留学生&WISHスタッフブログ

好奇心★

はじめまして、東京本社の佐藤です。

少し前のことになりますが、私が「英語を話したい!」「海外に行きたい!!」と強く思ったきっかけをご紹介したいと思います。

それは・・・ブレディスローカップ2009

ラグビー
のとても大きな試合です。
ラグビーは、日本ではそれほどメジャーではありませんが、国技になっている国もあるほどのスポーツなのです。なかでもブレディスローカップは、世界ランキング2位のニュージーランド代表VS3位のオーストラリア代表の試合。親善試合ではなく、お互いのプライドと名誉をかけた真剣勝負なんです!

ブレディスローカップ.jpg

ニュージーランド代表のオールブラックスは、マオリの民族舞踊ハカという踊りを試合前に相手チームに対して行います。これは、威嚇敬意を表すものだそうです。本来はマオリの戦士が戦いの前に行う踊りでした。ただでさえ身体の大きな人の多い外国人。そのなかでも鍛えられた筋肉の持ち主であるラグビー選手たちによるハカは圧巻の一言に尽きます!鳥肌が立ちました。間近で、生で見ることができ、とても感激しました


東京で行われたこの試合ですが、外国同士の試合とあって、会場には外国人もたくさん!もちろん英語が飛び交い、観戦席も大盛り上がりです!試合には完全に背を向けて観客を煽るノリノリのおじさんも。この場を楽しもうという思いがすごく伝わってきました!

私は実はラグビーのルールもよく分かっていなかったし、英語力も、単語を繋げたり動詞を替えるだけの文章のみ。あとはボディーランゲージでコミュニケーションを取るという感じでした。でも、「話したい!」「この雰囲気を大切にしたい!」と思い、単語が出てこなくてもどかしかったですが、自分なりに精一杯の英語でその場の人たちと話しました。言いたい事がちゃんと伝えられたかは分かりませんが、きっと雰囲気で伝わったはず!と思うことにしました(笑)

もともとニュージーランドオーストラリアという国に興味があったのですが、この観戦をきっかけに更に知りたくなったし、「行きたい!」と強く思うようになりました。


海外に行くことのきっかけは何でも良いと思います。ほんのささいな事でも、好奇心をもって行動に移すと、次に繋がっていくものです。日本に居ても外国の文化や芸術に触れられる時代ですが、その国に行って、生で体験するのはまた格別です!

ちょっとしたきっかけをもとに、興味を持って情報を収集をしてみる。これってすごく重要なことだと思います。

もちろん、日本にもステキな所はたくさんあるので、日本に居るからこそできる事も大切にしたいですよね。

皆さんもぜひいろいろなことにアンテナをはり、好奇心を大切してください★
カテゴリ:
ニュージーランド情報