留学生&WISHスタッフブログ:2011年8月

留学と円高の関係

こんにちは!東京オフィス法人担当の石井です。

私は担当している仕事柄、大学生のお客さまと接する機会が多いのですが、おかげさまで今年の夏休みにも多くの大学生にお申込みをいただきましたあらためて感謝!です。

そんな皆さまのご出発のピークも過ぎ、特に大きなトラブルも報告されず、これからご出発を控えている皆さまを送り出して、全員が無事にご帰国されるように、引き続きサポートしていきたいと思っています。
空港110829.jpg
ご出発前によくいただく質問に「おこづかいはいくら持っていけばいいですか?」というものがあります。人によって使い方も違うので、おおよその目安をお知らせするのですが、今年の夏は最後にひと言、「今、円高でお得ですよね」と付け加えました。

そんな中、この夏空港に行く機会がありましたが、今までと少し違ったのは両替をしている人の数。ご存知の通り空前の円高で、その恩恵を一番受けられるのが海外旅行!この夏海外に行かれた方はとてもラッキーですよね。

でも、最近新聞を見ていたら、そう良いことばかりでもなさそうな記事を見つけました。
8月23日付けの日本経済新聞の1面記事「社長100人アンケート」

今後今の円高水準が続いた場合の対応として、
①海外で資材を調達
②海外での売上を伸ばす
③海外での生産を拡大
④円高を追い風にM&A

最近は就活の一環1年間ほど休学留学をされる学生さん多くなりました。
いろいろな事を海外にシフトしていく日本企業は、今間違いなくグローバル人材を求めています!

それならば、大学生の皆さん!就職難を嘆くのではなく、留学して、あなたがそのグローバル人材を目指してみませんか?企業から、ぜひうちの会社に欲しい!と思われる人材になれば、就職難なんて関係ないはずです。

GCS.jpgそんなグローバル人材になっていただくために、WISHでは「グローバル・キャリア・サポート」を実施しています。参加された方からの反響も上々!!

せっかくたくさんの時間とお金を自分に投資して行く留学なんですから、絶対に実りあるものにしていただきたいと思います。これから留学しようと考えていらっしゃる方、まずはWISHにお問い合わせください!
カテゴリ:
その他

オーストラリアでワイルド体験!

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの川村です。
まだまだ暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?

先日、このスタッフブログで佐藤が紹介していたニュージーランドの温泉(8/15「日本とニュージーランドの意外な繋がり」参照)を見て、オーストラリアの温泉を思い出しました。


オーストラリアの温泉といえば、ノーザンテリトリーにあるマタランカマタランカ

日本の各所やニュージーランドのロトルアのように綺麗な自然と空気に囲まれ、「ふぅ~。やっぱ温泉は落ち着くわ~」と声が漏れる・・・
のではなく、ここマタランカの温泉はとってもワイルド!

ジャングルのような森
を歩いて行くと突然現れる屋外プールのような温泉なんです!水着に着替えていざ入ると、「ぬ、ぬるい!」頭上には木の間をコウモリ達が飛びまり、風で揺れる葉の音と動物の奇声が聞こえて少し不気味な雰囲気。。。

しかも結構深くて、166センチの私も足がつかないほどなので、とてもとてもゆっくり体を休めるということもなく、ひたすら泳いでいました(~_~;)

そんなワイルドな温泉ですが、それでもホッとしてしまうのはきっとマタランカに行く旅が少しハードだから。

マタランカはオーストラリア北部のダーウィンから、オーストラリアのど真ん中アリススプリングスまでの間にあります。陸路で約20時間かかるこのルートは、ただただ一本道が続きます。

レストランも宿泊施設もなく、缶ビールやワインを飲みながらのキャンプ。テントで寝る日々が続きます。そんな一本道の中に突然現れるのはデビルスマーブルという奇岩群「何でこんな形の岩ができるの?」自然の力を感じます。

滝つぼシャワーもまともに浴びることもできずどんどんワイルドになっていく私たちは、こんな湖、というか水があれば取りあえず飛び込みます(^v^) 

ただ時々、ワニや蛇の出るポイントがあるので、そこはベテランガイドさんの注意を必ず守ります!

