留学生&WISHスタッフブログ:2011年7月

オーストラリアでの必需品!

こんにちは、東京本社の丸山です。

毎日暑いですね~。皆さん、夏バテしていませんか?こんなに暑い日が続くと海やプールに行ってのんびり過ごしたいという方が多いと思いますが、私は日焼けが怖くて、もう数年海やプールには行っていません。

Manly beach.jpg6年前、シドニーに留学していたとき、オーストラリアの日差しの怖さを知らずに、日焼け止めを塗らないで毎日過ごしていました。

留学当初は私の皮膚には全く変化はなかったのですが...

連日の英語漬けの授業に疲れ、ある週末にビーチで昼寝をしてしまったんです。


目が覚めてビックリ!!!
顔や腕、背中など、露出していた部分が真っ赤になっていて、触ると熱くて痛い...。

でも昼寝をしていたのはたったの1時間ですよ!

すぐにドラックストアに行き、アロエのジェルを買って塗りまくりました。

数日後、赤みの引いた私の肌は真っ黒!そして悲劇は数週間後...

背中にシミができていました。
恐るべしオーストラリアの紫外線日焼け止めクリーム.jpg

そんなかわいそうな私を見て、ホストマザーが安くて肌に負担がかからない日焼け止めクリームを教えてくれました。このクリームはシドニー市内でよく見かける大手スーパーのオリジナル商品で匂いもいいんですよ。ポンプ式の日焼け止めクリームなんて日本では見ないですよね!私は今でもこのクリームを使っていて、なくなるとシドニーに住んでいる知人に頼んで送ってもらっています!

昨年このブログで別のスタッフが紹介していた通り、オーストラリアにはSPF30以上の日焼け止めクリームは売っていません。オーストラリア人はSPF30位のものを数時間毎にこまめに塗り直しているそうです(人によるでしょうが...)。

オーストラリアでの日焼け対策は、日焼け止めをこまめに塗り、屋外では帽子をかぶりサングラスをかける。これが一番!今は冬のオーストラリアですが、一年中日差しが強いので油断は禁物!これからオーストラリアに渡航される皆さん、注意してくださいね!
カテゴリ:
オーストラリア情報

自然と笑顔になるハワイ

こんにちは、大阪オフィスの上村です。
今回は以前に何度か訪れたことのあるハワイのお話をしたいと思います。レイ.jpg


ハワイは言わずと知れた有名な観光地で、仕事や旅行で訪れた方も多いことと思います。私も以前は仕事で、日本のフラダンス教室の生徒さんたちを率いて、毎年9月に行われるフェスティバルに合わせてホノルルを訪れていました。


現地では一部の通りを通行止めにして、ずらりとテントが並びます。ステーキや海老などのシーフード、ハワイの郷土料理などの食べ物や飲み物の屋台や、ハワイらしい貝殻やストーンを使ったアクセサリーや生花のレイで作ったスタンドなどさまざまなグッズを販売する本場ならではのテントもあって、ゆっくりと散策するだけでも十分楽しめます。



フラ.jpgまた、ホテルや通りに設置されたステージでは、フラをはじめとする各種のイベントやパレードが行われます。

ハワイ文化の永続を通じてアロハの精神を促進し、ハワイの伝統や習わしの多様性を祝うお祭りで、1946年から続いている歴史あるフェスティバルです。

治安も良く、食事や観光にも困らないので、特別の目的がなくても楽しめますし、滞在中は自然とみんなが笑顔になるので私も好きな都市のひとつです。

最近は短い期間で楽しく留学をしたいと考える方も少なくありません。ハワイにも語学学校がありますので、ホームステイや英語のレッスンも体験しながら、開放的な空の下、楽しく安全に留学を経験することができると思います。

どうしても短い期間しか休みが取れない方や最初から長期間の留学をするのが心配な方などには特にお勧めです。イベント.jpg

旅行では体験できない海外生活体験を、安心できて、日本人も親しみやすいハワイで検討してみるのもいいのではないでしょうか?今回ご紹介したフェスティバル以外にも、年間通していろいろなイベントがありますので、何か新しい発見もあるかもしれませんよ。

みんな大活躍!ゴールドコーストマラソン

こんにちは、ゴールドコーストサポートオフィスのミキです。フルマラソンスタート いってらしゃ~い.jpg
前回のメルマガで予告した通り、先日行われたゴールドコーストマラソンのご報告をしようと思います。

今年の参加者は、去年よりもさらに増えて、24,700人!大震災の影響で去年に比べて減ったものの、それでも約800人の日本人ランナーも参加されました。ホノルルについで日本人ランナーに人気の海外マラソンなんですよ。

