留学生&WISHスタッフブログ

小淵沢で乗馬体験

こんにちは。経営管理部の國澤です。
とうとう12月。一年も終わりですね。毎年毎年、一年が短くなっていくように感じるのですが、これは歳のせいでしょうか...?

さて、先日、山梨県の小淵沢で乗馬を体験してきました。
そこは、友人が勤めている乗馬クラブで、前から遊びに行きたいなぁとは思っていたのですが、皆忙しく働く身。スケジュールを合わせて今回やっと実現です。


kobuchizawa.jpg
初めての小淵沢
乗馬の街なんですね。
車で走るとあちらこちらに乗馬クラブがありました。

私は正真正銘の初心者なので少し不安だったのですが、私が乗ったエリザベスという馬はとても賢く、怖いことは全くありませんでした。



初心者の私たちは、まず場内で練習です。
手綱の持ち方、方向転換の仕方、ストップやスタートの合図などを習います。

しかし、私の言うことは全く聞かないエリザベスhorse.jpg
早足の合図(馬のお腹を蹴る)を出しても、早足はしてくれません。無視です(笑)。

友人たちが格好よくパカッパカッと早足で駆け回ってるのを横目に、私とエリザベスはのんびりと場内を回り続けます。結局私だけ早足ができないまま、次のプログラムである、外乗りに行くことになってしまいました。

大丈夫??エリザベス!!そして私...。



しかし、一歩外に出てみると本当に気分が良くて大感動!!

綺麗な空気と景色。温かい馬の背中

相変わらず、エリザベスは私の言うことは聞きませんが、前の馬の後ろを、追い抜くことなくきちんと歩き、コースも全部理解しています。

そんなエリザベスと気分良く自然の中をのんびり歩いていたのですが、とうとうインストラクターが「ここから早足開始しますよー」と恐怖の一言を発しました。

練習中に全くできなかった「早足」。ああ、エリザベスは走ってくれるのだろうか...。


horse_riding.jpgしかし、心配は無用でした。
エリザベスは、インストラクターの「早足!」の掛け声を聞いた途端、軽快に走りだしたのです。

「私、まだ、お腹を蹴ってないんだけどな...」
結局エリザベスは私の合図は関係なく、勝手に「早足」を始めてしまったのでした。
練習ではちっとも走らなかったのに...。切ないやらおかしいやら。


乗馬と言うよりは、「乗せてもらっている」感が強いのは否めませんが、本当に貴重な体験でした。

実は、怖がりの私。本当は、外に出ない30分程度の体験コースにしたいと思っていたのですが、「怖いけれど、皆は外乗りコースを選ぶみたいだし、嫌だって言い難いし」などと思っている間に、外乗りコースになってしまったのでした。

でも、結果的には、外乗りコースにして本当に良かった。
外に出なければできないことを体験できて、自分でも頑張った、と自画自賛です。

きっかけは何であれ、一歩踏み出すことで今まで見えなかった景色を見ることができるというのは、とても素敵なことだと思います。

みなさんも迷っていることがあれば、「とりあえずやってみる」のがオススメです。
そして勿論、乗馬もオススメです♪

カテゴリ:
スタッフの日常