こ~んな旅を続けていると、マタランカのような温泉でも何だか嬉しくなってしまうのです。

The オーストラリア!という体験ができるので、ぜひ皆さんにも行っていただきたい旅ルートです。

広く大きなオーストラリアの地図の中で、この旅ルートはとても短く近く感じると思いますが、私はこの旅を終えるのに2泊3日かかりました

短期滞在でのノーザンテリトリーの旅は難しいかもしれませんが、少し長めに休暇が取れた方や、ワーキングホリデーで滞在される方にはとてもお勧めですよ

ぜひ皆さんもオーストラリアのアウトバックを体感して下さい☆

カテゴリ:
オーストラリア情報

好きなこと・嫌いなこと

こんにちは、東京本社の國澤です。
暑い日が続いていましたが、東京では金曜日から突然涼しくなりました。夏バテ気味だった方はちょっとホッとできたのではないでしょうか?

そんな私も毎年夏バテしてしまうんですよね。

暑い⇒寝れない⇒寝不足⇒食欲不振

という負のスパイラルへどーんとはまってしまうわけです。

土手.jpgしかしっ!今年の私は一味違います。
実は7月からジョギングを始めたのですが、その途端夏バテ知らず!

そもそもはダイエットのために始めたことなのですが、

走る⇒疲れる⇒眠れる⇒食欲旺盛

といういつもの年とは逆のスパイラルが発生し、毎日元気に仕事ができるというわけです!

ジョギング効果でいつもお腹が空いているので、当初の目的であるダイエットになっているのかは甚だ疑問ですが、夏バテ防止になっていることは間違いなし!お勧めですよ♪

お休みの日に家の近所の土手を5~6キロ走っていますが、なかなか気持ちの良いものです。
日焼け対策.jpg
あ、でも日焼け対策はしなくちゃね♪ということで、日焼け防止手袋をして走っています。

ジョギングというと「キツそうだなぁ」とか「運動キライだしなぁ」と思う方も多いかもしれません。
何を隠そう私も大の運動嫌い!!
大学3年生の時は必修科目の単位をすべて取得したため「体育」が無くなったのですが、その時の嬉しさは言葉では言い表せないくらいです(笑)「大人ってサイコー!」と、ビール片手に成人に乾杯したのでした。

しかし、それから十数年。

ひょんなことから「ちょっと走ってみようかな」思い立ち、早2ヶ月が経とうとしています。今実感しているのは、

「昔嫌いだったこと」がいつまでも嫌いであるとは限らない

ということです。

先入観を持たず挑戦してみることで新しい自分を発見することになるんですよね。

「英語は好きだけど留学はちょっと不安」とか「海外へ行くのは怖い」なんてことを考えていた人も、時が経って今なら違うことを感じられるかもしれません。「挑戦したい。でも不安」という方も是非一歩踏み出してもらいたい、と思うこの頃なのでした。

カテゴリ:
スタッフの日常

猛暑のイタリア旅行

  こんにちは。東京本社の佐藤です。
少し前の話になりますが、1週間イタリアへ行ってきました!
私にとっては初のヨーロッパで、中学や高校の教科書で見たような建物や教会などを目の前にして、興奮の連続でした!!

イタリアは、すごく歴史の古い国だと思っていたのですが、建国されたのは1861年。意外と新しい国だったんですね~。それまでは、ローマフィレンツェヴェネチアなどの都市国家として栄えていたそうです。

今回の旅ではローマを拠点にして、北へ南へ動きました。

ドイツのフランクフルトを経由して、ローマに到着したのは午後5時。しかし、夕方とはほど遠く、太陽はギラギラ、真っ昼間!という感じ。この時期は夜の9時半くらいまで明るいそうです。

翌日からは観光の毎日!!

スタートは、世界で一番小さい国ヴァチカン市国に行きました。
サンピエトロ大聖堂に入場するのにも、この行列!!そして大聖堂の中もこの人だかり!!