今年は、Tシャツに日本を元気にするメッセージを書いて走るオージーや日の丸をあしらったデコレーションを付けている人が目立ちました。また、日本事務局の計らいで喪章が配られたので、それを胸につけて走る日本人ランナーも多く、オーストラリア人からの声援を受けるたびに、胸の喪章に手を当てて声援に応える姿も目にしました。

Australia is with you.gif

「ゴールドコーストの完走メダルはホノルルとは比べものにならないくらい立派だし、フィニッシュ地点に行く前の観客席からの声援の盛り上がりがとてもいい」と話してくれた日本人のベテランランナーさんもいました。

ブリスベン参加組.jpg
そんな中、参加したWISHのお客さまをご紹介しますね。

まずはブリスベンに留学しているユカさんとカヨさん。前日からゴールドコーストに泊まりこみという気合いの入れようで、5kmランに参加。初めてのゴールドコーストを観光しながら(?)見事完走しました!


ゴールドコースト留学組の体育会系女子アヤエさん。彼女、地元のライフセーバーもびっくりするほどのスハーフマラソン完走.jpgイマーなんですよ。ビーチ沿いの家に住み、サーフィンも楽しんでいます。
細い身体で初めて走ったにも関わらず、アヤエさんとほんの数分差でハーフを完走したユウキちゃんと一緒に、翌日の地元のローカル新聞元気な日本人留学生として、写真付きで掲載されました!

「サーファーズ(パラダイス)で、自分より小さい人に出会いたい」という目標(笑)を持っていたカツミさんも5kmランをみごと完走!しかも、走った後にはテント内でボランティアのお手伝いもしてくれて、大きなハートとガッツも見せてくれました。


みんなの「WISHのサインを付けて走りたい!」との言葉に感激して手作りマークを用意。当日はその言葉通り、みんなWISHを背負って走ってくれました

WISHマークを背負ってRUN.jpg


WISHのサイン
と言えば、少し前に「お世話になったから、WISHの宣伝してくるよ」と、帰国前にWISHのロゴマークを持って、サーファーズを練り歩いてくれた男の子たちもいました。

WISHを宣伝.jpg  WISHを宣伝2.jpg


サポートオフィス冥利に尽きます(涙)


みんな、WISHを、ゴールドコーストを好きになってくれてありがとう!!

それから、ボランティアをしてくれたユウジくんヒロくんショウヘイくんチエちゃんユキちゃんアヤノちゃん、テント内での荷物の預かりや案内、誘導やバナナ配りなどなど、そして最後のテント撤収まで、一生懸命働いてくれて本当にありがとう!!

テント内ボランティア.jpg  ボランティア隊.jpg

チエちゃんとアヤノちゃんは前日の土曜日に10kmランを完走して、きっと筋肉痛で足が痛かったでしょうに、涼しい顔でニコニコとボランティアにも参加してくれました。ユウジくんは、渋滞でホームステイ先からのバスに乗れず、10キロもの道のりを歩いて約束の時間に集合してくれたましたよね。ボランティア隊お疲れ~.jpg

そんなみんなに、サポートオフィスの母は、涙が出るくらい感動しました。

当日一緒に働いた周りの人たちからも「WISHの子たちは本当にいい子が多いよね」と言われ、ちょっと鼻が高かった母でもありました。

走ったみんなも、ボランティアをしてくれたみんなも、最後はとてもすがすがしい笑顔で帰っていきました。

そのうちの一人がぽつりと言った、「何もないけど、この街とか人とかビーチをみていると悩みなんて吹っ飛びますね」という言葉がとても印象的でした。「思い切って留学して、オーストラリア来て本当に良かった」と言っていた表情が忘れられません。「また来年参加したいな」と言って帰国した子もいます。

スタッフ全員毎年恒例ポーズで!!.jpg

皆さんもぜひ今から計画を立てて、来年のゴールドコーストマラソンに参加しませんか?
お待ちしてますよ。

カテゴリ:
海外サポートオフィス

エアーズロック&キャンピングカー

こんにちは。東京オフィス法人担当の名和です。

今日はわたしが十数年前に行ったエアーズロックをご紹介します。

エアーズロック
ご存知のとおり、エアーズロックはオーストラリアの中でも大人気の観光スポットで、ワーキングホリデー長期留学の間に行かれる方も少なくないと思います。

オーストラリア大陸の真ん中にあるため、各主要都市からはちょっと遠いですが、迫力の景観や周りの神聖な雰囲気一見の価値ありです


陽の当たり方によって色が変わるため、朝と晩ではでその見え方も違って神秘的な姿圧倒!!されます。

アボリジニの壁画また登山(登岩?)もできますので、体力のある方は挑戦してみてください。頂上に着いたときの充実感とそこからの景色は素晴らしく、爽快な気分を味わえます。私はそれまで水平線は何度か見たことがあったのですが、地平線を見たのは、エアーズロックの頂上からが初めてでした。

