留学生&WISHスタッフブログ

大人が子どもに戻る場所

皆さん、こんにちは。名古屋オフィスの木村です。

今回は、私が先月に旅行で訪れた北海道旭山動物園をご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、旭山動物園は日本最北の動物園です。
一時は入場者数の激減で閉鎖の危機に陥りましたが、単に動物を見るのではなく、動物本来の生活や行動を見られるような行動展示を取り入れた施設づくりをしたことで、今では日本一の来場者数を誇るようになったそうです。ドラマや映画にもなりましたよね。日本全国はもちろん、海外からのお客さまも多く訪れている人気スポットです。

旭山動物園は、子どもはもちろん大人もすごく楽しめます!親子で来場している家族で、子どもよりも親の方のテンションが上がって子ども以上にはしゃいでいるお父さんやお母さんの姿をよく見かけました(笑)

さて、この行動展示ですが、本当にすごいです!!

ペンギン館では、水槽の中に水中トンネルが造られていますので、そこを歩くと自分の頭上や真横をペンギンが優雅に泳ぐ姿を見ることができます。冬季限定のペンギンの散歩では、約500mの距離をヨチヨチ歩く姿も見ることができます。

シールズアイ.jpg

ホッキョクグマ館
にはシールズアイ(アザラシの目)があり、そこから間近にホッキョクグマの姿を見ることができます。まさに気分はアザラシ!!



さらに、オオカミの森にもヘアーズアイと呼ばれるドーム型の観察場所があり、ホッキョクグマ館と同じように間近にオオカミを見ることができます。私が行った時は、5月に産まれたオオカミの子供を見ることができたのですが、子犬のようで本当にかわいかったです。

オオカミを間近で見るチャンスはなかなかないので、なんとか気を引いて近くに来させようとして、「ガラスを叩かないでください」という注意書きにも関わらず、まさにその注意書きの上をバンバン叩いて、係りの人に注意されている大人がいました・・・皆さん、どんなにテンションが上がっても、ルールは守りましょうね

もぐもぐホッキョクグマ.jpg
そして一番人気もぐもぐタイム!飼育員さんが餌をあげながら、その動物の生態について説明をしてくれます。ホッキョクグマは特に人気で、早めに行って待機していないと見ることができないこともあります。私は何とか見ることができたのですが、ホッキョクグマがプールを泳ぐ姿は本当にすごい!!の一言です。

もぐもぐ看板.jpg



他にもアザラシやペンギン、オラウータンのもぐもぐタイムもあります。それぞれ時間が決まっており、入口付近でスケジュールを確認できますので、忘れずにチェックしましょう。






手作り看板.jpg
また、園内のあちこちに飼育員さんたち手作りの看板があり、動物たちの秘密などが書かれています。思わず「なるほど~とうなずいてしまうようなことが書いてあるので、読むと面白いですよ!




まだまだ魅力的なポイントがたくさんありますが、百聞は一見にしかず。ぜひ皆さんも一度行ってみてください。

カテゴリ:
スタッフの日常