  サンピエトロ大聖堂1
ローマ法王
この日は日曜日ということもあり、ミサが行なわれていた関係で、こんなにも人が溢れてしまったようです。


ローマ法王
に会えるかな?と思ってましたが、やっぱり会えず。。。
とりあえずパネルの法王とツーショット!



ヴァチカンの次は、ローマお決まりの観光地コロッセオナヴォーナ広場パンテオントレヴィの泉をまわり。。。

  ピサの斜塔  ローマ観光  トレヴィの泉


そして翌日は筋肉痛。。観光で筋肉痛って、私どれだけ普段運動不足なんでしょう。。。

でも筋肉痛でも、翌日以降も張り切って観光しましたよ。

南に下り、青い洞窟を訪れるため、ナポリ港からカプリ島へ
とってもラッキーなことに、この日は4日ぶりに洞窟に入れました!天気が良くても、波が高いと入ることができないんだそうです。確かにこんなに入口が狭かったら、波が高いと入れませんね。そして、入り方はこんな感じ!

青の洞窟1  青の洞窟2

青の洞窟3

洞窟の中は真っ暗ですが、海だけが青い!

本当に青かった
です


写真ぶれてますけど。。。



ピサの斜塔1そして、イタリアの観光地といえばここれでしょう!

ピサの斜塔

なぜ斜めになったかというと、この塔を建設する際に周辺一帯の地盤をあまりチェックしなかったからだそうです。南側の土質がやわらかく、年月を経るうちに傾き始めて、結果的には塔の南側が大きく沈下したとのこと。

この斜塔に登るには予約が必要です。
制限をしないと、さらに傾いてしまうからだそうです。地盤って大事。


ピサの斜塔2


そして、周りにはこんな人たちがたくさん!!

この観光客の姿を写真を撮るのも名物になっているそうです。




パスタ

食事は1週間、パスタ、ピザ、パスタ、ピザの繰り返しの毎日


おいしかったんですが、日本人の私たちにとっては、ちょっと味が濃いような気がしました。

チーズもハムもなんでも味ちょっと濃い目です。

海外に行くと、私が絶対に訪れたいと思うのが地元のスーパー。イタリアも面白かったです!!
何と言ってもパスタの種類が豊富!そしてワインボトルが巨大!

パスタ2  ワイン
  

食べ物もおいしく、見所たっぷりのイタリア
がんばれ日本
1週間が本当にあっという間で、毎日歩いていても全く飽きなかったです。歴史にも感動しましたが、私が一番感動したのはこれ

観光地はもちろん、お店やレストラン、お土産店にも、「日本がんばれ、東北がんばれ」の旗が掲げてありました。イタリア語でもなく、英語でもなく、日本語で

親日家が多いと言われるイタリアですが、これほどまでに応援してくださる方がいるんだな、と日本から遠く離れた場所で実感しました。

最近は留学先としても注目が高まっているイタリアですが、英語圏の国に比べると、日本からの留学生はまだまだ少数です。留学先としては穴場ですね!

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報

日本とニュージーランドの意外な繋がり

NZ風景

 

こんにちは!東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。
お盆休み、皆さんはいかがお過ごしですか?暑い日が続きますが、くれぐれも熱中症には気をつけてお過ごしください。

アツいアツいでも、別な意味でアツいのが、ニュージーランド!
9月9日~10月23日まで、ラグビーのワールドカップがニュージーランドで開催されます!!

2006年、ニュージーランド留学していた時、お世話になっていたKiwi(ニュージーランド人の愛称)と「5年後のワールドカップの時には、必ずニュージーランドに戻ってきて、一緒に観戦する」と約束をしていたのですが、残念ながら、日本での観戦となりそうです(T_T)

ニュージーランドと日本は同じグループで対戦をします。期間中はどちらの国の戦いからも目が離せません!