エアーズロックの一部には先住民のアボリジニが描いた壁画などもあって、ガイドさんの説明を聞くのも興味深いです。


エアーズロック周辺には宿泊施設がいくつかあります。快適な生活を望む方はホテル滞在が良いと思いますが、私のおすすめはキャンピングエリアです。
エアーズロック周辺は規制も厳しいため、キャンプできる場所が限られますが、キャンピングカーを宿泊施設として貸しているエリアがあり、そこに泊まるのもおもしろいですよ。

1つのキャンピングカーに4人が寝られるスペースがあり、簡単なキッチンや冷蔵庫なども付いています。キャンプ場の受け付けで食材を売っているので、そこで肉や野菜を買って、バーベキューができます。砂漠の真ん中満天の星を眺めながらバーベキューというのも楽しいものです。朝は、目玉焼きやベーコンを焼いて食べました。太陽の下で食べる朝ごはん、最高ですよ!!

真夏(1~2月)は昼間の気温が40℃近くになることもあるので、その暑さとハエの多さにはご注意を。

エアーズロックに行かれる際には、ぜひキャンピングカーライをエンジョイしてみてください!

カテゴリ:
オーストラリア情報

おいしいフランス留学

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの田原です。
関東も梅雨明けしていよいよ夏本番ですが、体調を崩されてはいないでしょうか?WISHも社内の温度を28℃に設定!を合言葉に、「暑い暑い」と言いながら、がんばっている毎日です。

さて、私にとって、夏といえば・・
パン作り1
野球ライブパン!と言うほど(こじつけのようですが・・・)、この時期のお休みの日には、汗だくになりながらパンを作っています。とにかく暑いのですが、お日様で発酵をさせることができるので、この時期のパン作りは好きなんです。やりすぎて腱鞘炎になることもしばしば。無心になれます

フランスでパンの店舗兼教室をやっているお店の日本支店に、先日修行に行ってきましたので、今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

皆さんはフランスといえば何を思い浮かべますか?

オペラ座エッフェル塔エスカルゴワインカフェラテショコラ、そしてフランスパン

そうです!フランスはパンがとってもおいしい国なんです!フランスの朝と言えば、バゲットやクロワッサンの焼ける匂いと、焼きたてのパンのパリパリいう音。とても幸せな感じですね。

私がパン作りを始めたのは母の影響ですが、ヨーロッパ生活が長かったためパンには目がありません。バゲットクロワッサンカンパーニュなど、たくさんの種類のパンが朝のパン屋さんの店頭を飾る、そんなパン文化が発達したフランスでお店を開いている方が六本木でパン教室をしているのですが、そこで友だちが働いています。修行に行ったのはそのお店なのですが、可愛らしくアットホームな感じで、とてもステキなお店でした。

パン作り2  パン作り3 

レッスンの内容は、先生が前日から仕込んでくれているパンの生地を使って、まず最初に成形や分割など、焼くための作業をします。先生から捏ね方のお手本を見せてもらってから捏ねるのですが、一つにまとまるまでがなかなか大変なので、しっかり捏ねないといけなくて、ストレス発散にもなります。焼く前には発酵もさせます。パン作り4

先生が指導してくださるので、初心者の方も安心して参加できる内容でした。このお店、フランスの店舗でもパン教室をしていますし、パン以外お菓子の教室もあります。体験レッスンも行っていて、お土産に自分で作ったおいしいパンを持ちかえることもできます。

最近多くなってきたフランス留学のお問合せ。
短期留学はもちろん、ワーキングホリデーの制度を使ったり、長期の留学の方もいらっしゃいますが、フランスの料理やパン、製菓などに興味をお持ちの方は、フランス語を学びながら、興味のある分野も極めてみてはいかがですか

是非、おいしいフランス留学も検討くださいね。

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報

大人が子どもに戻る場所

皆さん、こんにちは。名古屋オフィスの木村です。

今回は、私が先月に旅行で訪れた北海道旭山動物園をご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、旭山動物園は日本最北の動物園です。
一時は入場者数の激減で閉鎖の危機に陥りましたが、単に動物を見るのではなく、動物本来の生活や行動を見られるような行動展示を取り入れた施設づくりをしたことで、今では日本一の来場者数を誇るようになったそうです。ドラマや映画にもなりましたよね。日本全国はもちろん、海外からのお客さまも多く訪れている人気スポットです。

旭山動物園は、子どもはもちろん大人もすごく楽しめます!親子で来場している家族で、子どもよりも親の方のテンションが上がって子ども以上にはしゃいでいるお父さんやお母さんの姿をよく見かけました(笑)

さて、この行動展示ですが、本当にすごいです!!

