留学生&WISHスタッフブログ

オーストラリアと日本の違い

こんにちは、名古屋オフィスの木村です。
今回は、オーストラリア留学中の日常生活で驚いた日本との違いについて、いくつかをご紹介したいと思います。


まずはお店の営業時間について。
日本のデパートやスーパーなどはだいたい20時頃まで営業しているところが多いですよね。お店によっては21時とか22時、中には24時間というところもあります。

でも、オーストラリアのデパートやスーパーは、たいてい17時や18時には閉店です。
しかも、閉店の数十分前になると、お客さまが店内にいようが全く構わずスタッフは掃除を始め、閉店時間には自分も帰宅します。日本と比べると早く家に帰れて、家族との時間やプライベートの時間が持てていいのかもしれませんね。

地域によって違いますが、木曜日か金曜日はレイトナイト・ショッピングデーといって、20時や21時頃まで営業時間が延長されますので、遅い時間まで買い物をしたいときはこの日に行っていました。



次にレシートについて。
オーストラリアでは大手スーパーのレシートの裏が、いろいろなお店やテーマパークで特典が受けられるクーポンとなっていました。テーマパークの入場料が半額になったり、コーヒーを1つ買うともう1つ無料でもらえたりします。結構お得なので、皆さんもすぐに捨ててしまわずに、裏をチェックするのを忘れずに!30ドル以上の買い物をするとガソリンがいくらか割引になる、なんていうのもあるそうです。

オーストラリアのスーパーのレシート1   オーストラリアのスーパーのレシート2

 続いて、スーパーでのお客さんの行動

オーストラリアに到着した翌日にホストマザーと近くのスーパーに買い物に行き、フルーツコーナーを通り過ぎた時のことです。陳列してあるブドウの房から、ホストマザーが2、3粒取って食べたのです! 1粒を私にくれたのですが、「試食用でもないのに食べていいの?」と思って戸惑っていると、「食べていいのよ」と言われたので食べましたが、なんだかちょっと罪悪感がありました。。。

日本のスーパーでは、試食品はお店の人が小さく切って渡してくれるか、商品が置いてある一角に売り物とは別に試食用として置いてありますよね。
オーストラリアではそのような試食品を見たことがありませんでした。

その後もスーパーに行く度に、ブドウを試食(つまみ食い?)する人をよく見かけました。日本でやったら怒られますよね・・・。
また、会計を済ます前にジュースやお菓子を食べる人も見かけました。 お会計のときにお金を払えば問題ないそうで、特にお店の人も注意する様子はありません。これにも驚きました。



最後に公共交通機関について。

バス停であっても、自分が乗るバスが来たら手を上げてドライバーに合図をしないといけません。立って待っているだけでは、目の前を通過して行ってしまうことがよくあります。

また、日本と違ってバス停に名前がありませんので、「次は○○」というような車内アナウンスもありません。自分が降りるバス停付近の風景を覚えておき、バス停の少し手前で停車ボタンを押さないと乗り過ごしてしまいます。バスに乗ったときには、寝てしまわないように気をつけましょう!

こう書くと、乗るのが難しそうな気がするかもしれませんが、慣れれば大丈夫!オーストラリア パースの無料バス
パースアデレードメルボルンには、市内や市内の周辺を無料バスや無料トラムが走っていてとても便利なので、是非活用してくださいね。

これら以外にも、不思議に思うことや驚くことがたくさんありました!
日本では常識と思うことも海外では通じないこともあり、とても勉強にもなります。

皆さんも留学をしたときは、その国と日本との違いを楽しんでくださいね。

カテゴリ:
オーストラリア情報