そんなニュージーランドは日本と似ている点がいくつかあります。

まず、島国だということ。
国の形も少し似ていませんか?活火山があり、温泉もあります。

ニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉「マオリ語」の発音は日本語の発音に似ていて、例えば、「ニュージーランド」のことを「Aotearoa/アオテアロア」と言います。「こんにちは」は「Kia ora/キア オラ(キオラとも聞こえるかも)」、「ようこそ」は「Haere mai/ハエレ マイ」と言います。

これだけではなく、ニュージーランドで使われている単語で、日本と深い関わりがある単語があります。

それがビーチサンダルです。

ニュージーランドでは「Jandals(ジャンダル)」と言います。この単語、実は「Japanese sandals(ジャパニーズサンダル)」からきてるんですよ!

これだけでも、ニュージーランドに親しみを感じてしまいますよね。


また、ニュージーランドの中学校や高校では、選択科目として日本語を取り入れている学校がとても多いんです。日本語の授業を見学させていただいたある高校には、日本語の授業用の教室がありました。

一生懸命日本語を勉強しているニュージーランドの生徒たちの姿を見て、日本人として嬉しく思ったのと同時に、ニュージーランドのこともちゃんと勉強しないといけないと思いました。

ニュージーランドと日本は、今年大地震に見舞われ、復興のために歩んでいる最中です。言葉や習慣は違っても、同じ想いを持っている国です。

ぜひ皆さんも、ニュージーランドを訪れてみてください!!

 

資料請求バナー

 

最新体験バナー

カテゴリ:
ニュージーランド情報

日本の夏、関西の夏!

こんにちは、大阪オフィス法人担当の横畑です。
夏真っ盛り!当然ですが、暑い日が続きますね。今年の夏は気温が平年より少し低め、と言われていましたが、でも暑いことには変わりありません。でも、そう言いながらも、私は暑いのはそんなに嫌いではなく、「夏を楽しもう!」と開き直っています。きっといまだに、子供の頃の夏休みの感覚が蘇って、楽しい気分になるのだと思います。

そんな私がこの夏これまでに楽しんだ関西の夏をご紹介したいと思います。

まずは京都の夏!

先月、日本三大祭の一つである祇園祭の「山鉾巡行」を見てきました。全国的にも有名な、平安時代からの歴史あるお祭りです。「山鉾」とは簡単に言えば、豪華な巨大みこしのようなものです。それを大人が何人もで引っ張り、京都の中心部を歩く、というものです。

祇園祭-2.jpg  祇園祭-4.jpg 

確か、30数台の山鉾が出るのですが、数年京都に住んでいた私も、これを生で見るのは実は初めてでした。前日の夜にある宵山の方が賑やかでお祭り気分もあるので、特に学生時代は毎年行っていましたが、今回初めて見た山鉾巡行も見ごたえがありました。山鉾に描かれた色鮮やかな絵や模様も素晴らしいですし、目の前を通り過ぎる巨大な山鉾や人の掛け声は迫力満点!一見の価値あです。

京都観光
も兼ねて、皆さんも是非、一度は生で見に来てください。日本の伝統の素晴らしさを実感しますよ。


続いては大阪の夏!
淀川花火.jpg
大阪もイベントやお祭りは多いのですが、やはり日本の夏といえば花火!大阪でも毎年8月上旬に、大阪市民の夏の最大(?)イベント「淀川花火大会」が開催され、何万人もの人が繰り出します。

花火はもちろん綺麗で見ごたえがあるのですが、その前の場所取りの時間がまた楽しい!今年は打ち上げ開始の約4時間前から淀川の土手にシートを敷いて陣取り、夕涼みをしながらビールを飲んだり屋台のお好み焼きを食べたり。ボーっとしているだけなのですが、夏を実感できるひと時ですね。バスツアーでガイドさんに連れられた観光客の姿もありました。

大阪へ来られる際は是非この時期に!また、その翌日は私が個人的にお薦めする新世界の通天閣と串カツもお忘れなく


最後は神戸の夏!甲子園.jpg

と言っても神戸の近くの甲子園です。甲子園と言えば、言わずと知れた野球の聖地。阪神タイガースでも有名ですが、やはり夏は高校野球!観戦に行ってきました。午前中早い時間から行ったのですが、すでに暑いっ!到着するなり早速ビールがすすみます(笑)緑の芝生と内野の土の鮮やかなコントラストを背景に高校球児のプレーを見ていると、地元のチームでなくても何かわくわくしてきますね。高校野球の時は外野席は無料なので、こちらも是非経験してみてください。

