろっています。ホームページで自己紹介をしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!



次に、WISH大阪オフィス自慢の英会話教室をご紹介したいと思います。

WISHではご出発前の皆さまに、ネイティブの先生による英会話レッスン無料でご提供しています。初めての海外で不安という方はもちろん、出発前にできるだけ英語力を上げておきたいという方や、お持ちの英語力をキープしたいという方など、幅広い目的のお客さまにご参加いただいています。

担当の先生の名前はチェイ
とっても気さくで親切です。丁寧に英語を教えてくれますので、レッスンに参加されている皆さまにも大変好評なんですよ☆
チェイは数カ月前にお父さんになったばかり。子どものことをとても嬉しそうに話してくれるカワイイ一面も持っています(笑)

留学準備講座 英会話レッスン  留学準備講座 英会話教室


留学やワーキングホリデーに興味のある方は、ぜひぜひ一度大阪オフィスへ遊びにいらしてください。

留学相談会などのイベント
も定期的に開催していますので、開催スケジュールもチェックしてみてくださいね。

スタッフ一同、首をなが~~~~~~くしてお待ちしております(^^ゞ

カテゴリ:
WISHでの出来事

機内食ランキング

こんにちは、名古屋オフィス留学カウンセラーの早瀬です。
WISHスタッフブログ、初登場です。よろしくお願いします。

留学に行く際は必ず飛行機に乗りますよね。そこで今回は、美味しい機内食ランキングをお伝えしたいと思います!
私がこれまでに搭乗した航空会社の中でのランキングなので、独断と偏見です。(^^)

JAL機内食

【第3位】
日本航空

写真は名古屋発ハワイ行きの機内食です。
Soup Stock Tokyoさんとコラボしたメニューで、トマトスープ、パン、サラダ、りんごゼリーなど、とーっても美味しかったです♪




【第2位】
シンガポール航空シンガポール航空機内食

シンガポール発名古屋行きの機内食です。
メニューはビーフシチュー、パン、エビのサラダ、クラッカーとチーズなどでした。お肉がトロトロ~!!お肉が苦手な私でも美味しくいただけました☆

シンガポール航空は、いつも冊子になったメニュー表を搭乗後すぐに渡してくださいます。行きも帰りも機内食が楽しみで仕方ありませんでした(^^)




そして栄光の第1位は・・・


【第1位】
ヴァージン・アトランティック航空

写真は、成田発ロンドン行きの機内食です。
本当に美味しかったです!(^o^)/♪
左の写真はエビとお魚の卵丼、サラダ、チーズケーキなど。右の写真はトマトソースのペンネとパン、サラダ、クラッカーなどでした。

ヴァージンアトランティック航空機内食1  ヴァージンアトランティック航空機内食2

ヴァージン・アトランティック航空の機内食は文句なしです!
片道で2回も美味しいご飯がいただけるので、13時間という飛行時間でしたが、アッという間に過ぎてしまいました☆

大韓航空機内食


この他にも、大韓航空の名古屋発仁川行きの便ではお寿司が出てきました!

3時間位のフライトでも、ご飯がいただけるとなんだかお得な気分になりますよね☆





ガルーダ・インドネシア航空機内食
また、ガルーダ・インドネシア航空の名古屋発デンパサール行きの便では、お魚や茶そばの他、名古屋名物のういろが出てきました。

名古屋人の気持ちを分かっていますね!

もっとご紹介したいところですが、今日はここまで。またいつかご紹介しますね。
皆さまも、留学に行くときの機内食をお楽しみに~。

カテゴリ:
スタッフの日常

ニュージーランドのんびりファームステイ

皆さま、明けましておめでとうございます
2013年最初のWISHスタッフブログを担当します、東京オフィス留学カウンセラーの安部です。
本年もWISHをどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて今回はお正月と言うこともありますので、「のんびり」をテーマに、ニュージーランドのファームステイについて書いてみたいと思います。

この写真をご覧ください。
ニュージーランドの羊
羊がカメラ目線ですね。

ファームステイといえば牛や馬のお世話すると思う方も多いと思いますが、ニュージーランドは人口よりも羊が多いと言われる国。羊のお世話ができるファームも多いのです。

10年も前のことになりますが、当時ニュージーランドの高校に通っていた17歳の私は、夏休みを利用して人生で初めてのファームステイを経験しました。
いろいろな種類の動物がいる広大なファームはまるで動物園のよう。どの動物もとても愛くるしい眼差しで「お世話してね」と私を見ていました。

特にその輝きを何倍も放っていたのが子羊たちです。
毎朝8時に子羊たちの前に登場する私の右手には哺乳瓶に入った採れたてのミルク。ファームステイでの私のお仕事は、朝一で牛からミルクを調達し、それを精製して哺乳瓶に入れて子羊たちに配るという、子羊たちから見てとても重要なお仕事でした。

子羊たちは大変頭が良いので、2日目にして私がミルク配達係であると認識してくれました。

ミルクを持っている私は、子羊たちの人気者!スーパースター!

しかし、ミルクが少なくなるに従って、子羊たちは徐々に私から離れていきます。哺乳瓶が空になると、スーパースターだったはずの私はもはやただの人。私が1歩近寄ると子羊たちは2歩下がり、どんどん私から離れていきました。

その姿を見届けてから、次は馬に餌をやったり、時には乗ってみたりウサギの小屋やファーム内のお掃除など、さまざまな仕事をこなしました。

そんな仕事のなかで、一番厄介だったのが羊をカウントする仕事
あちらこちらに散らばった羊を数えて報告しないといけないのですが、常に動いている羊をカウントするのは至難の業です。そこで、子羊たちのカウントはミルクタイムに済ませ、大人の羊はファームの端から丁寧に数えます。それでもやはり毎日1、2頭の誤差が出るのですが、カウントした数を伝えると、農場長は「OK。今日もありがとう」と言い、「エリカ、ランチ!ランチ!」と早々にランチ休憩に入るのでした。

結局何のためのカウントだったのかは最後まで不明だったのですが、羊たちと過ごしたファーム体験は、今でも私の気持ちを「のんびり」とさせてくれる素敵な思い出です。

これからニュージーランドワーキングホリデー留学で行かれる皆さま!
どっぷり滞在できるファームもあれば、土日だけで体験できる週末ファームステイもありますので、是非ファームでニュージーランドならではの体験をしてみてくださいね。

2013年が皆さまにとって、「のんびり」と気持ちを落ち着けられる、穏やかな1年となりますように☆

WISH東京カウンセラー

カテゴリ:
ニュージーランド情報大学・カレッジ・高校留学
  • 1