ペンギン館では、水槽の中に水中トンネルが造られていますので、そこを歩くと自分の頭上や真横をペンギンが優雅に泳ぐ姿を見ることができます。冬季限定のペンギンの散歩では、約500mの距離をヨチヨチ歩く姿も見ることができます。

シールズアイ.jpg

ホッキョクグマ館
にはシールズアイ(アザラシの目)があり、そこから間近にホッキョクグマの姿を見ることができます。まさに気分はアザラシ!!



さらに、オオカミの森にもヘアーズアイと呼ばれるドーム型の観察場所があり、ホッキョクグマ館と同じように間近にオオカミを見ることができます。私が行った時は、5月に産まれたオオカミの子供を見ることができたのですが、子犬のようで本当にかわいかったです。

オオカミを間近で見るチャンスはなかなかないので、なんとか気を引いて近くに来させようとして、「ガラスを叩かないでください」という注意書きにも関わらず、まさにその注意書きの上をバンバン叩いて、係りの人に注意されている大人がいました・・・皆さん、どんなにテンションが上がっても、ルールは守りましょうね

もぐもぐホッキョクグマ.jpg
そして一番人気もぐもぐタイム!飼育員さんが餌をあげながら、その動物の生態について説明をしてくれます。ホッキョクグマは特に人気で、早めに行って待機していないと見ることができないこともあります。私は何とか見ることができたのですが、ホッキョクグマがプールを泳ぐ姿は本当にすごい!!の一言です。

もぐもぐ看板.jpg



他にもアザラシやペンギン、オラウータンのもぐもぐタイムもあります。それぞれ時間が決まっており、入口付近でスケジュールを確認できますので、忘れずにチェックしましょう。






手作り看板.jpg
また、園内のあちこちに飼育員さんたち手作りの看板があり、動物たちの秘密などが書かれています。思わず「なるほど~とうなずいてしまうようなことが書いてあるので、読むと面白いですよ!




まだまだ魅力的なポイントがたくさんありますが、百聞は一見にしかず。ぜひ皆さんも一度行ってみてください。

カテゴリ:
スタッフの日常

高い所が好きな方には・・・

こんにちは、東京本社の榊原です。

スカイツリー110704.jpg先日、建設中の東京スカイツリーを見に行きました。生憎の曇り空で、第1展望台あたりまでしか見られなかったため、いつもはテレビにスカイツリーが映ると「スカイツリーだ!」とテンションが上がる息子(もうすぐ3才)も、この日はあまりテンションがあがらなかったです。。。

このスカイツリーの第2展望台にはガラスで覆われた回廊ができ、完成後にはまるで空中散歩をしているような体験ができるらしいです。

高いところが駄目な私は、どんなに息子にせがまれても行かないですけどね。

最近は海外でもこのスカイツリーのように、高い所が好きな人向けのスポットが増えてきています。


オーストラリア
シドニーには、シドニータワーの地上260mのところにガラス張りの空中散歩道スカイウォークがあったり、ハーバーブリッジのアーチの上を歩くブリッジクライムがあります。

CNタワー.jpg

カナダ
トロントには、今年の夏から、CNタワー地上356mの展望台上部を歩くエッジウォークがオープンします。柵もない展望台の上、1周約150mをおよそ30分かけて歩くというスリル満点のアトラクションです。


同じくカナダノースバンクーバーにあるキャピラノ渓谷全長137mもある吊り橋が有名ですが、今年新たに水面から約90mに吊られた歩道クリフウォークがオープンしました。他に、地上約30mの木の上を歩くツリートップは全長約200mもあり、森の中での空中散歩が楽しめます。

キャピラノ渓谷吊り橋.jpg  ツリートップ.jpg

通常の観光地以外にもいろいろなアトラクションが増えていますので、渡航前にチェックしたり、現地のサポートオフィススタッフに聞いてみてくださいね。
カテゴリ:
オーストラリア情報カナダ情報
  • 1