ナイター.jpg
甲子園はとにかく気持ちがいい!
ただし、日焼け止めはしっかり塗りましょう。プロ野球にも別の楽しさがありますので、「炎天下はちょっと・・・」という方にはナイターがおすすめです。




というわけで、つらつらと私のこの夏の楽しみ方をご紹介しましたが、皆さんがお住まいの地域にも伝統的なお祭りや花火大会などの夏のイベントがあると思います。小さなものでも参加してみると、日本の良さや地元の楽しさが再発見できますし、特にこれから留学に出発する方は、そういうネタを持って行くと、話のきっかけにもなりますよ。

カテゴリ:
スタッフの日常

名古屋でオーストラリアを味わう!

こんにちは、名古屋オフィス留学カウンセラーの佐藤です。
暑い日が続いていますが、皆さん夏バテなどしていないでしょうか。
ブッフェ
さて、先日、ヒルトン名古屋で開催されていたオーストラリア・グルメ・フェアに行ってきました!
シドニーのヒルトンの総料理長が来日し、ランチとディナーに腕をふるう10日間!とあったので、オーストラリア好き私は見逃せませんでした。ビュッフェ形式でのイベント。せっかくなので、ディナーに行ってきました。


ちなみに、私の留学先は2度ともオーストラリア。最初に行ったのが学生時代に3ヶ月間のシドニーで、その後、ワーキングホリデーでも2年間滞在し、オーストラリア中を旅行しました。

コアラ
そんな私ですが、オーストラリア料理と聞いてもなかなかピンと来ず、「フィッシュ&チップス?オージービーフ?」と想像を膨らませながらヒルトンへ。

ホテルのロビーには、オーストラリアの代表的な動物、コアラ!
レストランの入口にも、レストランのなかにも、コアラ!コアラ!!コアラ!!!

カンガルーがいないのが不思議でした。


お腹もすいていたので、さっそく料理を。
冷静スープにサラダやパイ包み、パスタ、お肉にお魚。ひんやりとした野菜を使った料理など、夏らしいものもありましたよ!

オーストラリア 食事1  オーストラリア 食事2


ものすごくたくさん食べたのに、デザートはやっぱり別腹!
ティラミス、アボガドのプリン、チーズケーキ、クレープ、タルトなどなど、たくさんの種類がありました。

なかでも、アンザッククッキーを使ったケーキはオーストラリアらしいデザートでした!

アンザック(ANZAC)とは、オーストラリアとニュージーランド合同の軍事連盟です。毎年4月25日がアンザックデーという、日本の終戦記念日のようなものにあたり、各地で追悼式なども行われます。

戦士のために、女性たちが作ったのがこのアンザッククッキーで、伝統のお菓子として今でも親しまれています。オーストラリアやニュージーランドに行かれる際は、ぜひ召し上がってみてくださいね!

オーストラリアを感じて懐かしみながら、たくさん食べて、おなかも気持ちもいっぱいになった一夜でした!

カテゴリ:
オーストラリア情報

留学中の近況報告

こんにちは、名古屋オフィス留学カウンセラーの菊地です。
あっという間に8月に入り、今年も残り3分の1程度となりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?最近「夏休みはどこに行こうかなぁ~」と考えていると、現在留学中のお客さまから、いろいろと海外での近況報告をいただいて、私も海外に行きたくなってきました。

今年1月にカナダにワーキングホリデーで出発したお客さまからは、アルバイトをしながら現地のカレッジへの進学を目指しているというご報告をいただきましたし(Fight!!)7月にご出発された高校生さんはホームステイ先での楽しそうな写真を送ってきてくれました。

皆さん、それぞれの留学を満喫されているようです。

ドイツに留学されているお客さまからは「初めての一人暮らしで不安でしたが、自分の生活や行動を見直すことができるので、寂しくはありますが、良い時間を過ごしています」とのメールをいただきました。

留学期間中にはいろいろなことがあります。もちろん楽しいことばかりではなく、大変なことや落ち込むこともあります。でもそんなさまざまな出来事を乗り越えて、ぜひたくさんのことを吸収してご帰国いただきたいな思います。

ロサンゼルスビーチ
このように日々いただく報告メールのなかでも、ロサンゼルスに留学中のお客さからは、どこかに遊びに行くたびにとても楽しそうな写真が届きます。毎週のようにご報告メールをいただくこのお客さま。写真を撮り過ぎて、メモリーが足りないくらいだそうです。人気の留学地ならでは、ですね。


アルカトラズ島
私も春先にサンフランシスコロサンゼルスに視察に行ってきましたが、カリフォルニアはいつ行っても天気がいいので絵になります。

見どころは、サンフランシスコなら、フィッシャーマンズワーフアルカトラズ島ロンバートストリートゴールデンゲートブリッジ
 

サンタモニカ
ロサンゼルス
では、ご存知ハリウッドロデオドライブディズニーランドユニバーサルスタジオなどのテーマパーク、お買物ならメルローズサンタモニカなどがお勧めです。

サンフランシスコは電車やバスなどの公共の交通機関が発達しているので車がなくても移動できますが、ロサンゼルスは車社会ですので、初めてのロサンゼルスなら、学校のアクティビティに参加したり、海外に慣れていらっしゃる方も事前にしっかりと計画を練ることをお勧めします。

これから留学やワーキングホリデーにご出発の皆さま、ぜひ自分なりの海外生活楽しんできてくださいね!!

カテゴリ:
アメリカ情報

【続】嗚呼、青春の日々☆

こんにちは!東京オフィス留学カウンセラーの佐野です。

前回の僕のブログでは、僕が学生生活を送ったカナダのハミルトンでの大学留学体験談をお届けしましたが、今回はさらにさかのぼって、語学留学時代の体験談をお届けします(^^>)

ハミルトンへ移る前に、僕はバンクーバーで1年ほど語学留学をしていました。

目的はもちろん、大学へ進学するために英語力を上げることだったのですが、振り返ってみると英語力以外にもさまざまなことを吸収できた1年間でした。
なかでも、世界中から集まる仲間と分かち合う時間は、何ものにも代えがたい、貴重なものでした。

授業中は積極的に発言することで、時には口論になりつつも、たくさんの意見交換ができました。結果、僕の周りはいつも笑いで溢れていました

教室集合.jpg  教室.jpg

学校前.jpg  学校内.jpg

放課後は仲間とバーへ飲みに行ったり、晴天に恵まれた週末には手作り弁当を持ち寄ってピクニックなんかもしましたねぇ。

バー.jpg  ピクニック.jpg

カナダ キャンプ.jpg
あっ、そうそう!長期留学していると、いろいろなイベントも経験することができるんですよ☆

仲間の誕生日会をサプライズ
で計画したり、語学学校のイベントを企画・運営させてもらったり、数十名でキャンプにも行きました!

バンクーバー語学留学 飲み会.jpg  浴衣.jpg

ハロウィン.jpg
国中が盛り上がる一大イベントであるハロウィン・パーティーの時は、仲間と共に仮装してダウンタウンへ繰り出し、雄叫びを上げながら行進しました!あれは盛り上がりましたね~

というわけで、さまざまな国籍の仲間とさまざまな経験を重ねていくうちに、英語力はアッという間に伸び、大学へ行けるようになっていました(^^Y) 

あの頃の仲間は今頃何してるかな?

最近、今さらですがFacebookを始め、疎遠だった仲間ともまた連絡がとれるようになったので、頭の中身だけタイムスリップして留学の思い出に浸っている今日この頃です(^^;)

お時間のある方は、ぜひ「嗚呼、青春の日々☆パート1」もチェックしてみてくださいm(_ _)m

カテゴリ:
語学学校
  • 1